13-043「ジャッジ・ドレッド」(イギリス・南アフリカ)

彼女は法ではない、俺が法だ 
 核戦争で荒廃した近未来のアメリカ。東海岸一帯に広がる唯一の都市メガシティ・ワンは、超高層ビル郡の中に多くの住民がひしめき、犯罪が多発していた。
 そんな崩壊寸前の街の治安を守るのが、警察機能と司法を兼ね備え、逮捕から判決、刑の執行までをも一手に引き受けるエリート司法官“ジャッジ”たちだった。
 その中でも圧倒的な戦闘能力と不屈の意志でトップに君臨するジャッジがドレッドだった。
 ある日、新米女性ジャッジ、アンダーソンの適性判断を任されたドレッドは、彼女を試験代わりに殺人事件現場へと連れ出す。
 そこは、冷酷非情な女ギャング“ママ”とその一味が支配し、200階建てアパートメントの各フロアに無数の犯罪者であふれる究極の無法地帯だった。(「allcinema」より)

 「ヒストリー・オブ・バイオレンス 愛と暴力の対立」の原作者でもあるジョン・ワグナーとカルロス・エスクエラが創作したという人気コミックを映画化したのが本作。

 一度シルベスター・スタローン主演で映画化されているが、昨今流行りのリブート作品ということで製作されたようだ。

 核戦争によって荒廃した近未来のアメリカの唯一の都市メガシティ・ワンで、多発する犯罪を取り締まり、警察官であり、裁判官であり、刑の執行人でもある司法官が〝ジャッジ〟たち。

 その中でトップにたつのが、ドレッド。

 そのドレッドは、特殊能力を持つ新米女性ジャッジ、アンダーソンの教育係兼適性判断役を任され、彼女を連れて犯罪現場へと乗り出す。

 そして悪の温床である、女ギャング、ママが支配する200階建ての超高層アパートメント、ピーチツリーで殺人があったと聞き、二人で現場に向かう。

 単純な殺人事件で、すぐに犯人を捕まえるドレッドたちであるが、犯人からある情報が漏れるのを恐れたママが、アパートメント封鎖し、ドレッドとアンダーソンの抹殺を指令する。

 封鎖された建物の中、わずか二人で、ママの配下にある悪党、その数75,000人と対峙することになる。

 何となく設定からすると、「ザ・レイド」を思い出させるような感じであったが、味方はたった二人で、相手は、本当にそれだけ居たのかは定かではないが、75,000人。
 そして200階建ての建物ということで、こちらの方がスケールは桁違いだった。

 犯罪を隠すためにジャッジたちを殺そうとする方法は、ちょっと直裁的過ぎて、もうちょっとスマートにことを運べばいいのにとも思ったが、まあそれなりにママの考えがあってのことだったんだろう。

 そんなママたちの攻撃は、ガトリング銃乱射したり、手榴弾投げ込んだりと、かなり大掛かりなもので、これで建物崩壊しないのか、とちょっと心配になったりもする。

 案の定、ママに加担する悪徳ジャッジたちもいて、ますますドレッドとアンダーソンは追い込まれていくが、ピンチのシーンは少なめで、緊張するシーンは少なめだったな。

 その分サクサクと話は進むので、飽きることなどない展開ではあったが。

 自らの心拍に爆弾を直結させたというママに対して、ドレッドが最後に取った行動も、それで大丈夫なのか、というものだったな。

 ドレッドを演じたカール・アーバンは「プリースト」「スター・トレック」などにも出演しており、名前も聞いたことはあるのだが、本作では作中ずっとヘルメットのようなものを装着して顔を見せなかった。
 どうも名前だけでは顔が思い出せないな。

 アンダーソンを演じたオリヴィア・サールビーは「JUNO/ジュノ」「抱きたいカンケイ」などに出演していた女優らしいが、その顔を見て思い出したのは「ダーケストアワー 消滅」だったな。

 スタローンの「ジャッジ・ドレッド」は、実は観ていないので何とも言えないが、本作はかなりB級的な要素の強いSFアクションだったな。

/5

監督:ピート・トラヴィス
出演:カール・アーバン、オリヴィア・サールビー、レナ・へディ、ウッド・ハリス
    ドーナル・グリーソン、ラングレー・カークウッド、ウォリック・グリア、ルーク・タイラー
於:渋谷TOEI
Dredd [DVD] [Import]


Amazonアソシエイト by Dredd [DVD] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「ジャッジ・ドレッド(2012)」 「北斗の拳」的な爽快感

    Excerpt: スタローンが主演した1995年の「ジャッジ・ドレッド」はとっても残念な出来でした Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2013-04-29 08:44
  • ジャッジ・ドレッド

    Excerpt: オリヴィア・サールビーに萌えた。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-04-30 01:00
  • 【映画】ジャッジ・ドレッド

    Excerpt: <ジャッジ・ドレッド を観ました> ジャッジメントタ~イム!!!法は俺が裁く! 原題:Dredd 3D 製作:2012年イギリス・南アフリカ合作 人気ブログランキングへ 「ザ・レイド」が好き.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2013-06-11 08:53
  • ジャッジ・ドレッド

    Excerpt: 近未来版「ザ・レイド」みたいな。 ドレッドは新人ジャッジ、アンダーソンと共に悪名高きギャング・ママ一味が支配する200階建高層ビルへと乗り込む。しかし、ママはビルを完全シャットダウンし、全住.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-07-05 09:33
  • 映画評「ジャッジ・ドレッド」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2012年イギリス=南ア=アメリカ=インド合作映画 監督ピート・トラヴィス ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2014-03-16 10:21