13-339「マラヴィータ」(アメリカ・フランス)

我々の行く先々でスーパーが爆発する 
 フランス・ノルマンディ地方の田舎町に引っ越してきたブレイク一家。
 一見ごく普通のアメリカ人家族と思いきや、主のフレッドはなんと元マフィアのボス。敵対するファミリーのボスを売ってFBIの保護証人プログラムを適用され、家族とともに世界各地を転々とする日々を送っていた。
 監視役のFBI捜査官スタンスフィールドから地元コミュニティに溶け込めと忠告されるも、ついつい悪目立ちしてしまうフレッド。おまけに妻と2人の子どもたちもかなりのトラブルメイカー。
 そんな彼らの潜伏場所が仇敵にバレるのは時間の問題。ほどなく一家のもとには、フレッドの首を狙う完全武装の殺し屋軍団が送り込まれてくるのだったが。(「allcinema」より)


 敵対するマフィアのボスを売り、今はFBIの証人保護プログラムを適用され、偽名を使いながら世界各地を転々とした生活をしているブレイク一家。

 そんな彼らの今度の生活地はフランスのノルマンディ地方の田舎町。

 今度こそおとなしく、地元に溶け込むよう担当FBIのスタンフィールドに注意を受けるフレッドであるが、そこは元マフィア。
 ついつい昔の血がうずいて、言葉のはしばし、行動にも元マフィアが見え隠れしてしまう。

 更に妻のマギー、娘のベル、息子のウォレンも一筋縄ではいかない人物たちである。

 そんな彼らが町で起こすトラブルをコミカルな要素を取り入れながら描き、更にフレッドに怨みを持つマフィアのボスが彼らを追跡する様を描いたバイオレンス・コメディ。

 監督は「レオン」「アンジェラ」などのリュック・ベッソン。
 監督作は「アデル ファラオと復活の秘薬」以来の鑑賞だな。

 いつものリュック・ベッソン作品とはちょっと違って、本作は製作総指揮に「ディパーテッド」「ヒューゴの不思議な発明」のマーティン・スコセッシがあたっており、更に主役のフレッドを演じるのは「タクシードライバー」「レイジング・ブル」でスコセッシ作品に出ているロバート・デ・ニーロ。

 作中、街で行われる映画上映会に、作家だと騙って招待されたフレッドであるが、手違いで送られてきたフィルムが、「グッドフェローズ」 
 これは正しくスコセッシ&デ・ニーロ作品で、それをデ・ニーロが鑑賞しているということ。
 そして、この作品を鑑賞し、更に作品について語る時のフレッドの活き活きとした顔。
 やっぱり、昔の血が騒ぐというところか。

 そんなフレッドに対し、妻のマギーは街で気に入らないことがあると、爆破してしまい、娘のベルは可愛い顔に似合わず、強烈なことをする。
 ウォレンは腕っ節はからきしのようであるが、裏で学校を取り仕切っていく。

 そんな彼らの町で巻き起こす騒動をコミカルに描いていくが、クライマックスは敵対するボスが送り込んだ刺客たちがブレイク一家に迫り来るというもの。

 クライマックス、そんな刺客たちをブレイク一家がどのように対峙するのか興味があった。
 それぞれ一癖ある家族たちが、どのような手段で対抗するのだろう、と思っていたのだが、意外とその対処は普通のものだったな。

 まあ高校生の女の子や男の子が銃火器をぶっ放すというのは普通じゃないだろうが、それでも期待していたような展開でなかったのが残念だった。

 案外普通のガン・バトルという感じのクライマックスで終わってしまった作品だったが、それまでのブレイク一家に起こる出来事にはコミカルな部分もあり、面白い作品ではあったな。

 娘のベルを演じたディアナ・アグロンは人気TVドラマ「glee/グリー」で有名らしいが、それでも観たことあるなと思ったら、「アイ・アム・ナンバー4」「HUNTERS ハンターズ」に出ていたんだな。

 最初は「エンジェル ウォーズ」に出ているエミリー・ブラウニングと間違っていたな。

/5

監督:リュック・ベッソン
出演:ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズ、ディアナ・アグロン、ジョン・ディレオ
    ジミー・パルンボ、ドメニク・ランバルドッツィ、ヴィンセント・パストーレ、スタン・カープ、ジョン・フレダ
於:TOHOシネマズ シャンテ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マラヴィータ

    Excerpt: コミカルで面白いし、ダイアナ・アグロン綺麗やしで満足な一本。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2014-02-03 00:34
  • マラヴィータ

    Excerpt: 【概略】 フレッド・ブレイクは泣く子も黙る元マフィアで、家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、偽名を名乗って世界各地の隠れ家を転々としてきた。そんなワケあり一家はノルマンディーのコミュニ.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-11-23 09:06