10-110「タイタンの戦い」(アメリカ)

人は人のために戦い、死ぬ
 神と人が共存していた神話の時代。そこでは、欲望のままに行動する神々が熾烈な抗争を繰り返していた。
 ある時、ゼウスの息子でありながら人間として育てられたペルセウスは、冥界の王ハデスに家族をなすすべなく殺されてしまう。
 ハデスの暴虐に、このままでは地上が地獄と化す危機に直面する中、復讐に燃え、失う物のなくなったペルセウスは、命知らずの猛者たちを率いて、ハデス打倒の旅に出る。
 しかしそれは、巨大な魔物クラーケンや見た者を石に変える妖女メドゥーサが待ち受けるあまりにも過酷な道のりだったのだが。(「allcinema」より)

タイタンの戦い 3D - goo 映画

 先日、ギリシャ神話をモチーフにした「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が公開されたが、本作はギリシャ神話の中の一つの話をそのまま映像化した1本。

 1981年に製作された「タイタンの戦い」のリメイク作である。

 オリジナルの方は観たことがないのだが、ストップ・モーション・ピクチャー、いわゆる人形劇のような作品だったというようなことを聞いているが、本作は最新技術を駆使した映像で、更に3D映像でもある。

 主人公となるのは「AVATAR アバター」にも出演していたサム・ワーシントンで、「パーシー・ジャクソン~」で半神半人(デミゴッド)の一人として名前の挙がったペルセウス。

 そのペルセウス含む人間たちが、神々、特に冥界の神・ハデスと戦うという展開であるが、ハデスが繰り出してくるスコーピオンやクラーケンらとの戦いシーンは、さすがに迫力があって、見応えがあった。

 メデューサも登場するが、またまた首を狙われるという展開。というか神話に添った話だからしょうがないのか。

 ゼウスにハデス、アポロンなどの神々に、ペガサスやカシオペア、アンドロメダなど星の名としても知っているキャラなども出てきて、それなりに親しみが湧く作品ではある。

 ゼウスをリーアム・ニーソン、ハデスをレイフ・ファインズが演じていたが、ゼウスとハデスは兄弟という設定であるが、演じていた二人も何かよく似ていたな。

 ペルセウスの守護神であるイオというのは、残念ながらその名は知らなかった。

 正直ギリシャ神話の話はよくは知らないので、もし知っていれば、もっと楽しめたかもしれないな。

 人間と神々が戦いを繰り広げるという内容もそうだが、そのスケールに相応しい映像で、見ているだけで楽しめる作品だったかな。

 もちろん3D映像で鑑賞。

 ある雑誌で、3D映像は飛び出るのを楽しむのではなくて、奥行きを楽しむ映像である、というのを読んだが、確かにそんなに飛び出るような映像はなかったな。

 奥行き感は楽しめるのだが、正直それなら3Dで観る必要もないかな。

 本作の前に「バイオハザードⅣ アフター・ライフ」の予告が流れたが、こちらも3D作品のようであるが、飛び出る感は凄かったな。

 もし、本編もこれほどの飛び出し感なら、観てみたいという欲求には駆られるな。

 3Dでなくても、この映像は充分楽しめるかもしれない。
 少なからず知っているギリシャ神話の話が、スケール大きく描かれて、エンターテインメントとして楽しめた1本であった。

 やっぱり3Dメガネをかけての鑑賞は疲れるのだが。

+/5

監督:ルイ・レテリエ
出演:サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、アレクサ・ダヴァロス、レイフ・ファインズ
    リーアム・ニーソン、ジェイソン・フレミング、ティン・ステイペルフェルト、ルーク・エヴァンス、イザベラ・マイコ
於:丸の内ピカデリー
Clash of the Titans
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
2010-04-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"10-110「タイタンの戦い」(アメリカ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント