13-396「アフター・アース」(アメリカ)

恐怖は未来への希望から生まれる 
 西暦3072年。人類はとうの昔に地球を離れ、別の惑星に移住していた。伝説の兵士サイファと、そんな優秀な父に憧れながらもわだかまりを抱える息子キタイ。
 ある時、サイファは妻の勧めで宇宙遠征の任務にキタイを同行させる。ところが途中で宇宙船がトラブルに巻き込まれ、見知らぬ惑星に不時着してしまう。しかも救援を要請する緊急シグナル“ビーコン”は機体から遥か離れた地点に落下してしまっていた。
 しかし生存者は彼ら2人だけ。おまけにサイファは重傷を負って動くことができない。そこでキタイがビーコン探索へと向かうことに。
 そんな息子に対し、サイファは衝撃の事実を告げる。ここはなんと、人類が1000年前に捨てた後も、人類を抹消するための進化を連綿と続けてきた危険極まりない星、地球だったのだ。
 こうしてキタイはサイファの指示を頼りに、危険な緑の大地へと飛び込んでいくのだったが。(「allcinema」より)


 ウィル・スミス、ジェイデン・スミス親子が「幸せのちから」以来の共演のSFアクション。

 この二人の共演が注目されるような感じであったが、監督は「シックス・センス」で名を馳せたM・ナイト・シャマラン。

 その後「レディ・イン・ザ・ウォーター」「ハプニング」など、何かとファンタジックなサスペンスを撮り続けていたが、「エアベンダー」でちょっと方向転換したのかな。
 と言うより、新たなジャンルを模索しているのかも。

 いずれにしても、シャマラン作品の割りに、シャマランの名がそれ程前に出ていなかったな、という印象。

 本作で前面に押し出されていたのは、ジェイデン・スミスだったな。

 作品中でも親子である、ウィル・スミス演じるサイファと、ジェイデン・スミス演じるキタイ。

 伝説の兵士であるサイファに対し、その父親に憧れながらも、どこかわだかまりを持つキタイは、父親とうまく接することができずに、距離を置いていた。

 そんな二人が乗った宇宙船が探査の途中でトラブルに遭い墜落。
 生き残ったのは、サイファとキタイだけという都合のいい展開となるが、サイファは重傷を負い、動けなくなる。

 そこで、キタイが父親と自分の危機を救うため、たった一人で不時着した惑星に降り立ち、緊急シグナルを探しにいこうとする。

 不時着した惑星が、実は地球で、危険な場所へと変貌しており、そんな中でキタイが命をも賭した使命に踏み出す。

 まさか、本当にサイファは動かないという役で、全てをキタイがこなしていくとは思わなかったな。

 一応父親と息子の関係から、息子の冒険を通しての成長を描いているようであるが、最後にはそんな成長というものも越えたような結末になる。

 本作は2014年のラジー賞(最低映画賞)にノミネートされ、ジェイデン・スミスとウィル・スミスが最低主演男優賞と助演男優賞を受賞してしまったらしい。

 まあ、舞台が地球だということにそれ程意味があったとは思えないが、危険な場所となったその地球で、幾つもの危険な目に遭いながら、何とかそれを克服していく展開は、SFアクションとしてはまずまず楽しめたかな。

/5

監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ウィル・スミス、ジェイデン・スミス、ソフィー・オコネドー、ゾーイ・イザベラ・クラヴィッツ、リンカーン・ルイス
    サッシャ・ダーワン、クリス・ギア、イザベル・ファーマン、クリストファー・ヒヴュ、デヴィッド・デンマン
於:新宿ピカデリー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アフター・アース

    Excerpt: ウィル・スミスが自らの原案を元に、ジェイデン・スミスとの親子共演で贈るSFアクション大作…ってかこれお金かけたホームビデオじゃんか!しかも監督がM・ナイト・シャマランってどういうことよ。全然知.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-03-19 08:42
  • アフター・アース

    Excerpt: 劇場版、はじめてのおつかい!お父さんに代わってビーコンを取りに行くの巻 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2014-03-23 23:57
  • 「アフター・アース」 「危険」と「恐怖」

    Excerpt: この映画、「シックスセンス」のM・ナイト・シャマラン監督の作品なのですが、予告で Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2014-06-24 10:00