14-087「THE NEXT GENERATION -パトレイバー- 第1章」(日本)

エピソード0「栄光の特車2課」
エピソード1「三代目出動せよ」
あの栄光の日々は何処やら
 ロボットテクノロジーの発達によって登場した汎用人間型作業機械“レイバー”は急速に発展、普及し、軍事、民生を問わずあらゆる分野で使用されるようになった。
 そして月日は流れ、長期的不況により、手間と費用のかかるレイバーはお払い箱になっていた。
 これにより、特車二課第一小隊は解散。第二小隊はレイバー運用経験の継続という名目のもと、辛うじて存続している状況だった。そんな時代に取り残されたように、特車二課配備のレイバー“98式イングラム”だけは栄光の初代、無個性の二代目、無能の三代目と引き継がれていった。
 そして、特車二課存続問題すら浮上する今日、動かせば壊れる無用の長物“98式イングラム”と共に、“三代目”特車二課は“待機”という名の怠惰な日々を送っていた。
 そこへ飛び込んできた久しぶりの出動要請に色めき立つ隊員たち。工業用レイバー“クラタス”を相手に見事、華々しい成果を挙げることができるのか!? (「KINENOTE」より)


 「機動警察パトレイバー」というのは耳にしたことはあるのだが、これまで観たことは無し。

 どうやらアニメでTV放映、劇場公開されていたようだが、完全実写化したシリーズの第1弾が本作。

 総監督にアニメでも監督にあたっていた、「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0」の押井守。
 「アサルトガールズ」など、実写にあたっては、あまり評価の高くない押井守監督であるが、本作はどうなんだろうな。
 正直観るまで監督が誰かは知らなかったのだが。

 シリーズは第7章まであり、更にその後長編が公開されるという予定らしい。


 この第1章は、「エピソード0」と「エピソード1」から成っており、「エピソード0」は今や無用の存在ともいえるレイバーを整備する日々を送っている特車2課の、創設時から在籍する整備班の班長、シバシゲオが、特車2課の歴史を語ることに終始している。

 このシバシゲオの話によって、これまでの歴史とこれから始まるストーリーを説明するような形になっており、一応以前の作品を知らなくても、話が判るようになっているかな。

 その「エピソード0」によって説明され、「エピソード1」から本作が始まるという感じである。

 まだ最初の話ということで、登場人物の紹介、現在の特車2課の日々の業務などを説明するような話になっており、それ程深い話になっているわけではなかったな。

 レイバーに関しても軽く説明されていたが、要は人間が搭乗して動かす二足歩行ロボットのことである。

 CG映像などを多用する昨今、本作はほとんどCGを使っていなかったような感じがするな。

 レイバー、98式イングラムもほとんど実際に作られたもののようで、それを整備員たちが動かすのも、本当に実写だった。

 無用の長物化してしまった特車2課の日々を映し出した話であるが、やたらとコミカルなシーンが多い話だったな。
 
 戦闘シーンというのも無いので、何となくゆるい雰囲気だった。

 それなりに笑えて、面白い作品ではあったが、それぞれのキャラの掘り下げや、話が展開していくのはこれからだなという印象である。

 「エピソード0」で話をしていた整備班長のシバシゲオ。
 あまりよく知らない俳優だなと思っていたら、千葉繁だったんだ。

 アニメでもシバシゲオの声を担当していたようだが、やっぱり千葉繁といえば、「うる星やつら」のメガネだな。

 もちろん声優だけでしか知らず、劇中の台詞回しもメガネの時とはまた違った感じであったが、最後に「第2章」の予告が流れ、そのナレーションは正にメガネだったな。

/5

監督:押井守
出演:真野恵里菜、福士誠治、太田莉菜、堀本能礼、田尻茂一、しおつかこうへい、藤木義勝、千葉繁、筧利夫
於:シネマサンシャイン池袋
THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [DVD]
Happinet(SB)(D)
2014-04-26


Amazonアソシエイト by THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック