CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-006「チェイス!」(インド)

<<   作成日時 : 2015/04/19 01:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

運命を記さんがため、いざ、今日行かん
 シカゴで金庫破り事件が連続して発生。変幻自在の黒いハイテクバイクで逃走する犯人に手も足も出ないシカゴ警察。
 現場に残されたメッセージから、犯人をインド系と確信した彼らは、インドNo.1の刑事と言われるジャイとアリに捜査協力を依頼し、シカゴへと招聘する。
 こうしてシカゴに降り立ったジャイとアリは、さっそく独自のスタイルで捜査を開始するが。(「allcinema」より)


 子供の頃、父親を破産に追いやり、しいては自殺に追いやった銀行に復讐するため、襲撃を繰り返す男と、インドから派遣された刑事たちとの追跡劇を描いたクライム・アクション。


 サヒールは、父が失ったサーカス団を再建し、興行を行うかたわら、父を死に追いやった銀行への復讐のため襲撃を繰り返す。

 銀行襲撃シーンよりも、襲撃後の逃走劇がメインに描かれており、サヒールはバイクを駆使して逃走するが、その逃走シーンがド派手なものとなっている。

 路上でのシーンはもちろん、空中や海中まで。

 サヒールの乗るバイクは変形するもので、ほとんど水陸両用である。


 そんなサヒールを逮捕するべく、インドから呼び寄せられたのが刑事のジャイと相棒のアリ。

 なかなか頭のきれるジャイであるが、あと一歩のところでサヒールを逃してしまう。

 サヒールがまんまと逃げおおせる理由には大きな秘密が隠されている。
 
 その秘密というのは、彼らが行っている興行にも繋がるものであるが、大サーカスと謳ってはいるが、どちらかと言うと、イリュージョン・ショーである。
 「プレステージ」でも少し触れられていたような、イリュージョンに対してつい疑ってしまうような秘密である。


 そんな秘密が明らかになってからの後半は、グッと人間ドラマの方に傾いていく。

 これまで影の存在となっていた男が、日の当たる場所へ出ようとする展開、そして家族の絆や恋物語など。

 そんな中で、最後の銀行への襲撃が敢行される。


 人間ドラマの行き着く先も気になるものであったが、警察と対決することになる銀行襲撃の顛末も気になる。

 いわゆるトリックが得意な男ということで、最後はアッと言わせるような結末になるのでは、と期待してしまうが、逆に最後は、再び人情的なもので終わっていたな。


 インド映画ではあるが、舞台はシカゴで、シカゴの街中を疾走するバイクでの激しい追跡、逃走劇がふんだんに織り込まれる。

 インド映画らしい、歌とダンスもあるが、そこは今まで観たものとは一味違うようなところがあったな。
 主人公のサヒール演じたアーミル・カーンがあまり歌わなかったな。


 原題が「DHOOM: 3」ということで、「3」というのがちょっと気になったが、やっぱり続編、シリーズとしては3作目であったらしい。

 ただ、このシリーズというのが、刑事のジャイとアリの警察官コンビが難事件に挑むというもので、シリーズとしては、ジャイとアリが主人公であるが、本作での主人公は、やっぱりサヒール、そしてもう一人だったな。


 バイクを使った逃走劇は、ちょっとイリュージョンっぽいところもあり、ドラマ部分と含めて、楽しめるエンターテインメントであった。

/5

監督:ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ
出演:アーミル・カーン、カトリーナ・カイフ、アビシェーク・バッチャン、ウダイ・チョープラー、タブレット・ベセル
於:TOHOシネマズみゆき座
ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 チェイス! 光沢プリント
写真フォトスタンド APOLLO


Amazonアソシエイト by ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 チェイス! 光沢プリント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-006「チェイス!」(インド) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる