14-008「ブリングリング」(アメリカ・フランス・イギリス・日本・ドイツ)

アメリカは〝ボニーとクライド〟的悪に弱いからね 
 セレブなハリウッド・スターに憧れる少女ニッキーは妹のサムと共に、学校に行かず母親の自宅授業を受けている。
 一方、新しい学校に転入したばかりのマークは、おしゃれやブランドが好きな少女レベッカと意気投合、マークにとっての初めての親友が出来る。
 ある日、パリス・ヒルトンがラスヴェガスでパーティをすると知ったマークとレベッカは、ネットで彼女の自宅を調べてその豪邸への侵入を試みる。やがて2人にレベッカの友人クロエとニッキー、サムの姉妹が加わる。
 以来、5人はネットでセレブの動向をチェックしては、その留守宅に侵入し、高価な品々を易々と盗み出していくのだったが。(「allcinema」より)


 「マリー・アントワネット」「SOMEWHERE」等のソフィア・コッポラ監督の最新作。

 2008年~09年にロサンゼルスの高級住宅街で実際にあった、10代の少女たちがセレブたちの豪邸に侵入し、窃盗を重ねた事件を題材にした作品。

 犯罪ドラマというよりは、青春ドラマの味わいの方が強い作品である。

 1年間の休学を経て、新しい学校に転入したマークは、周囲の生徒からバカにされていたが、ブランド好きの少女レベッカと意気投合する。

 レベッカの提案で、旅行中の知り合いの邸宅に侵入した二人は、その後不在中のセレブの邸宅の住所を調べては、侵入する。

 やがてレベッカの知り合いであるニッキーやクロエたちも加わり、5人は次々とセレブの邸宅に侵入しては、高価なものを盗み出していく。

 レベッカたちは、犯罪だとは多少判っていても、そんなに深く考えていない様子で、ただセレブの家に行ってみたい、高価なブランドの服が欲しい、という気持ちで邸宅に侵入していく。

 それにしても、驚きなのは、そんなセレブの大邸宅の警備の甘さである。
 警備の意識の低さもあるのか、鍵をかけ忘れていたり、鍵をすぐに見つかるようなところに置いていたり。

 パリス・ヒルトンの邸宅も侵入されているが、それも5回、8回と。

 実際に被害者であるパリス・ヒルトンも少し登場しており、更にレベッカたちが何度も侵入する彼女の邸宅は、実際に彼女の自宅で撮影したらしい。
 あのクローゼット等の中も本物なのかな。
 驚きの中身である。

 レベッカたちは、セレブの家に侵入、ものを盗んだことを隠すこともせず、それをパーティで吹聴するし、写真を撮ってはフェイスブックにアップしたりする。

 2013年に日本でも話題になっていた、バカッター投稿を思い出させる行動である。

 なるべく彼女たちの心情を描き出していないのは、意識してのものかもしれないな。

 ある意味、本能の赴くままに侵入を繰り返す彼女たちの姿が主に描かれている感じである。

 青春の悩みなどを描いているわけでもないので、共感などしようところもなく、ある意味現代のティーンたちの怖さと脆さを描いたような作品になっている。

 事件発覚後の彼女たちの言動も驚きのものがあったりするが、それを煽り立てるのはマスコミのようである。

 感情の起伏に乏しい、レベッカたちの度を外したような行動を描いているだけのような作品であるが、驚きと呆れを充分感じさせる内容でもある。

/5 

監督:ソフィア・コッポラ
出演:エマ・ワトソン、ケイティ・チャン、クレア・ジュリアン、イズラエル・ブルサール
    タイッサ・ファーミガ、レスリー・マン、ギャヴィン・ロズデイル、ジョージア・ロック
於:シネ・リーブル池袋 
ブリングリング-オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル ミュージック
2013-12-04
サントラ


Amazonアソシエイト by ブリングリング-オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ブリングリング

    Excerpt: パリス・ヒルトンが自分大好きってのは、よく分かった Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2014-04-17 00:42
  • 「ブリングリング」 ユルい友達

    Excerpt: 若かった頃、自分たちの世代は「新人類」と呼ばれていました。 そのときの大人たちか Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2014-06-24 08:01