16-247「世界の果てまでヒャッハー!」(フランス)

ゲームでしか操縦したことないのに
 恋人ソニアの父が経営するブラジルの高級リゾート・ホテルに友人たちと連れ立ってやって来たフランク。この旅で良いところを見せ、最終的にソニアにプロポーズする計画だった。
 しかし、いきなりソニアの祖母の世話を押しつけられ、仕方なく彼女も連れて秘境ツアーに繰り出したフランクたち。ところが彼らはそれきり行方不明に。
 やがて彼らのビデオカメラが発見されると、さっそく手がかりを求めて父やホテル従業員らと一緒にビデオを再生するソニアだったが。(「allcinema」より)


 ブラジルのリゾートへとやって来たフランクと男友達、更にフランクの恋人、ソニアのおばあちゃんが秘境ツアーに出かけ、思いもかけぬおバカな冒険を繰り広げることとなるアドベンチャー・コメディ。

 
 ソニアにプロポーズするつもりだったフランクは、彼に不満を抱く彼女の話を偶然聞いてしまい、傷心。
 友人に誘われて、ジャングルや洞窟を訪れる秘境ツアーへと出かけるが、その後彼らは音信不通の行方不明となってしまう。

 友人の一人が持っていたビデオカメラがホテル内で見つかり、ソニアたちはフランクたちの行方を追うため、その映像を観るのだが、そこ映っていたのは仰天のおバカで驚きの様子だった。


 面白かったのは、ファウンド・フッテージでフランクたちの様子が映し出されるところで、果たしてフランクたちに何があり、どこにいるのか。その顛末がP.O.V.で描かれるところ。

 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のアランがそうであったが、本作でもちょっと間の抜けた感じの人間がいて、その人物が一緒の人間たちをどんどん深みにはまらせていく。

 本作では、そんな役どころが二人もいるので、事態はどんどんと悪い方向へと進んでいく。

 飲みすぎたわけではないのだが、何となくこのドタバタは「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」に近いものがあったな。

 過酷な冒険に80歳越えのおばあちゃんが加わっているところは、ちょっと新しかった。
 このおばあちゃん、大活躍だったな。

 
 おバカで、ちょっと下ネタも加えた笑いの展開であったが、なかなか楽しい作品ではあった。

/5

監督:ニコラ・ブナム、フィリップ・ラショー
出演:フィリップ・ラショー、アリス・ダヴィッド、クリスチャン・クラヴィエ
    タレク・ブダリ、ジュリアン・アルッティ、ヴァンサン・ドゥサニャ、シャルロット・ガブリ
於:シネマート新宿
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック