13-054「リンカーン」(アメリカ)

我々は時代に合った人間か? 
 南北戦争末期。国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、戦況は北軍に傾きつつあったが、いまだ多くの若者の血が流れ続けていた。
 再選を果たし、任期2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーンは、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条の成立に向け、いよいよ本格的な多数派工作に乗り出す。
 しかし修正案の成立にこだわれば、戦争の終結は先延ばししなければならなくなってしまう。
 一方家庭でも、子どもの死などで心に傷を抱える妻メアリーとの口論は絶えず、正義感あふれる長男ロバートの北軍入隊を、自らの願いとは裏腹に黙って見届けることしかできない歯がゆさにも苦悩を深めていく。
 そんな中、あらゆる手を尽くして反対派議員の切り崩しに奔走するリンカーンだったが。(「allcinema」より)

 
 昨年「リンカーン/秘密の書」という虚実織り交ぜ作られたホラー・アクションが公開されたが、本作は基本的にはリンカーン大統領に関する史実を描いた伝記ドラマ。

 ただ描かれているのは、南北戦争末期、奴隷制度撤廃を含めた憲法修正第13条の法案の採決に至るまでの、およそ1ヶ月の間のことである。

 激化する戦争で多くの命が失われることに心を痛めつつ、修正法案可決のために奔走し、更に妻や息子の言動にも苦悩する、第16代大統領エイブラハム・リンカーンの姿が描かれる。

 個人的には、もっとリンカーン大統領の演説などを聞いてみたかったのだが、意外と演説シーンは少なかったな。

 かの有名な「人民の、人民による、人民のための~」に至っては、冒頭のシーンで一人の黒人伍長が口にするだけであったし。

 そして法案可決のために必要な票を集めるために要した作戦は、必ずしも綺麗なものでもなかったな、という印象。

 もう少し、リンカーンが奴隷制度を撤廃することに心血を注ぐ、その理由などをハッキリ示すようなシーンも欲しかった気がする。

 それでも、戦争によって若者たちが命を落としていくことへの苦痛や、家族に対する接し方の難しさを感じるところ。
 それに、奴隷制撤廃のための法案を可決させるために閣僚たちや議員たちを説き伏せ、叱咤する姿には、惹き込まれるものがある。

 時折披露する逸話もなかなか良かった。

 クライマックスとなる、下院議会での採決シーンは、ちょっと緊迫感があったな。

 リンカーンを演じたのは、本作で3度目のアカデミー主演男優賞を獲得したダニエル・デイ=ルイス。
 リンカーン大統領はかくもあらんや、という演技で、さすがに上手いな、という印象。

 150分という作品だったが、途中ダレることなく観られたのは、スピルバーグ監督の腕前というところか。

 ただ分裂しかけている国をまとめるだけでなく、将来生まれてくる人々のために、奴隷制を撤廃しようとするリンカーン大統領の意思、行動には惹き込まれるところのある作品だった。

 願わくば、それをもっと人々に伝えるシーンがあれば、更に判りやすかったのになと思う。

/5

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ
    デヴィッド・ストラザーン、ジェームズ・スペイダー、ハル・ホルブルック、ジョン・ホークス
    ジャッキー・アール・ヘイリー、ブルース・マッギル、ティム・ブレイク・ネルソン、ジョセフ・クロス
於:TOHOシネマズ日劇
Lincoln
Sony Classics
2012-11-06
Soundtrack


Amazonアソシエイト by Lincoln の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「リンカーン」 理想高きリアリスト

    Excerpt: リンカーンと聞くと、まず思い浮かぶのが有名なゲティスバーグ演説です。 「人民の、 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2013-05-06 10:21
  • 『リンカーン』 大統領は本当は弱い

    Excerpt:  「世論、民意に従うのが本当の政治ではない。」  小峰隆夫氏のこの言葉は印象的だ。  民意を汲み取らずして、何の民主主義だろう。  そう突っ込みたくなるかもしれないが、そも民主主義なる用語は誤訳.. Weblog: 映画のブログ racked: 2013-05-06 18:48
  • リンカーン

    Excerpt: リンカーンと言えば、奴隷解放宣言が思い出されるわけですが、この時代にこの法案を通すことがどれ程困難な作業であったかを伝える作品だと思います。時代の指導者だった彼が、どのように悩み、決断し、法案.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-11-02 09:07