156「キサラギ」(日本)

アイドル、死の真相
 あまり売れなかったアイドル如月ミキが焼身自殺を図って1年後の2007年2月4日。今でも彼女を想い、インターネット上の掲示板で知り合った5人の男が一周忌追悼会を開くことになった。集まったのはサイト管理人の〝家元〟追悼会を企画した〝オダ・ユージ〟そして〝スネーク〟〝安男〟〝イチゴ娘〟。初めて顔を合わせた5人は如月ミキの思い出話で盛り上がるはずだった。しかし、誰もが釈然としない思いもあった。「彼女は自殺するような子じゃない」
 そして誰かが言う。「彼女は殺されたんだ!」
 この発言から状況は急変。怒涛の推理が始まる。果たして如月ミキの死の真相は?

 この作品、全編あるマンションの空き部屋で展開される。そして登場するのは基本的に5人の男だけ。全ては彼らの会話だけでストーリーが進んでいく密室劇である。
 登場する5人はそれぞれがなかなかユニークな人物たちで、そのキャラだけでも興味が出るのだが、そんな彼らがアイドル如月ミキの死の真相を探って推理を進めていくうち、どんどん話に引き込まれていく。
 意外な真実が次々と判明する。一人はストーカー? 一人は恋人? そして疑惑を向けられる人物が次々と・・・
 
 サスペンス要素満載でストーリーの大部分は進んでいく。しかも途中での発言や事実が最後の結論に見事に結実する。そして結論に達っすると、どこかじんわりとしていくが、更に最後に出される推理ではちょっと胸に来る。

 本当にキャラから会話からストーリー展開まで楽しませてもらった作品だったが、結論に達してからの展開がちょっと長かったかな。歌も踊りも下手な如月ミキの本当に下手な歌が流れるシーンはいいのだが、ラストの1年後のシーンは必要なかったかな。

/5

監督:佐藤祐市
出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介。塚地武雅、香川照之
    末永優衣、米本来輝、平野勝美、如月ミキ(酒井香奈子)、宍戸錠
於:シネ・リーブル池袋

【送料無料選択可!】キサラギ オリジナル・サウンド・トラック / サントラ
CD&DVD NEOWING
コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>グラビアアイドルの自殺


楽天市場 by ウェブリブログ



"156「キサラギ」(日本)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント