183「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」(日本)

かごめかごめの都市伝説
 雨のそぼ降る夜、〝かごめの歌〟を聞いた若い女性が失踪する事件が続発する。そして女子高生の比良本楓もその歌を聞く。そこに偶然居合わせた鬼太郎に助けられる楓。しかし、彼女の肌には銀の鱗が現れる。
 謎の解明に乗り出した鬼太郎たちは、その原因が千年の時を経て蘇った悪霊の仕業であることを知る。悪霊を再び封印するため古の楽器を求め、古地図に記された場所へと旅立つ鬼太郎たち。
 そして鬼太郎たちは事件の裏側に、かつて許されざる境を越え、引き裂かれた妖怪と人間の悲しい恋物語があったことを知る。

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 - goo 映画

 2007年に実写化された「ゲゲゲの鬼太郎」。その第2弾が早くも公開。続編にしてはスパンが短かったな。最初から第2弾の予定があったのかな。鬼太郎に加え、猫娘もねずみ男も砂かけ婆、子泣き爺も目玉のおやじも健在。一反木綿もぬり壁も登場している。
 第1弾の印象はあまり良くなかったが、やっぱり続編となると観てしまうな。
 本作でもやっぱり鬼太郎というよりウエンツというそのままの印象は変わらぬな。

 冒頭は、常にいわくある童謡として名高く、「こわい童謡」でも取り上げられた〝かごめ歌〟の都市伝説から始まる。結構今回はダークな雰囲気の作品かと期待値も少々高まるのだが、結局は濡れ女と人間・海人との悲しい物語はあるものの妖怪アット・ホームな作品となっていく。
 様々な妖怪が豪華特別出演という配役で登場するが、いかにも楽しい妖怪ばかりである。
 それと今回は、子泣き爺や砂かけ婆の戦いのシーンなどもあり、そのあたりはなかなか楽しめたし、鬼太郎と夜叉との対決もなかなか迫力ある対決であった。
 それにしてもソ・ジソブ演じる異国の妖怪・夜叉は何のためにやって来たのだろうか? 確かに活躍シーンは多かったが、あまり意味のある妖怪とは思えなかったが。

 破壊や戦争を繰り返す愚かな人間を滅ぼそうとする妖怪に、その愚かさを自ら気付くことが大事だと訴える鬼太郎。やっぱり訴えるものも、この妖怪世界感もファミリー向けの作品であるという感じである。
 前作よりはアクション・シーンなどは、引き込まれるものがあったかな。

 今回は楓の記憶を消さなくていいのか?

 エンド・ロールの後にも映像あり。まだ続編はあるのかな?

/5

監督:本木克英
出演:ウエンツ瑛士、北乃きい、田中麗奈、大泉洋、間寛平、寺島しのぶ、ソ・ジソブ、佐野史郎、笹野高史
    萩原聖人、室井滋、緒方拳、河本準一、ブラザートム、星野亜希、上地雄輔、中川翔子
声の出演:田の中勇、伊集院光、柳沢慎吾
於:池袋シネマサンシャイン
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 オリジナル・サウンドトラック
エイベックス・エンタテインメント
2008-07-09
サントラ


Amazonアソシエイト by ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"183「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」(日本)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント