113「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」(アメリカ)

こわいじゃろ? 地獄へ堕ちるぞ
 時は明治の頃か? アメリカ人の文筆家クリスは放浪の末女を買うために男が集まる川の中の小さな島を訪れる。クリスは一人の女・小桃を探していたのだが、そこにはおらず、別の女性と夜を共にすることにする。不思議な雰囲気を持つその女は小桃のことを知っていると言う。少しずつ過去を語る女。それは現実とも妄想とも言える恐ろしい夜の始まりであった。

 世界中のホラー監督が集まって作品を撮ったという「マスターズ・オブ・ホラー」。その13作のうちの1作を三池崇史が監督。岩井志麻子の原作を作品化した。
 時代はいつ頃かわからない。おそらく明治か? 場所はいわゆる女郎屋だが、何とも言えぬ雰囲気を醸し出している。
 一人のアメリカ人が以前アメリカへ連れ帰ると約束した女を探して辿り着いた場所。そこで出会った女が語る話。それがこの世のものとも思えぬ空恐ろしい話。そして目にする光景。
 怪談風に話は始まるが、もうスプラッターに近い。そしてイタ~イ! シーンも。加えて禁断とも言える話、その映像。正に「ぼってえ、きょうてえ(とても、怖い)」話である。こわい話は二重三重と続く。
 全編英語の作品だが、それがまた雰囲気を出しているな~
 
 この手の作品を見慣れている人は問題ないが、そうでない人にはグロいかな・・?

監督:三池崇史
出演:工藤夕貴、美知枝、根岸季衣、ビリー・ドラゴ
於:渋谷シアター・イメージフォーラム
インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ [DVD]
角川映画
2007-05-25

ユーザレビュー:
志麻子が来たりて針を ...
これぞ日本のホラー  ...
安い!高画質!特典映 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"113「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」(アメリカ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント