16-174「ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説」(中国)

キミの見た生が生とは限らない
 1974年、崑崙山の洞窟で巨大な未確認生物の骨が発見される。やがて洞窟の奥へと進んだ調査隊は、異星人たちが封印されている宮殿“妖魔塔”に遭遇し、フー・バーイーだけを残して全員が消息不明となる事態に。
 ただ一人の生還者フー・バーイーは、妖魔塔の謎を調べ始めるが。(「allcinema」より)


 1万年前に襲来したという異星人を封じ込めた妖魔塔と、それに遭遇したフー・バーイーという男が辿る運命を描いたSFファンタジー・アクション。

 フー・バーイーを演じたのは、「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」「ハーバー・クライシス 都市壊滅」のマーク・チャオ。

 
 魔族が封じ込められている妖魔塔に遭遇し、意図せずにその封印を解いてしまうフー・バーイー。
 その魔族というのが、実は1万年前に襲来した異星人だというのは、ちょっと面白い設定。

 ただ、宇宙人っぽい雰囲気は一つも無かったな。

 発掘調査の一労働者であるフー・バーイーに、調査責任者のヤン教授が何かしら目を付けているというのは、きっかけが判らなかったな。

 封印が解けたために魔獣が人間たちを襲い始めるのだが、何故か限られた村だけを襲い、消滅に導く。
 妖魔塔が近辺にあるという設定だったからか。

 人類と魔族の関わり、戦いの歴史を聞くうちに、何となくフー・バーイーの正体が推し量れるかなという感じである。

 更にフー・バーイーが好意を持ち、行方知れずになってしまうヤン・ピン。
 そっくりの女性、シャーリーも登場するが、その正体も予測できるものだったかな。

 ちょっとシャーリーの行動自体、その目的が判りづらいところもあったが。


 封印が解かれ、人類を襲撃し始めた魔獣。その正体が異星人。更に人類との関わりなども面白かったが、奇想天外、大掛かりな話になっている割には、展開はちょっと地味だったな。

 更に決着の付け方が、まさかそんな方法なのかと、ある意味拍子抜けする感じでもあったかな。


 一応決着も付くことは付くが、正直残された謎やモノも多かったので、やっぱり続編意識したラストだったのかなという印象である。


 物語の展開が地味な感じではあったが、奇想天外な設定は面白いSFファンタジーだった。

/5

監督:ルー・チューアン
出演:マーク・チャオ、ヤオ・チェン、リディアン・ヴォーン、リー・チェン、ティファニー・タン
    リー・クワンジェ、ファン・リー、ワン・チンシアン、ワン・ダーシュン、ウー・ジュン
於:シネマート新宿
九層妖塔 (2015) (2015) (DVD) (香港版)
Panorama (HK)
2016-04-26
Various Artists


Amazonアソシエイト by 九層妖塔 (2015) (2015) (DVD) (香港版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ふじき78
2016年08月26日 22:35
やっぱ人類の危機を10人くらいで解決しちゃいかんと思うんですよ。
2016年08月28日 01:10
ふじき78さん。
話の割にはこじんまりとした感じになったのは、
クライマックスの闘いのこじんまり感が
影響してるんですかね。

この記事へのトラックバック