15-075「96時間 レクイエム」(アメリカ・フランス)

行動が読めるようにしておけ
 トルコで犯罪組織を壊滅させ、住み慣れたロサンジェルスへと戻ってきた元CIA秘密工作員のブライアン。平穏な日常を取り戻したかに思われた矢先、元妻レノーアがブライアンの自宅で何者かに殺されてしまう。
 しかも運の悪いことにその容疑者として指名手配されてしまい、ブライアンは心ならずも警察から逃げ回るハメに。
 窮地に陥ったブライアンは、最愛の娘キムの身を案じつつ、自らを罠にはめた黒幕の正体を暴き、レノーアの仇をとるべく行動を開始するが。(「allcinema」より)


 「96時間」「96時間 リベンジ」に続くシリーズ第3弾にて最終作と言われる作品。

 リーアム・ニーソン演じる、元CIA工作員のブライアン・ミルズが三度娘を守るために大暴れする。

 しかし、本作の事件の始まりは、元妻のレノーアがブライアンの自宅で殺されるという衝撃的なもの。

 更に、その容疑者とされるのはブライアン。

 かくしてブライアンは、警察から追われる破目になるのだが、レノーアを殺し、自分をはめた真犯人を見つけ出すために行動を開始する。


 ブライアンは犯人の鍵となるものを見つけるのが早く、物語もサクサクとスピーディに進んでいくので、飽きることなく観られるが、ちょっと雑だなと思ってしまうところもあるかな。

 ブライアンの無敵ぶりは変わらぬところであるので、ピンチになりそうなところでも、妙に安心して見られる。


 元妻が殺されるという意外な展開から始まる本作であるが、その真犯人もシリーズものとしては意外な人物だったかな。
 確かこの犯人、前作にも出ていたと思うのだが。

 相変わらず大暴れするブライアンであるが、これだけやっても、やっぱりお咎め無しということになるのか。


 面白い作品ではあったが、さすがにシリーズとしては、少々尻すぼみ感は拭えないかなという印象。
 邦題の「96時間」も関係なくなっているので、ここでシリーズ終了というのは、ちょうどいいのかもしれないな。

/5

監督:オリヴィエ・メガトン
出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、フォレスト・ウィテカー、ダグレイ・スコット
    サム・スプルエル、リーランド・オーサー、ジョン・グリース、ダイラン・ブルーノ、アンドリュー・ハワード
於:TOHOシネマズ日劇

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 96時間/レクイエム

    Excerpt: 最終章もテンポよくて面白かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-06-15 00:24
  • 96時間/レクイエム

    Excerpt: 【概略】 元CIA工作員・ブライアンは、幸せな暮らしを取り戻そうとした矢先、元妻・レノーアを何者かに殺害される。さらに彼に殺害容疑が掛かり…。 アクション 元妻との元鞘を夢見ていたブ.. Weblog: いやいやえん racked: 2015-06-29 09:00
  • 「96時間/レクイエム」 このシリーズの良さが出せてない

    Excerpt: リーアム・ニーソンの「96時間」シリーズの3作目です。 1作目も2作目も好きだっ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2015-06-29 21:54
  • 映画評「96時間/レクイエム」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2014年フランス映画 監督オリヴィエ・メガトン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2015-11-22 08:51