15-196「極道大戦争」(日本)

堅気がいなければ、ヤクザは生きられない
 敏感肌で刺青も入れられないハンパ者のヤクザ、影山亜喜良は、昔気質な人情派の親分・神浦玄洋に憧れる男。
 ところがある日、最強伝説を持ち、不死身と噂された神浦が、次々と現われる刺客に八つ裂きにされてしまう。命が果てようとしていたその時、神浦は最期の力を振り絞り、影山の首元に噛み付いた。なんと、神浦の正体はヤクザ・ヴァンパイアだったのだ。
 かくしてヤクザ・ヴァンパイアの血を受け継いだ影山は、超人的な能力を身につけ、神浦の仇討ちへと立ち上がるが。(「allcinema」より)


 「神さまの言うとおり」「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官REIJI」等の三池崇史監督の最新作。
 
 ヴァンパイアとなったヤクザが敵対する者たちに闘いを挑む、アクションであり、多分コメディでもあり。


 市原隼人演じるヤクザの影山は、尊敬する親分から死の寸前に咬まれたことによりヴァンパイアとなり、親分を殺した刺客たちと対決することになる。

 尋常を越えたパワーを持つことになる男たちの対決というアクションであるが、正直内容はかなりハチャメチャ。


 ヤクザが主人公のハチャメチャ・コメディというと「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官REIJI」であるが、それよりコメディ要素は弱く、更に物語の行き着く先が判らない。

 親分がヴァンパイアだということを知っていて、抹殺を目的とした刺客たちと、そんな刺客たちと手を組んだ組員たちへの復讐譚ではあるが、ストーリー展開は何でもありという感じであった。

 まあヤクザ・ヴァンパイアという設定自体現実を越えているので、ハチャメチャでもいいのかもしれないが、ちょっとまとまりもなかったな。


 刺客の中には、「ザ・レイド」にも出演していたヤヤン・ルヒアンが出ており、そのアクションはかなり切れ味鋭く、衝撃も大きかったな。

 父親を殺された少年を影山が咬んでヴァンパイアにする展開もあり、その少年が復讐する展開もあるのだが、それも尻すぼみ感あり。

 ちなみに、その少年を演じた俳優は、「TOKYO TRIBE トーキョー・トライブ」で清野菜名と一緒にいて、小気味のいい動きを見せていた俳優だが、坂口茉琴という女優だったんだな。
 本作ではヤクザ・ヴァンパイアとなってパンチ・パーマ姿を見せている。


 刺客の中の最強の男らしき者もクライマックスで登場するが、それが何故かカエルの着ぐるみを着ている。
 ちなみに演じていたのは「AVN エイリアンVSニンジャ」「THE NEXT GENERATION -パトレイバー- 第3章」に出ていた三元雅芸で、アクションはさすがであった。


 全ての対決が終わり、物語も終焉かと思ったら、最後はもう怪獣映画か。


 ヤクザ・ヴァンパイアという設定に、一癖二癖以上の人物たちの登場と、面白い要素はあるものの、まとまりのないと言うか、目指す先がよく判らない作品だった。

/5

監督:三池崇史
出演:市原隼人、成海璃子、青柳翔、渋川清彦、三浦誠己、テイ龍進、ヤヤン・ルヒアン、優希美青、三津谷葉子
    渡辺哲、ピエール瀧、でんでん、リリー・フランキー、高島礼子、三元雅芸、有薗芳紀、中村靖日、坂口茉琴
於:TOHOシネマズ新宿

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 極道大戦争

    Excerpt: クッソくだらねぇ。でも嫌いじゃない。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-11-01 23:44
  • 極道大戦争

    Excerpt: 【概略】 ヤクザの親分・神浦の血を受け継ぎ、ヤクザバンパイアとなった敏感肌の半端ヤクザ・影山。だが、ヤクザバンパイアがカタギの血を吸うと、カタギはヤクザ化して無限に増殖していき…。 コメディ・ア.. Weblog: いやいやえん racked: 2015-11-08 08:05
  • 極道大戦争

    Excerpt: 青年・影山亜喜良は、神浦組の組長・神浦玄洋に憧れてヤクザになった。 ある日、謎の刺客によって神浦が殺害されてしまう。 神浦は最後の力を振り絞り影山の首元に噛み付いて叫ぶ。 「わが血を受け継いで、ヤクザ.. Weblog: 象のロケット racked: 2015-11-08 19:00
  • 「極道大戦争」 三池節、暴走

    Excerpt: 三池監督作品のテイストは大好きで、新作が公開されるたびに毎回観に行ってしまいます Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2015-11-08 22:32