テーマ:イタリア映画

17-014「LOCKDOWN ロックダウン」(アメリカ・イタリア)

いつでも私が運転を代わります  サンドラは、夫のカールが息子デイビッドの安全を考えて購入した世界最高セキュリティのAI搭載車モノリスに乗って、500キロ離れたロサンゼルスへ向かっていた。  モノリスは、強固なナノテク装甲に極薄の防弾ガラス、25種類の最新機器感知センサーを装備した上、さらに対話可能なAIを搭載。完璧なセキュリティ装備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14-274「ある過去の行方」(フランス・イタリア)

死ぬまで苦しんで生き続けるのか  別れたフランス人の妻マリー=アンヌと正式な離婚手続きをとるため、テヘランから4年ぶりにパリに戻ってきたイラン人男性、アーマド。  空港でマリー=アンヌに出迎えられ、一緒に家へと向かう。彼はそこで、マリー=アンヌがすでに新しい恋人サミールと暮らしていることを知る。  しかし、そんな2人の交際に反発す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14-145「鑑定士と顔のない依頼人」(イタリア)

絵画と同じく、愛にも贋作はあるか  一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァージル・オールドマン。極端に人間嫌いで独身を貫く彼が唯一愛情を注ぐのが、女性の肖像を描いた名画たち。これはと思う肖像画が出品されると、相棒のビリーを使い、不正な手段で自分のコレクションに加えてしまうのだった。  そんなある日、彼のもとに、亡くな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

14-118「アダム・チャップリン」(イタリア)

怒りが糧となり、ヤツに導く  その街を牛耳るデニーは幼い頃、軍用化学兵器の影響で凶暴化した愛犬に顔を食べられ、それ以来、素顔を鉄のマスクで覆っている。  そんなある日、デニーによって最愛の妻を丸焼きにされたアダムは、悪魔の力を借りて身につけた超人的パワーを発揮、壮絶な復讐戦に挑んでいく。  まず、デニーの手下であるマッド・サイエン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

14-062「神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃」(イタリア・ポーランド)

11 settembre 1683 これは信仰を守る戦いだ  17世紀後半のヨーロッパ。オスマン帝国は30万の大軍でヨーロッパに侵攻、ハプスブルク家の都ウィーンを包囲する。  迎え撃つウィーンの兵力はわずか1万。  絶体絶命の神聖ローマ皇帝レオポルト1世の支援要請に応じて、民衆から慕われる奇跡の修道士マルコ・タヴィアーノが召喚さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14-045「テーター・シティ 爆・殺・都・市」(イタリア)

暴力は私たちの中にある   近未来都市“テーター・シティ”は、“シード・システム”と呼ばれるシステムによって治安が守られていた。その中心は、犯罪者に対してだけ反応するある電波を街中に流し、その本性を自殺衝動に変えて自殺に追い込むというシステム。  さらに、警察がその遺体を回収して遺体解体場に搬送。そこで安全な食用の肉に加工し、バーガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14-001「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」(イタリア・フランス・スペイン)

闇の世界から我が民の血を吸うために遣わされた   ドラキュラ伯爵の膨大な蔵書を管理する仕事に就くため、トランシルバニアのパスブルクという小さな村にやって来た図書館司書のジョナサン・ハーカー。  だがそれは、ハーカーの妻ミナをおびき寄せるために伯爵が仕組んだ罠だった。  そんな中、村で相次ぐ不可解な事件の謎を解明するため、ヴァン・ヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13-308「ZMフォース ゾンビ虐殺部隊」(イタリア・アメリカ・ドイツ・カナダ)

この門から入らんとする者、全ての希望を捨てよ   近未来。アメリカ政府による生物兵器の開発が秘密裏に行われていた東欧のある都市で、爆破事故が発生。開発中の細菌がゾンビウィルスとなって街に蔓延してしまう。  一夜にして住民全員がゾンビ化したこの事態を重く見たアメリカ政府は、証拠隠滅を図るため、都市ごと爆破することを決定。この極秘任務を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13-117「ローマでアモーレ」(アメリカ・イタリア・スペイン)

霊柩車の後をついていったら着いた   ローマでイケメンと婚約した娘に会うため、アメリカから飛んできた元オペラ演出家のジェリー。フィアンセの父親が驚くべき美声の持ち主と知り、彼を担ぎ出してオペラ界への復帰を目論むが。  著名なアメリカ人建築家ジョンは、建築家の卵ジャックと知り合い、小悪魔的な恋人の親友によろめく彼に必死に警告を続けるが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

13-057「バーニーズ・バージョン ローマと共に」(カナダ・イタリア)

頭で考えるより、行動で示せ   酒とタバコと女を何よりも愛するバーニーは、変わり者の父親と悪友と一緒に自由を謳歌していた。  イタリア、アメリカ、カナダと3ヶ国にわたり3度の結婚を経験するが、3回目の結婚式のときに他の女性に恋をし、真実の愛に目覚めてしまう。(「KINENOTE」より)    タイトルの「バーニーズ・バージョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13-047「YES/NO イエス・ノー」(アメリカ・イタリア)

あなたはその答えに命を賭けられますか?   ジャックが目覚めると、ドアも窓もない無機質な部屋の中にいた。どうやってこの部屋にやってきたのかも思い出せず、朦朧とした意識のまま、記憶の糸を辿るジャック。  彼はケイトと結婚したばかりで、幸せな新婚生活を送るはずだった。  ジャックは部屋の壁に、「Y」と「N」と書かれた2つのボタンを見つ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

12-407「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」(イタリア)

平和と相互理解のために来ました   中国語翻訳家のガイアのもとに中国語の同時通訳を依頼する緊急の電話がかかってくる。  仕事の内容はおろか場所さえも機密にされ、目隠しで連れてこられたのは真っ暗な地下室。  何も見えない中、尋問者の厳しい質問と、それに対するワンさんと呼ばれる男性の奇妙な回答を通訳していくガイアだったが。(「allc…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

12-128「HIDDEN ヒドゥン」(カナダ・イタリア)

顕在化した物質は、生命体となり得るか   ブライアンは友人たちと母親が残した悪名高い中毒治療実験センターを訪問する。彼らは母親の友人のヘイリーの案内で、見事な造りの洋館を探検する。  彼らは洋館の地下の迷路を巡るうちに、そこで、中毒症患者を治癒するためにおぞましい研究がおこなわれていたことを発見する。  その研究は患者を治す代わり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

12-013「ひまわり」(イタリア)

なぜ君は平原へ来たのか   ナポリで出会い、恋に落ちたジョヴァンナとアントニオ。まもなく戦地へ行くことになっていたアントニオだが、結婚すれば休暇がもらえることを知り、ふたりは結婚。  やがてアントニオはソ連の前線へ送られ、行方不明になる。  終戦後、アントニオをあきらめきれないジョヴァンナは、ソ連に彼を探しに。  そこでジョヴァ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12-009「テトロ 過去を殺した男」(アメリカ・イタリア・スペイン・アルゼンチン)

風で吹き消された道には戻ることはできない   ある事件をきっかけに、行方知れずとなった兄。  弟のベニーは兄を捜すためにブエノスアイレスへと向かう。ようやく再会したものの、兄はテトロと名を変え、過去を捨てて生きていた。  そんなつれない兄に、ベニーは不満を募らせるが。(「allcinema」より) テトロ 過去を殺した男 -…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10-329「Ricky リッキー」(フランス・イタリア)

翼の生えたエンジェル   7歳の娘リザと2人暮らしのシングルマザー、カティ。  工場勤めの彼女はある日、新入りのスペイン人パコと出会い、恋に落ちる。やがてパコはカティの家に住むようになるが、それまで母を独り占めしていたリザはすっかり不機嫌に。おまけに、カティとパコの間に赤ちゃん“リッキー”が生まれ、ますます不満を募らせるリザ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10-254「ジャーロ」(アメリカ・イタリア)

これはもう私の体じゃない   北イタリアの都市トリノで、外国人の美女ばかりを狙った連続誘拐殺人事件が発生する。ジャーロ(イエロー)と呼ばれる犯人はタクシーの運転手で、客となった美女を隠れ家に拉致しては残忍になぶり殺すのだった。  そんなジャーロの新たな標的となってしまったのはファッション・モデルのセリーヌ。彼女の姉リンダは、猟奇殺人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

10-222「世にも怪奇な物語」(フランス・イタリア)

そして恐怖に飲み込まれていく  メッチェンゲルシュタイン伯爵家の令嬢フレデリックは二十二歳の若さで、莫大な財産を相続した。気まぐれでわがままな彼女は、ある日、夜明けに見た悪夢を忘れるため、多勢の招待客と召使いを連れて、幼年時代を過した城に出かけた。城で彼女は思うままにふるまった。人々は彼女の憎しみを買うのをおそれ、誰もいいなりになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10-171「4匹の蝿」(イタリア)

死刑執行人は誰だ?  ロックバンドの若きドラマー、ロベルトは、執拗に自分をつけ回す正体不明の中年男に悩まされていた。  深夜、薄暗い街路に立つ男を見つけた彼は激しい口論の末、相手が取り出したナイフで誤って彼を刺殺してしまう。血に濡れたナイフを手に、呆然と立ち尽くすロベルト。突然、2階の客席に不気味な仮面を被った人物が現れ、その惨状を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

10-80「ゾンビ HDリマスター/ディレクターズ・カット版」(イタリア・アメリカ)

死者が地上を歩く  宇宙からの怪光線により、死者が次々とよみがえり人間を襲い始めた。しかも死者=ゾンビに襲われた人間も同じく自らもゾンビとなってしまう。  TV局員、SWAT隊員らが、郊外のショッピング・センターで、ゾンビ軍団と死闘を繰り広げるのだが。(「goo映画」より) ゾンビ ディレクターズカット完全版 - goo 映画…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

09-261「湖のほとりで」(イタリア)

見知らぬ男の視線  北イタリアの小さな村。ある日、湖のほとりでこの村の少女、アンナの他殺体が発見される。遺体の状況から顔見知りの犯行と推測され、村に越してきたばかりの刑事サンツィオは、アンナの周辺に範囲を絞り次々と事情聴取を開始する。  やがて、どの家庭も何らかの問題を抱え、誰もが愛する家族にさえ打ち明けられない痛みに苦しんでいる現…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

09-246「セントアンナの奇跡」(アメリカ・イタリア)

〝眠る男〟は誰なんだ?  1983年のニューヨーク。ある日、郵便局に現われた男性客を定年間近の郵便局員が射殺する事件が発生。そして犯人の男ヘクターへ殺人の動機や被害者との関係を追及する中、彼の部屋では歴史的に重要なイタリアの彫像が発見される。  そんな不可解な事件の謎を解く鍵は、1944年のイタリアまで遡るのだった――。  第二次…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

09-146「サスペリア・テルザ 最後の魔女」(イタリア・アメリカ)

涙の母の復活  イタリア中部の町ヴィテルボ。ある日、墓地のそばの工事現場から、19世紀のものと思われる柩と遺品入れが発見された。そしてそれらはローマの古代美術博物館へと送られ、そこで考古学の研究をしているサラたちが遺品入れを開封することに。その中には不気味な彫像と古代文字が印された法衣が納められていた。しかし同時に、長らく闇の彼方に葬…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

244「食人族」(イタリア)

本当に野蛮なのは?  文明から遠く隔てられた地、南米ブラジルとペルーの国境、アマゾン川の上流地域。そこは〝グリーン・インフェルノ(緑の地獄)〟と呼ばれていた。その地にアメリカから女性一人を含む四人の若者が探検に向かった。その土地に住むと言われる〝食人族〟の取材が目的だった。  しかし、四人の消息は途絶え、ニューヨーク大学のハロルド・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

37「シルク」(イタリア・カナダ・日本)

戻ってきてください、さもなければ死んでしまいます  19世紀フランス。若き軍人エルヴェは、エレーヌと出会い、恋に落ち、二人は結婚する。そんな時、村の蚕に疫病が発生し、製糸業を営むヴァルダビューからエルヴェは蚕卵を入手するためアフリカ行きを依頼される。卵を持ち帰り、富を得るエルヴェ。しかし、アフリカの卵も疫病に冒され、再びエルヴェは卵の…
トラックバック:13
コメント:3

続きを読むread more

195「イタリア的、恋愛マニュアル」(イタリア)

人は愛の動脈を潜る  仕事もなく、彼女もおらず、運に見放されたトンマーゾは、偶然出会ったジュリアに一目惚れ。猛烈なアタックを開始する。  倦怠期を迎え、情熱も失ったバルバラとマルコの夫婦。妻のバルバラは二人の関係に焦りを感じ、ある日羽目をはずして酔いつぶれてしまう。  婦人警官のオルネッラは、優しく真面目だと思っていた夫の浮気現場…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

作家は他人の人生を盗む

179「そして、デブノーの森へ」(フランス・イタリア・スイス)  人気のベストセラー作家、セルジュ・ノヴァクとしての正体を隠している作家ダニエルは、義理の息子の結婚式に出席するため南イタリア、カプリ島に向かう船上で、美しき女性ミラと出会う。一瞬にして心を奪われたダニエルは誘われるままに一夜を過ごす。しかし、翌朝義理の息子の花嫁として現…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

164「恋愛睡眠のすすめ」(フランス・イタリア)

70歳になったら結婚してくれる?  父親の死去によりメキシコから母親の住むパリに戻ってきたステファン。母親が大家をするアパートに住むことになり、就職先も見つけてもらう。しかし、イラストレイターとして雇われたと思っていた会社では冴えない製版係。落胆するステファン。  あくる日彼の隣の部屋にも新しい住人が越してくる。クールで知的なステフ…
トラックバック:12
コメント:4

続きを読むread more