13-220「HK/変態仮面」(日本)

そんな屈辱にエクスタシー! 
 紅游高校拳法部員の色丞狂介は、刑事だった父親の血を受け継ぐ正義感あふれる青年。
 転校生のお嬢様・姫野愛子に一目惚れした彼だったが、ある時、銀行強盗に巻き込まれた愛子を救おうと覆面をして変装するはずが間違って女性用パンティを被ってしまう。
 すると、ドMの父とドSの女王様だった母から受け継いだ変態の血が覚醒し、潜在能力を極限まで引き出すことができる超人“変態仮面”に変身したのだった。
 それは決して誰からも賞賛されないヒーローだが、狂介はそこに悪者がいる限り、パンティを被り、変態仮面へと変身する。(「allcinema」より)


 「週刊少年ジャンプ」に連載されていた、あんど慶周のコミックを実写映画化した作品。
 コミックのことは全く知らなかったな。

 気弱な高校生が、パンティを被ることにより覚醒し、正義の変態仮面となって活躍する一風変わったヒーロー・アクション。

 刑事であり、ドMの父親と、SM嬢でドSの母親の間に産まれた色丞狂介は、気弱な高校生であったが、ある日転校してきたお嬢様、姫野愛子に一目惚れ。

 その愛子が銀行強盗に巻き込まれ、人質となってしまい、狂介は彼女を助け出そうと、銀行に侵入。
 覆面をしようとして間違って被ってしまったのが女性用パンティ。

 その瞬間変態の血が覚醒し、超人的力を持つ変態仮面となる。

 その変態仮面のコスチュームも変態ぶりを表している。
 かなり食い込んだハイレグである。

 「それは私のお稲荷さんだ」

 と決め台詞っぽいものがあるが、笑ってしまうやら、ちょっと恥ずかしいやら。

 助けられた愛子は、何故か変態仮面に恋をし、真実を語れない狂介は思い悩む。

 そんな二人のいる学園を制覇しようとする空手部主将、大金玉男が、変態仮面を倒そうと次々と刺客を送り出してくる。

 刺客の中に、佐藤二朗演じる、マジメ仮面というのが登場し、その動きがまた面白かったが、変態仮面の敵としてかなり存在感を示し、最大の敵となるのが、ニセの変態仮面だったな。

 その変態ぶりは、卑屈さも相俟ってかなりのもの。

 パンティを表裏逆にして被ることや、大事な部分を極度に股間に押し込めることによって受ける屈辱のエクスタシーを、血管切れそうな程熱弁する様子、これは変態を超えて笑わされたな。

 学園を舞台にした、ちょっと青春モノっぽいところもあるが、そんな純情をはるかに越えた変態ぶりを、真面目っぽく正義のヒーローものとして仕立てているのが非常に面白い作品だった。

 色丞狂介、変態仮面を演じた鈴木亮平ってよく知らなかったが、「シュアリー・サムデイ」「コドモ警察」などに出ていたんだな。
 あまりよく憶えていなかったが、本作で演じたインパクトで忘れられない俳優になったな。

/5

監督:福田雄一
出演:鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ、安田顕、佐藤二朗
    池田成志、塚本高史、岡田義徳、大東駿介、片瀬那奈
於:新宿バルト9
HK変態仮面オリジナル・サウンドトラック
タワーレコード
2013-07-24
瀬川英史


Amazonアソシエイト by HK変態仮面オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • HK/変態仮面

    Excerpt: 馬鹿馬鹿しいながらも爆笑したわ。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-10-07 01:19
  • HK/変態仮面

    Excerpt: 借りるのに勇気がいった~(嘘。全く平気ですよん)少年ジャンプで昔連載してた漫画「究極!!変態仮面」の実写化。なつかしいよねー変態仮面。 いやぁ意外と面白かったですよ。エンタメですよ。ただ、漫.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-10-07 08:50
  • 映画評「HK/変態仮面」

    Excerpt: ☆☆(4点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・福田雄一 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-03-05 08:17