12-129「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」(アメリカ)

どんなに長く一緒に過ごしても足りない 
 ヴァンパイアのエドワードとオオカミ族のジェイコブの間で揺れていたベラだったが、ついに最初の恋を貫き、エドワードと結ばれヴァンパイアになることを決意する。
 素晴らしい結婚式も執り行われ、エドワードと2人でハネムーンに旅立ったベラ。
 ところが、エドワードの子を宿したベラに異変が起きる。お腹の子が急速に成長しベラの命を脅かし始めたのだ。
 そして、その子供の存在はオオカミ族にも脅威を与え、ヴァンパイアとオオカミ族の対立に発展してしまう。(「allcinema」より)

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 - goo 映画

 「トワイライト ~初恋~」「ニュームーン トワイライト・サーガ」「エクリプス トワイライト・サーガ」と続いた「トワイライト・サーガ」のシリーズもいよいよクライマックス。

 本作で最終作かと思ったら、「ハリー・ポッターと死の秘宝」と同じく、商魂たくましく、2部作としての公開で、本作が前編となる。

 ついにベラとエドワードが結婚することとなり、序盤は二人の結婚式やハネムーンの様子などが映し出される。

 いまだ未練一杯のジェイコブが結婚式に現れ、ちょっとした小競り合いなどもあったりするが、概ね幸せな日々が映し出されており、序盤はラブ・ファンタジーの最高潮という感じである。

 ベラとエドワードが始めてメイク・ラブするシーンがあるが、「ダーク・シャドウ」のバーナバスまでとはいかずとも、かなりエドワードは激しかったよう。
 ヴァンパイアのメイク・ラブって、激しいのが通常なのか?

 そんな至福の日々を送っていた二人であったが、ベラに体調の変化が訪れ、妊娠したことが発覚する。

 人間とヴァンパイアの子を宿し、その成長の早さに衰弱していくベラ。

 更に協定を結んでいたオオカミ族も、その子供の脅威を感じ、エドワードを含むカレン一族を狙うようになる。

 緊張状態となるカレン一族とオオカミ族。
 そして衰弱して、命さえも脅かされるベラ。

 そんな中で、ジェイコブがどのような判断、行動をするのか。

 展開としては、とても興味深かったし、楽しめるものであった。

 何かと批判も多いこのシリーズであるが、エンターテインメントとしては充分な作品だと思う。

 オオカミ族の変身シーンから、その姿、襲って来るシーンは迫力あったし、衰弱していくベラが助かるのか、無事出産するのか、そしてベラを助けるために、エドワードはついにヴァンパイアに変身させるのか。

 なかなか予想のつきにくい展開であったことも良かったな。

 2部作の前編ということで、必ずしもエンディングを迎えているわけではないが、とりあえず一段落という感じで終わったな。

/5

監督:ビル・コンドン
出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー
    ビリー・バーク、ピーター・ファシネリ、エリザベス・リーサー、ケラン・ラッツ
    ニッキー・リード、ジャクソン・ラスボーン、アシュリー・グリーン、ブーブー・スチュワート
於:新宿ピカデリー
Twilight Saga: Breaking Dawn-Pt. 1
Atlantic
2011-11-14
Soundtrack


Amazonアソシエイト by Twilight Saga: Breaking Dawn-Pt. 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック