189「ネコナデ」(日本)

ネコはいいよ
 一流IT企業デジタルドラゴンの人事部長・鬼塚太郎は、職場でも家庭でも厳しく自分を律し、社員にも家族にも甘えを許さない。しかし、会社帰りにはひそかに胃痛に苦しむ日々を送っていた。
 中途採用者の研修が始まったある日の帰り道、鬼塚は立ち寄った公園で捨てられた子猫を見つける。愛らしい瞳と泣き声に、いつのまにか子猫を抱き上げ、帰宅していた。しかし、家族にはペット禁止を申し渡していた鬼塚は、家で飼うわけにもいかず、研修社員用に借りていたウイークリー・マンションの空き室で密かに飼うことにするのだった。

ネコナデ - goo 映画

 強面の企業戦士で、家庭でも厳しい父親。そんな鬼塚太郎が子猫を拾い、翻弄される様をユーモラスに描いている。もっと会社も家庭も巻き込んでのドタバタ劇があるのかと思っていたら、そこまでの展開はなかったな。
 それでも、子猫のために動物病院へ行ったり、餌を買出ししたり、自社の製品を使って、子猫の様子を見たりとそんなギャップのある姿はユーモラスである。

 会社では、リストラを宣告する非情な人事部長。中途採用者の研修でも精神論をぶちまける。他の社員からは嫌な人間と見られている。特に研修社員の中に鬼塚部長に怨みを抱く田中亜里沙という女性がいるのだが、彼女を含めて、もう少し他の社員の鬼塚部長を見る目が変わっていく様子も見たい気もしたかな。

 ストーリーとしては、思っていたほどのドタバタ感と見た目の大きな変化を見せているものでもなかった。
 ただ、子猫、鬼塚トラは可愛かった。生後2ヶ月のスコティッシュフォールドという種類らしいが、これは見ていても癒されること間違いないだろうな。
 どんなに厳しい人間でも、心優しい人間ならば、可愛がらずにはいられない子猫。そんな子猫によって心に閉じ込めていた優しさなどを引き出された男の物語である。

/5

監督:大森美香
出演:大杉漣、青山倫子、黒川芽以、もたいまさこ、螢雪次朗、原日出子、鶴見辰吾、入山法子、立花彩野
    海東健、小林且弥、EMI、六角精児、和田聰宏、滝沢涼子、矢木初季、福沢重文、桜井聖
於:渋谷Q-AXシネマ
劇場版 ネコナデ スペシャル・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D)
2008-10-24

ユーザレビュー:
子猫の出番が少ないの ...
ネコ成分が少なめ(や ...
主役は「ネコ」。反則 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"189「ネコナデ」(日本)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント