CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 11-331「うさぎドロップ」(日本)

<<   作成日時 : 2011/12/29 13:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

親になると、臆病になるんですね 
 27歳の河地ダイキチは、会社では部下からの信頼も厚い働き盛りの独身サラリーマン。
 ある日、祖父の葬式で、その祖父に隠し子がいたことが発覚。しかもわずか6歳の女の子だった。母親の行方も分からず、親戚一同が迷惑顔で、少女の引受先を決めあぐねているのを見て、思わず“自分が育てる”と宣言してしまうダイキチ。
 こうして血縁的には叔母となる6歳の少女・鹿賀りんとの奇妙な共同生活が始まった。
 しかし保育園のことさえ頭になかったダイキチ。どうにか一時保育先は確保したものの、数日としないうちに、これまで通りの仕事をこなしながらりんを育てることは到底できないと痛感する。
 その結果、子育てを始めて早々に、ある大きな決断を迫られることになるのだが。(「allcinema」より)

うさぎドロップ - goo 映画

 宇仁田ゆみの人気コミックを実写映画化した作品。ヒューマン・ドラマというところかな。

 27歳、独身サラリーマンの河地ダイキチが、ひょんなことから、祖父の隠し子、6歳ながらダイキチの叔母になる鹿賀りんを引き取ることになり、共同生活を始める。

 もちろん子育てなどしたことないダイキチが、慣れないことに右往左往しながらも、やがて家族として心を通わせていく様を描いている。

 祖父の葬儀で初めてりんに会ったダイキチが、親類の誰もが引き取るのを尻込みする姿を見て、つい自分が引き取ると言ってしまい、ちょっと後悔しながらも、りんのためにあれやこれやと行動する姿がコミカルに描かれる。

 そんな一生懸命なダイキチに対して、りんも徐々に心を開いていく。

 二人が心を通わせていくところで、幾つか問題が提起されるのだが、ダイキチのりんに対する気持ちがほとんど変わらなかったのは、意外だったかな。

 もっと邪険な気持ちも表されるのではないかと思ったが、徹頭徹尾、りんのことを考えており、本当の父親よりも愛情深かった。

 祖父の葬儀の後の親類の集まりで、実の子供であるダイキチたちがいながら、母親が言った言葉にはちょっと驚いたな。

 気持ちはよく判るし、実際子育ては大変だったろうが、それをあんな風に言うとは。

 りんが幼稚園で仲良くしているコウキの母親が、ダイキチが憧れるモデルであるという設定は、よくできた話ではあるが、そのモデル、二谷ゆかりを演じたのが香里奈であり、こんなお母さんというのは羨ましいな。

 主人公ダイキチを演じたのは松山ケンイチであり、りんを演じたのは芦田愛菜。

 天才子役として名高い芦田愛菜であるが、彼女の不安な表情が何とも言えず、もう10歳上なら、男殺しと言えそうな表情。

 これじゃ、守りたくなるよな。

 あんなことを言った、ダイキチの母親や父親、それに桐谷美玲演じる、妹のカズミがダイキチを大なり小なりサポートしていき、そこでも家族の絆を見せてくれる。

 クライマックスで、りんとコウキが二人でいる時近づいてきた綾野剛演じる、若い男がいかにも怪しげだったが、その正体はあっさり。

 なんだかんだ言って、りんの本当の母親を含めて、悪い人は出てこなかったな。

 突然家族となったダイキチとりんが、右往左往しながらも、本当の家族のように心を通わせていく様を、ちょっとコミカル・テイストに、そして爽やかな感じで描いており、意外と惹き込まれる作品だった。

+/5

監督:SABU
出演:松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ、佐藤瑠生亮、綾野剛、木村了、高畑淳子
   池脇千鶴、風吹ジュン、中村梅雀、秋野太作、木野花、根岸季衣、斎藤洋介、宮地雅子、及川ナオキ
於:新宿ピカデリー
うさぎドロップ [DVD]
Happinet(SB)(D)
2012-02-02


Amazonアソシエイト by うさぎドロップ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「うさぎドロップ」 子供との時間も、自分の時間だから
芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/12/29 13:42
うさぎドロップ
宇仁田ゆみの人気コミックスを「GANTZ」「ノルウェイの森」の松山ケンイチ とTV「Mother」「マルモのおきて」の芦田愛菜主演で実写映画化した ハートフル・ドラマ。 ひょんなことから亡き祖父の隠し子である少女を引き取ることになった 独身サラリーマンが、子育てとい… ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2012/01/01 18:40
映画:うさぎドロップ
 去年の夏頃公開された映画ですが、DVD発売直前に劇場で見てきました。と言うわけで今回の作品は2本だての1作目、 うさぎドロップです。 ...続きを見る
よしなしごと
2012/02/19 08:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
11-331「うさぎドロップ」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる