17-076「GAME WARRIORS エバーモアの戦い」(アメリカ)

これでレベル27に上がれる?
 メタル音楽に夢中のジョーは、気ままな生活を送っていたが、恋人のベスはそんな彼に愛想を尽かして去ってゆく。
 落ち込む様子を見かねた友人のハンとエリックは、ジョーをゲームオタクたちのイベント“LARP(ライブ・アクション・ロール・プレイング)”に連れ出す。戦士のコスプレでLARPに参加することになったジョー。ところが、魔道士に扮したエリックがネットで手に入れた本を使って召喚魔術を行ったところ、本物の悪魔を呼び出してしまう。
 実は、エリックが使った本は禁断の魔導書だったのだ。ベスの姿をした悪魔は参加者を次々に襲い、ハンもその犠牲になってしまう。
 大勢の参加者を救い、ハンの仇を討つため、ジョーは仲間と共に決戦の地エバーモアへ向かうが。(「KINENOTE」より)


 コスプレして参加するロールプレイングゲームに本当の悪魔が現れ、ゲームオタクたちが壮絶な戦いを見せるアクション・ファンタジー・アドベンチャー・コメディ。

 魔道士や騎士のコスプレをしてロールプレイングゲームを体験しながら楽しむイベントに参加したジョーと友人のハンやエリックたち。

 しかし、魔道士役のエリックが、どこかの骨董商で手に入れた魔術書で召喚魔術を行ったところ、本当の悪魔が呼び出され、ゲーム参加者たちを次々と襲いだす。

 ジョーたちは、その悪魔を倒すため、戦いに挑もうとするが。


 基本的にはコメディなので、随所に笑いに誘われるが、実際に悪魔に襲われ、参加者たちは次々と命を落とし、ジョーの友人も命を落としてしまう。
 悪魔に殺されるところは、なかなか凄惨なシーンとなっており、グロテスクな感じになっている。

 失恋したジョーを強引にゲームに誘った、魔道士役のエリックは、ちょっと抜けた感じがあり、その言動は笑いを誘うと共に、一緒にいたら苛立ち感じてしまうかもという役柄。

 クライマックスの戦いは、命を賭した戦いとはなるのだが、随所に笑いも交え、やっぱりエリックの行動が笑いと苛立ちを引き起こす。

 最後はどうやって悪魔を倒すのかと思っていたら、ジョーがいそしんでいたあることで解決。
 やっぱりコメディだなという決着ではあったな。


 非リアルの世界で楽しむゲーマーたちが、本当の悪魔の登場で恐怖に襲われる様を描いているが、それもどこか非リアルな描き方。
 まあある意味ファンタジーで、コメディであるというところを楽しむ作品かなという感じであったな。

/5

監督:ジョー・リンチ
出演:ライアン・クワンテン、サマー・グロー、スティーヴ・ザーン
    マルガリータ・レヴィエヴァ、ジミ・シンプソン、ピーター・ディンクレイジ
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック