17-056「クレイジーナイン」(香港)

5ドル追加で、パチパチ・キャンディはいかがです?
 深夜のコンビニを舞台に、サイコな潜入捜査官、キレやすいジジイ、セクシーなチアリーダー、黒社会の若きドンら9人の曲者たちが予測不能なトラブルを巻き起こす。(「KINENOTE」より)


 仕事なし、金なし、彼女なしの32歳の青年、ラウ。
 ある夜、ふらりと立ち寄ったコンビニの求人ビラを目にし、応募。即決されたラウは早速働き出すが、同僚とふざけてばかり。

 そんな中、客が次々とやって来るが、誰もが一癖も二癖もある者ばかり。

 やがて、そんな客たちを迎え入れ、危険でクレイジーなコンビニの一夜が過ぎていく。


 ガミガミうるさい店長と、ラウ、そして同じくバイトの女性の3人がいるコンビニに次々と客がやって来るが、誰もがクレイジーな者ばかり。

 キレやすい老人に、悪徳潜入捜査官、裏社会の大ボスやセクシーなチアリーダー姿の女性。

 次々と彼らが入ってくるたびに予想もしなかった出来事が起こり、ラウたちは逃れられない危険な状況へと陥っていく。


 バイオレンスな展開に笑いを大いにまぶしたコメディ。
 
 狂気と笑いは紙一重という感じで、結構凄惨なシーンや激しい展開も見せたりするが、それにも負けじと笑わせられるシーンも多い。

 鏡を見ながら「インファナル・アフェア」に興じる警官や、一触即発のところで子供が入ってきて、一時中断というところなど、ベタな発想ながら面白い。

 次々と優位に立つ人物が入れ替わり、それぞれクレイジーな行為でその場にいる者たちを追い詰めていく。

 店長を演じたのは、ご存知「ホワイト・バレット」等のラム・シューであり、首にハサミを突き刺したまま、相変わらずの怪演を見せてくれる。

 この店長以外も怪演を見せる登場人物たち。

 そして彼らが引き起こす恐怖の夜が、思いもしなかった結末を導く。


 この結末は、これまでの笑いと恐怖の展開からすると、今ひとつかなと思ったりもしたが、それまでのドタバタとした危険な展開は先の予測もつけられず、面白い作品だった。

/5

監督:ファイア・リー
出演:デレク・ツァン、J.アリー、ラム・シュー、スタンリー・フォン、フィリップ・キョン
    エリック・クォック、アーロン・チョウ、アニタ・チュイ、エドワード・マ、ケン・ロー
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック