15-219「ダイバージェントNEO」(アメリカ)

私が自分を許すから
 全人類を性格ごとに“勇敢”、“高潔”、“平和”、“無欲”、“博学”という5つの共同体に振り分けて管理することで秩序が保たれていた世界。
 16歳になり適性検査で“異端者=ダイバージェント”と診断され、危険分子として政府から命を狙われる存在となった少女トリス。“博学”の指導者ジェニーンに操られた“勇敢”の部隊に追われる彼女は、恋人のフォーとともに、いずれの共同体にも属さない集団“無派閥”と合流する。
 彼らのリーダーは、死んだと思われていたフォーの母親イブリンだった。無派閥は、ジェニーンたちへの反撃の機会を窺い、準備を進めていた。
 一方ジェニーンは、トリスの両親が命がけで守ろうとした“箱”の解明に取り組んでいた。しかしその封印を解くことができるのは、特別な能力を持ったダイバージェントだけだった。(「allcinema」より)


 人気YA小説を映画化した「ダイバージェント」の続編。
 原作と同じく3部作構想ということで、第2弾となる本作。

 5つの共同体に人々が振り分けられる社会で、異端者(ダイバージェント)と診断された少女の戦いを描いたSFアクション。

 異端者として追われることになったトリスと、彼女を護るフォー。

 〝平和〟の元で身を隠すことになったトリスとフォー、そしてトリスの兄のケイレブと、〝勇敢〟の一人、ピーター。

 そんなトリスを危険分子と見なす〝博学〟の指導者、ジェニーンの追っ手が彼女たちを追い詰める。

 
 本作の展開としては、追われるトリスの戦いを描くと共に、ジェニーンがトリスの両親の家から見つけ出した謎の箱の解明を行うという展開。

 その箱の解明に、異端者であるトリスが必要であることが判り、ジェニーンはトリスを生け捕りにしようとする。

 箱の中には、人々の運命を決めるような秘密が入っているということで、その中身も興味深いところ。


 両親が目の前で殺されたことや、友人を殺してしまったことに苦悩し、逃亡と戦いを続けながら葛藤するトリスの姿も描かれる。
 更に、死んだはずのフォーの母親も無派閥というグループのリーダーとして登場し、ジェニーンを倒すことを目論んでいる。

 どんどん「ハンガー・ゲーム」と被ってくる感じである。
 フェンスに囲まれた社会というのは「メイズ・ランナー」も思い出させるな。


 終盤では、トリスがジェニーンの元へ乗り込んでの展開となるが、戦いよりも、箱の解明に重点が置かれている。


 異端者存在の理由が明かされ、新たな希望に向かうようなラスト。
 一応、ジェニーンとの対決も決着がついたようであるが、それでも3作目はあるのかな。

 大きな戦いのシーンも無く、葛藤の描き方も弱く、これと言ったクライマックスが無かったかなと感じる作品であった。


 1作目に対し、公開規模が小さくなってしまった2作目であるが、3作目が作られたとして、果たして日本で公開されるのか心配だな。

/5

監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:シャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、オクタヴィア・スペンサー、マイルズ・テラー、マギーQ
    ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット、ジェイ・コートニー、レイ・スティーヴンソン、ゾーイ・クラヴィッツ
於:角川シネマ新宿

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ダイバージェントNEO

    Excerpt: すっかり1作目の事忘れてた。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-11-12 23:27
  • ダイバージェントNEO

    Excerpt: 【概略】 異端者・ダイバージェンスだと発覚したトリス。危険分子とされた彼女は同じ異端者であるフォーたちと共に逃亡の日々の中、平和の村に身を寄せる。 SFアクション 第二弾。ヒロインを.. Weblog: いやいやえん racked: 2016-10-16 07:54
  • ダイバージェントNEO

    Excerpt: 【博学】の権力者ジェニーンの追跡から逃れ、トリスはフォーと兄ケイレブと共に、やむなく反乱を目指す集団【無派閥】と合流する。 一方、ジェニーンは、亡きトリスの両親が命懸けで守ろうとした「箱」の封印を解く.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-10-16 10:01
  • 『ダイバージェントNEO』('17初鑑賞52・WOWOW)

    Excerpt: ☆☆☆-- (10段階評価で 6) 5月21日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2017-05-25 08:31