12-196「デンジャラス・ラン」(アメリカ)

おまえはグラスの中に最上を求めている 
 南アフリカにあるCIAの極秘施設“隠れ家(セーフハウス)”。その管理を任された新米職員のマットは、退屈な仕事に不満を募らせていた。
 そんなある日、凶悪犯トビン・フロストが連行されてくる。かつてはCIA史上最高のエージェントと評された、CIAが最も恐れる裏切り者。
 ところが彼を収容して間もなく、トップシークレットのはずの隠れ家が武装集団に襲われ、壊滅状態に。
 フロストから決断を迫られたマットは、彼を連れて隠れ家から脱出することを決断。敵の正体も分からぬまま、たった一人でフロストを守らなければならなくなったマット。
 しかも逃亡のチャンスを窺うフロストから巧みな心理戦を仕掛けられ、精神的にも追い込まれていくマットだったが。(「allcinema」より)

デンジャラス・ラン - goo 映画

 CIAの新米職員マットが任に着いている極秘施設〝隠れ家(セーフハウス)〟に、かつてCIAで働き、今は裏切り者となった凶悪犯トビン・フロストが連行されてくる。

 しかし、彼が隠れ家に連行されたとたん、正体不明の重装備をした男たちが乱入、隠れ家は壊滅状態となる。

 マットは相手が何者かも判らぬまま、トビン・フロストを連れて脱出、CIA本部と連絡を取りながら逃走するが、謎の集団に追われながら、更にトビン・フロストが仕掛けてくる心理戦に、精神的にも追い込まれていく。

 隠れ家、セーフハウスと言われる割には、それ程厳重設備には見えなかったし、次に連行しようとする隠れ家も、田舎にある普通の家という感じであり、どうもセーフハウスというイメージとは遠かったな。

 そんなセーフハウスで働くマットが、思わぬ事態に巻き込まれ、おそらくこれまで体験したことのなかったことに数多く遭遇することになる。

 それは、トビン・フロストと行動を共にすることになったがため。

 多分、これまで人を撃ったことはなかっただろうと思われるし、加えて人を殺すこともなかったであろうマット。

 32時間の逃亡の中で、多くの体験をするマットであるが、何よりトビン・フロストと一緒にいるということで、気持ちの面でも新たな経験、気持ちの変化を得た感じである。

 トビン・フロストを演じたのはデンゼル・ワシントンであるが、もう貫禄の演技という感じだったな。

 悪役を演じたのは、アカデミー主演男優賞を獲った「トレーニング デイ」「アメリカン・ギャングスター」など何作かあったが、本作でも世界36カ国で指名手配を受けている凶悪犯という割には、何となく正義の面も持ち合わせている風であった。

 冒頭、トビン・フロストが街中で、何者かに追われ、それを振り切ろうとするシーンや、隠れ家での銃撃戦からカー・チェイス等、アクションもふんだんであった。

 もうちょっと心理戦のようなものになるかと思ったが、CIAも絡んだ裏切りの展開というのは、サスペンスとしては普通の展開だったかな。

 果たしてマットが百戦錬磨のトビン・フロストを相手にし、謎の集団に命を狙われながらも、次の隠れ家へと連れていくことができるのか。

 そして彼は命も、またCIAとしての存在も無事なままでいられるのか、気になる展開の作品だった。

 ちょっと解決が直截的すぎる感じはしたが、全体的に惹き込まれる展開の作品だった。

/5

監督:ダニエル・エスピノーザ
出演:デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ、ブレンダン・グリーソン、サム・シェパード
    ルーベン・ブラデス、ノラ・アルネゼデール、ロバート・パトリック、リーアム・カニンガム、ジョエル・キナマン
於:TOHOシネマズ有楽座
Safe House [DVD]


Amazonアソシエイト by Safe House [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「デンジャラス・ラン」 こだわっていたのはリアリティかな?

    Excerpt: 長く姿を消していた元CIAの伝説のスパイがケープタウンに姿を現した。 そして彼を Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-09-17 18:45
  • デンジャラス・ラン

    Excerpt: 邦題はアレだけど、アクションは満足。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-09-17 19:07
  • 映画:デンジャラス・ラン

    Excerpt:  久々の映画記事です。どうしようか迷っていたのですが映画の日で1,000円だったのでデンジャラス・ランを見てきました。今年70作品めです! Weblog: よしなしごと racked: 2012-12-03 01:32
  • 【映画】デンジャラス・ラン

    Excerpt: <デンジャラス・ラン を観ました> 原題:Safe House 製作:2012年アメリカ 人気ブログランキングへ わー、出たーっ!デンゼル・ワシントン!! なんというか、ちょっと苦手。怖そうで.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2012-12-28 15:16
  • 映画『デンジャラス・ラン』を観て

    Excerpt: 12-75.デンジャラス・ラン■原題:Safe House■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■観賞日:9月17日、新宿バルト9(新宿三丁目) □監督:ダニエル・エ.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2013-01-03 22:23
  • デンジャラス・ラン

    Excerpt: 安心のデンゼル・ワシントン。でももじゃもじゃ。 物語は、新米のCIAエージェントと元CIAの収監者が、安全なはずの「Safe House」から正体不明の暗殺者たちから身を守るために逃行すると.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-01-20 09:59