11-189「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」(アメリカ)

仲間ではなく、自分を裏切ったのだ 
 1969年7月20日、アポロ11号が月面着陸に成功した。しかしこの歴史的偉業の陰には、NASAとアメリカ政府がひた隠しにしていた衝撃の事実があった。
 月の裏側には、未知の金属生命体であるトランスフォーマーの宇宙船が不時着していたのだった。しかしその後、彼らが知り得た事実が公表されることはなかった。
 現代のアメリカ、シカゴ。社会人となったサムの前に、再びあの悪夢が甦る。オフィス機器に姿を変えたトランスフォーマーの侵略者が、人間たちを襲い始めたのだ。そして、政府が40年間隠し続けてきた事実が最悪の事態を招くことに。
 もはや人間に協力するトランスフォーマーたちの応戦もむなしく、人類の希望は風前の灯火となってしまう。(「allcinema」より)

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン - goo 映画

 マイケル・ベイ監督のSFアクション・エンターテインメント。

 「トランスフォーマー」「トランスフォーマー リベンジ」に続くシリーズ第3弾で、完結編ということらしいSFエンターテインメント。
 そしてシリーズ初の3D。

 前2作に続いてサムを演じたのはシャイア・ラブーフだが、恋人ミカエル役であったミーガン・フォックスは降板。
 一説にはマイケル・ベイ監督について暴言を放ったためとか。

 ミカエルにはふられてしまったこととして、新恋人カーリー役としてロージー・ハンティントン・ホワイトレイが出演。
 しかし、何故にミーガン・フォックスといい、やたらとセクシーな女優が起用されるのだろう。

 サム、羨ましいぞ。

 1969年のアポロ11号の月面着陸の裏に隠された国家の秘密が、実はオプティマスたちオートボットに関係があるものであったことが明かされる。

 それに関連して、再びトランスフォームした金属生命体たちが人間たちを襲い始める。

 サムとオートボットたちの友好のきっかけとなったバンブルビーは作品ごとに活躍が少なくなってきた感じはしたが、オプティマスは相変わらずの大活躍。

 メガトロンも登場するが、本作は新たに登場したセンチネルが重要な役割を果たしているようである。

 相変わらずトランスフォームするシーンは見応えがあり、スピード感もあって、見応えは充分である。

 クライマックスとなるシカゴでの大激戦は、前2作以上の迫力があったと思う。

 特にキューブによる高層ビル倒壊は圧巻である。

 ストーリーもかなり練り込んだということだったが、こちらはそれ程とは感じなかったかな。

 意外なものの裏切りや、意外な正体など、確かに凝った感じは受けたのだが、良くも悪くも、映像の方に目が行ってしまったという感じだったな。

 それに、何か話の展開がバタバタしている感じがして、じっくりそのシーン、台詞の意味を考える間もなく次に話が進んでいく感じだったな。

 前半の話の展開は今ひとつ落ち着き無く進んでいき、後半のシカゴでの大アクションに印象が残される感じになってしまったな。

 過去最高の3D映像と宣伝されていた本作であるが、3Dって観る劇場で違うのかな。
 いつから日劇のメガネは普通のかけるだけのメガネになったんだ。

 残念ながら、それ程の3D映像という感じはせず、途中から全く3Dだというのを忘れるぐらいの映像だった。

 爆発シーンなどで、破片が飛ぶシーンなどは、ちょっと驚かせてくれたが、さすがに小さいながら、攻撃された人間たちが破裂するシーンはやり過ぎかな、という印象だった。

 ジョン・マルコヴィッチが、彼でなくてもいいような役柄で登場していたし、ジョン・タトゥーロ演じるシーモアは再びサムと共に事件の真相を探ろうと行動してくる。

 前半の展開は、落ち着かなく、今ひとつ判りにくい感じのするものであったが、クライマックスとなる大戦闘シーンは迫力もあり、これこそ観るべきシーンかもしれない作品だった。

+/5

監督:マイケル・ベイ
出演:シャイア・ラブーフ、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タトゥーロ
    タイリース・ギブソン、パトリック・デンプシー、ロージー・ハンティントン・ホワイトレイ
    ケヴィン・ダン、ジュリー・ホワイト、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド
声の出演:ピーター・カレン、ヒューゴ・ウィーヴィング、レナード・ニモイ
於:TOHOシネマズ日劇
Transformers: Dark of the Moon-The Alb
Reprise / Wea
2011-06-14
Soundtrack


Amazonアソシエイト by Transformers: Dark of the Moon-The Alb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック