13-068「ラストスタンド」(アメリカ)

この町を通るのは、我々の問題だ 
 元ロサンジェルス市警のエリート刑事レイ・オーウェンズ。現在は第一線を退き、のどかな国境の町ソマートンで保安官として静かな日々を送っていた。
 そんなある日、麻薬王にして警官殺しの凶悪犯コルテスが、軍隊並みの兵力を有する仲間の援護で脱走に成功、そのまま猛スピードでメキシコ国境へと向かう。
 その知らせを受けたオーウェンズはにわかに現役時代の闘志を呼び覚まし、なんとしてもコルテスとその一味の逃亡をこの街で食い止めると決意する。
 しかしFBIの応援はとても間に合わない。しかも手元にある武器は銃器オタクが所有する第二次大戦のコレクションだけ。
 それでもオーウェンズは副保安官らわずか4人の仲間と共に、大量の最新鋭武器を備えたコルテス軍団に果敢に立ち向かっていくのだった。(「allcinema」より)


 「エクスペンダブルズ」ではちょいと登場し、「エクスペンダブルズ2」では、その登場シーンが多くなっていたアーノルド・シュワルツェネッガーが「ターミネーター3」以来、10年ぶりの主演となる作品。

 麻薬王の凶悪犯コルテスが、護送中に脱走、猛スピードでメキシコへと向かう中で、メキシコ国境の町ソマートンで保安官をしているオーウェンズは、コルテスの逃亡を止めるべく、副保安官ら4人の仲間だけで、コルテスとその仲間に立ち向かう。

 FBIが翻弄されている脱獄犯と最新鋭武器を携える仲間たちに対し、旧い銃器だけで、しかもたった5人で立ち向かわなければならないという設定は、どうしても惹き込まれてしまう。

 しかも、彼らが突破されると、コルテスはメキシコへ逃がしてしまうことになるということで、オーウェンズたちが最後の砦となる。

 監督が「悪魔を見た」「グッド・バッド・ウィアード」のキム・ジウンということだが、何となく雰囲気的には「グッド・バッド・ウィアード」に似たものがあったな。

 オーウェンズはかつてはロスで麻薬取締組織に所属していたという腕利きであるが、他の仲間は銃をまともに撃ったこともない副保安官や銃器オタクの民間人だったり。

 そんなわけで、結構彼らのコミカルな人柄もよく表していたり、決死の銃撃戦が起ころうかという町で、住民が意外とのんびりしていたりと、ちょくちょく出てくるユーモアさということろが、「グッド・バッド・ウィアード」に似ていたな。

 正直言うと、コルテスとその一味の逃亡に関しても、そんなに頭脳を使っているような感じではなく、力技に任せている部分も多い。

 クライマックスの大銃撃バトルとなるシーンも、思っていたほどの激しい展開という印象ではなかったな。

 もちろん生死を賭けた対決だけに、緊迫した展開にはなるが、先にも述べたようにちょっとコミカルなシーンを幾つか挿入しており、いい意味で緊張を緩和していたな。

 色々な部分で出来すぎな話ではあるが、アクション・エンターテインメントとして楽しめる作品だった。

 オーウェンズを演じたシュワルツェネッガーであるが、単なる肉体派ではなく、色々な経験を積んだ老練であり、ちょっと人間臭さもある男を演じて、いい感じの役柄だったな。

/5

監督:キム・ジウン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィテカー、ジョニー・ノックスビル
    ロドリゴ・サントロ、ジェイミー・アレクサンダー、ルイス・ガスマン
    エドゥアルド・ノリエガ、ピーター・ストーメア、ザック・ギルフォード、ジェネシス・ロドリゲス
於:池袋シネマ・ロサ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ラストスタンド

    Excerpt: 『ジャッキー・コーガン』がつまんなかった分、こっちは期待以上の面白さで満足。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-05-19 01:49
  • 「ラストスタンド」 ザ・シュワルツェネッガー、王道のアクション映画

    Excerpt: アーノルド・シュワルツェネッガーが、カルフォルニア州知事から俳優に復帰してからの Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2013-05-19 17:34
  • 『ラストスタンド』 名ゼリフはこれだ!

    Excerpt:  町の通りで対峙する悪漢たちと保安官。とうぜん保安官は多勢に無勢。  それでも保安官は一歩も引かず、銃を構えて悪漢たちに立ち向かう。  西部劇でお馴染みのこのシチュエーションを現代に再現する。そ... Weblog: 映画のブログ racked: 2013-05-20 23:33
  • ラストスタンド

    Excerpt: おかえりなさい!というのがまず最初に思ったこと。映画としては王道でキレキレもムキムキもないのですけど、アクション俳優として枯れてはいないシュワちゃんを見ることができました。勿論老いは色々と感じ.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-11-04 11:22