15-165「ラン・オールナイト」(アメリカ)

一線を越えるときは一緒だ
 ニューヨークのブルックリン。親友でもあるマフィアのボス、ショーンに長年仕えてきた殺し屋ジミー。そんな父親を毛嫌いし、距離を置いて生きる一人息子のマイク。
 ある日、彼は運悪く殺人現場を目撃してしまい、犯人から命を狙われてしまう。そんな息子の窮地をジミーが救う。
 しかし彼が返り討ちにした相手はショーンの息子ダニーだった。それを知ったショーンは、ジミーに対し“お前もマイクも両方殺す”と宣言すると、配下のギャングばかりか、買収した警察官や凄腕の暗殺者までをも動員して、徹底したジミー親子狩りに乗り出す。
 街中が敵となる中、マイクを守りながら決死の逃亡を繰り広げるジミーだったが。(「allcinema」より)


 「96時間」以降すっかりアクション俳優となったリーアム・ニーソン主演のクライム・アクション。
 「アンノウン」「フライト・ゲーム」に続いて、ジャウム・コレット=セラ監督とのコンビ作品。


 本作のリーアム・ニーソン演じるジミーは殺し屋として、マフィアのボス、ショーンに仕えていたが、長年の殺しで荒んだ日々を送っている。

 そんなショーンを父親として嫌っている息子のマイクが、ある夜殺人現場を目撃してしまい、命を狙われるが、ジミーが相手を撃ち殺し、息子を救う。
 しかし、その撃ち殺した相手が、ボスであるショーンの息子、ダニーであったことから、マイクと共に命を狙われることとなり、逃亡を繰り広げることとなる。


 最初はすっかり落ちぶれた感のあるジミーであったが、確執があるとはいえ、息子のマイクを救うために行動し、やがてすっかり父親であり、殺し屋として颯爽とした姿を見せるようになる。

 これまで長年ボスとして仕え、友としても接してきたショーンと訣別し、対決することを決意するジミー。
 この二人の訣別の会話はなかなか渋かったな。

 ニューヨークの街をショーンの追っ手をかわし、闘いながら逃げるジミーとマイク。
 マフィアや殺し屋、果てはショーンの息のかかった警官たちまでが二人を追う。

 濡れ衣まで着せられ、絶体絶命の中、一夜の逃走劇を描いているが、舞台設定としてはニューヨーク中が敵ということで大きかったが、てっきり一般市民まで彼らを狙うのかと思ったが、さすがにそこまではいかなかったか。

 確執のある息子と共に逃げている中で、少なからず絆が再生していくような親子の心情を描いたところもある。


 絶体絶命の展開で、ジミーとマイクが逃げ切ることができるのか、そこは興味深かったが、クライマックスでジミーとショーンが対決、そしてラストでは最強の殺し屋が登場する。

 クライマックスから終盤は、なかなか対決としては面白かったし、緊迫感もあったな。


 絶体絶命一晩の逃亡劇も面白かったし、リーアム・ニーソンも最初は荒んだ感じだったが、息子のために闘っていくうちに、渋く、格好良くなっていく。
 展開と設定は面白いクライム・アクションだった。

/5

監督:ジャウム・コレット=セラ
出演:リーアム・ニーソン、ジョエル・キナマン、コモン、エド・ハリス、ヴィンセント・ドノフリオ
    ニック・ノルティ、ブルース・マッギル、ジェネシス・ロドリゲス、ボイド・ホルブルック
於:丸の内ピカデリー

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ラン・オールナイト』をトーホーシネマズ六本木1で観て、ネット評判はいいしおもろいはおもろいけど、割と普通やないかふじき★★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★ちょっと丁寧ないつものリアム無双映画】 最近のリアム・ニーソンはアクションがない映画は別として、アクション映画の中では「得体のしれない強さを秘めた ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2015-09-04 20:24
  • ラン・オールナイト

    Excerpt: テンポよくて面白かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-09-14 21:37
  • ラン・オールナイト

    Excerpt: 【概略】 殺し屋のジミーは、殺人現場を目撃した息子を救うため、親友であるマフィアのボス・ショーンの息子を射殺してしまう。ショーンはジミーに「息子とお前を殺す」と宣告し…。 アクション .. Weblog: いやいやえん racked: 2015-10-11 08:06
  • 映画評「ラン・オールナイト」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ジャウマ・コレット=セラ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-06-24 07:15
  • 「ラン・オールナイト」

    Excerpt: リーアム・ニーソンは往年の殺し屋なのである。人呼んで「墓掘りジミー」。ショーン・マグワイア(エド・ハリス)のために、汚れ仕事をずっとずっとし続けてきた。今、ショーンは成功してNYの裏社会を取り仕切るボ.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-06-27 00:14