テーマ:スペイン映画

17-070「ペット 檻の中の乙女」(アメリカ・スペイン)

本当に救っているのはどっち  青年セスは偶然にも同級生だったホリーをバスで見かけ声をかけるが、彼女は彼のことを一切覚えておらず、邪険に扱われる。悔しさでいっぱいのセスはSNSを使って彼女のことを調べ、バイト先を突き止めて執拗に取り入ろうとするが、ホリーに小馬鹿にされてしまう。  セスの行動はエスカレートしホリーの家に侵入、帰宅した彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

17-068「バンクラッシュ」(スペイン・アルゼンチン・フランス)

手ぶらでは出られない  スペイン第三の都市バレンシア。激しく雨が降りしきる朝、武装した強盗6人が銀行を襲撃。人質をとり、警察との交渉をしている間に用意しておいた地下通路から逃げる手はずだったが、折からの大雨で通路が水没。  そんな中、銀行に恨みを持つ女性行員が、貸金庫に大物政治家があるハードディスクを隠していることを暴露する。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

17-059「スモーク・アンド・ミラーズ 1000の顔を持つスパイ」(スペイン)

この国の諜報員は拳銃でなく、小切手を持っている  かつて世界を股に掛けて暗躍した元スパイのパエサ。  スペインに戻って来た彼は、内務省の公金を横領した政府高官からある依頼を受ける。(「KINENOTE」より)  スペインの政府高官が公金を横領し、逃亡したという実在の事件を基にしたスパイ・サスペンス。  監督は「マーシュラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

17-040「エンド・オブ・トンネル」(アルゼンチン・スペイン)

結局最後は女か運で決まる  ホアキンは事故で妻と娘を失い、車椅子生活に。自宅に引きこもり孤独に暮らしていたが、徐々に金も底をついたので、家の2階を貸し出すことにした。ストリッパーのベルタとその娘が住み始めると、2人に妻子の姿を重ねたホアキンは次第に明るさを取り戻していく。  そんなある日、ホアキンは地下室で奇妙な音を耳にする。それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

17-032「ゾンビ・サファリパーク」(イギリス・スペイン)

生者もいずれ死者となる  20億人が犠牲となった人類とゾンビの戦争から7年後、生き残ったゾンビを孤島に隔離して、ハンティングを楽しむ“リゾート”というアトラクションが高級な娯楽として人気を博していた。  戦争で父を失ったトラウマを克服するためにリゾートを勧められたメラニーは、夫のルイスを伴い参加する。  しかし、何者かがリゾートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16-109「ザ・ガンマン」(アメリカ・スペイン・イギリス・フランス)

一緒にツリー・ハウスを作ろう  アフリカのコンゴ共和国で大臣の暗殺という極秘任務を遂行した特殊部隊の傭兵ジム・テリア。謎のクライアントとの仲介者フェリックスから、そのまま国外へ逃亡するよう命じられ、愛する恋人アニーとの悲しい別離を余儀なくされる。  8年後、身を潜めて暮らしてきたジムは、NGOのメンバーとしてアフリカに舞い戻り、慈善…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

16-069「マジカル・ガール」(スペイン)

窓から投げ落としたら、どんな顔をするだろう  白血病で余命わずかな12歳の少女アリシア。彼女の願いは、大好きな日本のアニメ「魔法少女ユキコ」のコスチュームを着て踊ること。  父のルイスは、さっそくネットでコスチュームを見つけるが、高すぎて失業中の彼には手が出せない。思い詰めた末に、高級宝石店に強盗に入ろうとするが、ひょんな成り行きか…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

16-055「エスコバル 楽園の掟」(フランス・スペイン・ベルギー・パナマ)

おまえはジャングルの友だ  兄と共にコロンビアを訪れたカナダ人サーファーのニックは、現地の美女マリアと出会い、激しい恋に落ちる。  彼女の敬愛する叔父パブロ・エスコバルは、国会議員も務め、慈善活動にも熱心な大富豪。しかし彼には、コロンビア最大の麻薬カルテルを仕切る冷酷非情なボスという裏の顔があった。  ニックがそのことに気づいた頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16-047「SPY TIME スパイ・タイム」(スペイン)

スペインのオムレツは丸い  平凡な会社員アドルフォは突然、ギャングに殺されかける。冴えないオヤジだと思っていたアドルフォの父親アナクレトは実はエリート・スパイで、そのギャングは父親によって刑務所に送り込まれた大物だった。  この危機を切り抜けるため、父親とタッグを組んだアドルフォは、天性のスパイの才能を発揮していく。(「KINENO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16-004「スウィート・ホーム」(スペイン・ポーランド)

今日が最後の誕生日かもしれない  不動産ブローカーとして働くキャリア・ウーマンのアリは、恋人サイモンの誕生日を祝うため、彼を誘い自分が担当する古びたアパートに忍び込む。そのアパートは居住者たちが強制的に立ち退かされ、ほとんどが空き部屋となっていた。  その一室でアリとサイモンがロマンチックな夜を過ごす中、何かの物音と共に突如アパート…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

15-234「暴走車 ランナウェイ・カー」(スペイン)

どうして爆破させたいの  ある日の朝、銀行支店長のカルロスが子供たちを学校に送るため車を走らせていると突然、携帯電話が鳴る。「車のシートに爆弾を仕掛けた。死にたくなければ42万ユーロ用意しろ……」その言葉は、嘘ではなかった。  同じ爆弾を仕掛けられた部下の車は爆発、その破片で息子は傷を負い生命の危機が迫っていた。  狡猾な犯人に監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15-208「マーシュランド」(スペイン)

死者がそばで待ち受けている  独裁政治の爪あとが残る1980年スペイン・アンダルシア地方。湿地帯の小さな田舎町で祭りの夜、二人の少女が行方不明となり、ほどなくして惨殺死体で発見される。彼女たちには強姦され、凄惨な拷問を受けた痕が残されていた。  マドリードから左遷されてきた若く血気盛んな刑事ペドロとベテランのフアンが、事件の捜査を担…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15-192「天使が消えた街」(イギリス・イタリア・スペイン)

平安と共に天国にいる  2011年、イタリア・トスカーナ州の古都シエナでは、人々の関心がひとつの裁判に集まっていた。  2007年にイギリス人留学生エリザベスが殺害され、ルームメイトの美しいアメリカ人留学生ジェシカ・フラーとその恋人ら3人が逮捕された。そしてこれから、一審で有罪判決を受けたジェシカの控訴審が始まろうとしていたのだ。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

15-120「[●REC]4 レック4 ワールドエンド」(スペイン)

家へ帰りたい、ただし生きてだ  バルセロナのアパートメントで起きた戦慄の感染パニック事件の唯一の生存者、アンヘラ・ヴィダル。  辛くも救出された彼女が意識を取り戻したのは、医療機器を備えたとある一室。そこは、洋上に浮かぶ大型貨物船を改造した検疫兼隔離施設だった。  惨劇の原因となった謎のウイルスを研究する医師のリカルテは、アンヘラ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

15-078「ロスト・フロア」(スペイン・アルゼンチン)

秘密を教えてあげる  セバスチャンは子どもたちと、アパートの7階から1階までどちらが早く降りられるか競争することになる。  エレベーターを使ったセバスチャンは、階段で降りる子どもたちより一足先に1階に到着するが、いくら待っても子どもたちは現れない。行方が分からなくなった子どもたちを必死に探すセバスチャン。  やがて、事態は衝撃の展…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

15-057「ネスト」(スペイン)

トガリネズミは他の生き物と離れて暮らす  モンセは、自宅のアパートの一室で仕立屋を営んでいる。母親が妹を産んだ時に亡くなり、父親が姉妹を残して蒸発して以来、モンセが妹を女手ひとつで育ててきた。しかし、精神が疲弊し広場恐怖症となった彼女は、自宅から一歩も外に出ることができなくなっていた。  一方、美しく成長した妹は、モンセの目を盗んで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

14-327「カニバル」(スペイン・ルーマニア・ロシア・フランス)

心の底から欲しいと思った  腕のいい仕立屋カルロスは、孤独を愛する几帳面で真面目な紳士。ところが、彼には美女ばかりを狙う連続殺人鬼という裏の顔があった。しかも、死体をきれいに解体して肉片を保存し、それを調理しては味わうという禁断の行為を繰り返していた。  そんな中、アパートの上階に越してきた若い娘が、カルロスの静かな暮らしを引っかき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

14-289「インベーダー・ミッション」(スペイン)

殺した上、その血まで  2004年2月。イラクでアメリカ軍の護衛のもと、負傷者の救護にあたるスペイン人の軍医パブロ。  ある日、テロリストの奇襲を受け、彼のいた部隊は壊滅してしまう。2週間後、スペインの病院で目を覚ました彼は、その時の記憶を失い、自分だけが助かった理由も一切分からなかった。  そんな中、政府から戦場での出来事を口外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14-278「ワイルド・ルーザー」(スペイン)

彼女は命知らずが好き、お前は命知らずか?  天才レーサーとして将来を期待されながら、レース中の事故でライセンスを失ってしまった青年ミケル。夢も希望も失い、無気力な日々を送っていた。  そんな時、ミステリアスな美女アリと出会い、心惹かれる。しかし彼女は、窃盗グループのリーダー、ナバスの恋人だった。しかもナバスは、違法なストリート・レー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14-272「ブラック・ハッカー」(スペイン・アメリカ)

トランクに人を入れているのは、お前だけではない  人気女優ジルのファンサイトを運営する青年ニック。ある時、新作映画のキャンペーン企画で幸運にも彼女と会食できるチャンスを得る。  ところが、ホテルの一室で待機する彼のもとにコードと名乗る男から“会食が中止になった”との電話が入る。お詫びにと彼のPCに送られてきたURLは、ジルを盗撮した…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

14-264「刺さった男」(スペイン・フランス)

これが最後の思い出になるかもしれない  2年前に失業して以来、職にあぶれたままの元エリート広告マンのロベルト。恥を忍んで訪ねた旧知の会社社長にも冷たくあしらわれてしまう。  失意のロベルトは、最愛の妻ルイサと新婚旅行で訪れた場所に足を向けるが、思い出のホテルは跡形もなく消えていた。  やがてロベルトは、ふとしたはずみから遺跡発掘現…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

14-260「スガラムルディの魔女」(スペイン)

俺たち指環を捨てる旅に出るのか  失業と結婚生活の破綻でヤケを起こした男ホセは、仲間たちを率いて白昼堂々、息子連れで宝石強盗を決行する。  しかし逃走の途中で道に迷い、スガラムルディという不気味な村に来てしまう。そこは、世にも恐ろしい人喰い魔女伝説が残る、あまりにも危険な場所だった。  急いで村から離れようとするホセたちだったが。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

14-233「ゾンビ・リミット」(スペイン・カナダ)

自分だけは死なないと思っている男の話  若いカップル、ケイトとアレックスに悲劇が襲いかかる。アレックスがゾンビウイルスに感染してしまったのだ。  政府が開発したワクチンを48時間毎に投与することにより、彼が完全にゾンビ化することを防げるのだが、ワクチンのストックは刻一刻と減っていく。(「KINENOTE」より)  ゾンビ・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

14-201「複製された男」(カナダ・スペイン)

道は開かれる  ある日、大学の歴史講師アダムは、同僚から薦められた映画を鑑賞していたとき、端役の中に自分と瓜二つの俳優を発見する。あまりに似すぎていることに驚愕し、取り憑かれたようにその俳優のことを調べ始めるアダム。  やがてアンソニーという名前を突き止め、ついに2人は対面する。彼らは、後天的に出来た傷跡を含め、服装以外のすべてが一…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

14-178「グランドピアノ 狙われた黒鍵」(スペイン・アメリカ)

キーを見逃してはならない  若き天才ピアニストのトム・セルズニック。あるトラウマを乗り越え、恩師パトリック・ゴーダルーの追悼コンサートで5年ぶりのステージに立つことに。そこに用意されていたのは、恩師が遺した最高級のグランドピアノ。  ところが、トムは演奏を始めると、譜面に書かれた“1音でも間違えるとお前を殺す”という謎のメッセージに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

13-331「ブランカニエベス」(スペイン・フランス)

過去を振り返るのは、去りゆく風を追いかけるようなもの   1920年代のスペイン。天才闘牛士アントニオはある時、アクシデントに見舞われ、荒れ狂う牛に体を貫かれて瀕死の重傷を負う。それを観戦していた妻はショックで産気づき、娘カルメンを生むと同時に亡くなる。  一方、全身不随となったアントニオは、不幸にも恐るべき悪女エンカルナと再婚して…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

13-255「ロスト・ボディ」(スペイン)

今夜起きたこと全ては偶然じゃない   ある晩、死体安置所の警備員がトラックに衝突、轢死する。彼は何かから必死に逃走中でパニック状態であったらしい。  その頃、安置所からはマイカ・ビジャベルデという女性の死体が消えていた。  死体失踪の事件担当となった警部のハイメは、マイカの夫アレックスに連絡をつけて調査を始めるのだが、やがてアレッ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

13-217「ラスト・デイズ」(スペイン)

ドアを開けて、外へ出ろ   アメリカ・ニューヨークで、3ヶ月もの間部屋から出ることができなかった少年が自殺した。そ  してオーストラリアのシドニーにあるオペラハウスでは、数百人の観客が外へ出ることを拒否、スペイン・バルセロナでは外へ追い出された男が心臓発作で死亡。  外に出るだけで発作を起こす“広場恐怖症”というパンデミックに陥っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13-208「ザ・エンド」(スペイン)

人はただ生まれて、消えていくだけ   封印したい過去を持つ仲間たちが久々に集い、楽しい時間を過ごしていた。  が、突如外の世界との繋がりが完全に断たれてしまう。そして時間を経るうちに、彼らは世界から生き物が次々と消滅している事実に気づく。  終末に向けて、いま、サバイバルが始まる。  人類はこのまま滅びてしまうのか。(「allc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13-195「ゴースト・スクール」(スペイン)

どこかへ続く、光の道とか見えないか   教師のモデストは、幽霊が見えてしまう特異体質。しかも幽霊たちと話をできるという力があり、そのせいで次々と学校をクビになってしまう。  そんな中で赴任した次の学校は、なんと5人の不良生徒の亡霊が居ついており、学校を荒れさせていたのだ。  なんとかして平和な学校を取り戻さねばならない。  霊感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more