173「ユナイテッド93」(イギリス・アメリカ)

ただ生きたいがために・・
 2001年9月11日。ニュージャージー州ニューアークからサンフランシスコに向けてユナイテッド93便が飛び立った。その直後ワールド・トレード・センターに2機の旅客機が激突。さらに1機が国防総省ペンタゴンに墜落。そしてユナイテッド93便もハイジャックされる。事件を知った乗客たちはハイジャック犯の狙いを察知し、機を取り戻そうと一致団結して犯人達に立ち向かおうとした。

 凄惨なシーンが記憶に新しい、あの9.11の同時多発テロ。4機の旅客機がハイジャックされ、うち3機が目的地に到達。これは4機目の話。
 ほとんどドラマの部分は排除され、徹底的にドキュメンタリーのように話は進められる。それはあの日のアメリカの、世界が見た悪夢が再現されていた。アメリカの受けた衝撃、痛みがよく伝わってくる作品である。

ネタ(?)ばれになるかもしれないこと

 ところで、この作品の宣伝で、ユナイテッド93便の乗客たちが、いかにも心を決め、愛する者たちに別れを告げ、テロを阻止するため命を投げ出したようなことを言っていたが、作品を観てみるとそんなことはない。彼らはただ生きたいがために行動を起こしたのだ。それはヒロイズムでもなんでもない。心底の気持ちなのだろう。

 下手なドラマ仕立てで作り上げられなかったのが良いと思った。
 
監督:ポール・グリーングラス
出演:ローナ・ダラス、ピーター・ハーマン
於:池袋HUMAX CINEMAS4
オリジナル・サウンドトラック「ユナイテッド93」
ジェネオン エンタテインメント
2006-08-09
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"173「ユナイテッド93」(イギリス・アメリカ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント