テーマ:ノルウェー映画

17-024「クラッシュ・ゾーン」(ノルウェー)

動けなくなったら、音をさがせ  違法公道レースで約2年の刑期を終えたロイは、恋人と娘のために2度と車には乗らないと誓う。  だが、新生活を始めた彼の前にドイツのレーサー・カイザーが現れ、ロイは再びマスタングに乗り込むことに。(「KINENOTE」より)  冒頭、上映が始まったところで、見たことある出演者に見たことあるシーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16-141「THE WAVE ザ・ウェイブ」(ノルウェー)

いつか再び崩落する  ノルウェーのガイランゲルフィヨルド。観光客で賑わうこの地で、長年研究を続ける地質学者のクリスチャンだったが、家族の将来を考え、都市部へ引っ越すことに。  しかし引っ越しを翌日に控え、地殻の異変を示すデータが明らかとなり、警戒するクリスチャン。やがて彼の不安は的中し、大規模な岩山崩落が発生、静かで穏やかな観光地に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15-027「キャノンレース」(ノルウェー)

最近おまえと遊んでいなかった  速度違反120回、離婚歴2回。愛車マスタングだけが生きがいのロイは、自動車修理工場を経営する傍ら、地元サーキットのレースに出場して常勝チャンピオンとして活躍していた。  ある日、彼のもとに長年のライバルレーサーであるTTが勝負を持ちかけてくる。それは、首都オスロをスタートし、ノルウェー最北端のノール岬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14-152「ラグナロク オーディン神話伝説」(ノルウェー)

人が知りうることはわずかである  考古学者のシーグルは長年、歴史的なバイキング船の研究に没頭していた。  ある日、発掘されたバイキング船であるオーセベリ船から、謎のルーン文字を発見。それは、北欧神話における”終末の日”を意味する“ラグナロク”について書かれたものだった。  そこへ、同僚のアランがルーン文字の刻まれた大きな石を持って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14-082「パイオニア」(ノルウェー)

それを知るために、また潜るんだ  1980年代前半、石油ブームに沸くノルウェー。莫大な石油とガスが北海で発見されたことから、石油を運ぶためのパイプラインを海底500メートルに設置するという大規模プロジェクトが、政府によって開始される。  このプロジェクトのメインダイバーに抜擢されたのは、ノルウェーを代表するプロダイバー、ペッターとク…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

13-049「テール しっぽのある美女」(ノルウェー)

彼女は我々と全く異なる種族だ   犯罪現場の清掃を仕事とするレオとエルビス。  ある日、彼らは犯罪現場に裸で監禁されていた美女を見つける。  ところが、その女にはしっぽがあった。  はたして彼女は、伝説の生き物フルドラなのか。  その謎に迫ろうとするレオとエルビスだったが。(「allcinema」より)  ノルウェー…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

13-040「チャイルドコール 呼声」(ノルウェー・ドイツ・スウェーデン)

記憶が現実とは限らない   ノルウェーのオスロ。夫の暴力から逃れるため、保護監視プログラムによって郊外のアパートに暮らし始めたアナと8歳の息子アンデシュ。  不安を拭いきれないアナは、“チャイルドコール”という音声監視モニターを購入する。  ある日、そのチャイルドコールから子どもの悲鳴が聞こえ、慌てて息子の部屋を覗くが、彼は静かに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

13-031「隣人 ネクストドア」(ノルウェー・デンマーク・スウェーデン)

人はみんな正反対か同じよ   恋人と別れたばかりで落ち込んでいた男ヨーン。  ある日、隣の部屋に住む女性から、家具を動かすのを手伝ってほしいと頼まれる。そこには姉のアンネの他に、ミステリアスでセクシーな妹キムも暮らしていた。  部屋は迷路のように入り組み、おまけにヨーンと別れた恋人とのやりとりも壁越しに詳しく把握していた姉妹に薄気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

12-283「ヘッドハンター」(ノルウェー・ドイツ)

大事なのは評判だ   背が低いことだけがコンプレックスのロジャーはノルウェーでも有数のヘッドハンター。  しかし彼には、画廊を営む美しい妻の気持ちを繋ぎ止めるために行っている、もう一つの裏の顔があった。それは、ヘッドハンターの立場を巧みに利用して、契約相手が所有する高級絵画を盗み出すというもの。  そんなロジャーの新たなターゲット…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

12-131「トロール・ハンター」(ノルウェー)

彼こそがノルウェーのヒーローだ   ノルウェーの大学生3人が熊の密猟問題をドキュメンタリーに撮ることに。  そして偶然にも、極秘に政府に雇われ、民家に近づくトロールの退治を行っているという謎の男ハンスと遭遇するのだったが。(「allcinema」より) トロール・ハンター - goo 映画  ドキュメンタリー作品製作のために…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

11-308「エッセンシャル・キリング」(ポーランド・ノルウェー・アイルランド・ハンガリー)

神の道で戦う者は   アフガニスタンで米兵を殺害したことで、米軍によって拘束された男ムハンマド。収容所で激しい拷問を受けた後、軍用機で別の場所へと移送される。  やがて、護送車で移動中に事故が起こり、彼はその混乱に乗じて脱出に成功する。  しかし、そこは右も左も分からない雪深い森の中。それでも、追っ手から逃れるべく、やみくもに逃げ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

10-61「処刑山 デッド・スノウ」(ノルウェー)

海に行っておけば良かった  冬山にバカンスにやって来た医学生たち。彼らはそこで、謎めいた男から、昔ここでナチスが人々から金品を巻き上げ、非道の限りを尽くした話を聞かされる。  そんな中、偶然にもナチスの隠し財宝を見つけてしまった若者たち。喜んでそれを頂戴した彼らだったが、その瞬間、雪の中からナチスの冷凍ゾンビが次々と現われ、若者たち…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

222「酔いどれ詩人になるまえに」(アメリカ・ノルウェー)

週の半ばだからこそ、酒が必要  何度職に就いても、酒が原因でクビになってばかりの自称〝詩人〟ヘンリー・チナスキー。売れない小説や詩を出版社に送り続け、その場しのぎの仕事で渡り歩いている。その日暮らしの酔っ払い。  ある日バーで出会った女性ジャンと一緒に暮らし始める。同じく飲んだくれのジャンとの生活は明日の見えない生活。別の女性のとこ…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

41「ピンチクリフ・グランプリ」(ノルウェー)

世界最速のスーパーカー  丘の上の小さな村ピンチクリフ。村一番の高台に自動車修理工で発明家のレオドルがふたり(?)の助手と住んでいた。あひるのソランとハリネズミのルドビク。彼らの暮らしぶりは自給自足。レオドルの発明品に囲まれて、毎日一生懸命働いていた。  そんなある日大きなニュースが舞い込んでくる。近く開催されるグランプリ・レース。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more