CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 11-107「豆富小僧」(日本)

<<   作成日時 : 2011/05/16 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

手前には、手前の役割があります 
 時は江戸時代。妖怪なのに人間を恐がらせることが苦手で、父親である妖怪総大将の見越し入道に怒られてばかりの出来損ないの妖怪、豆富小僧。
 ある日、そんな冴えない日々に嫌気がさし、別れたお母さんに会いたいと、もの知りの達磨先生を伴い旅に出ることに。
 ところが、途中で妖怪と対立するタヌキに捕まり、しばらくして閉じ込められたお堂から出てきみると、なんとそこは二百年後の現代の日本だった。
 やがて豆富小僧は、人間には見えないはずの自分に気づいた一人の女の子アイちゃんと出会う。父親を亡くして孤独なアイちゃんと次第に心を通わせていく豆富小僧だったが。(「allcinema」より)

豆富小僧 3D - goo 映画

 「魍魎の匣 もうりょうのはこ」「ルー=ガルー」の京極夏彦の「豆腐小僧双六道中ふりだし」を原作とした3Dアニメ。

 人を怖がらせることができない、半人前の妖怪・豆富小僧が、現代の東京で自分探しをする物語。

 考えてみれば、妖怪の話ということで、原作が京極夏彦というのも頷ける話であるが、観終わった後に調べるまで、知らなかったな。

 お盆の上に豆腐を乗せているだけで、人間を怖がらせることのできない豆富小僧が、狸が人間を操っている現代の東京へやって来て、母親の面影を追いながら、本当の自分を見つけ出すという、お約束のようなストーリー。

 それぞれの妖怪のキャラは面白くて、豆富小僧と達磨の珍道中という感じも面白かった。

 現代の東京は、人間たちを操る狸たちが支配していて、妖怪たちの姿が見えない。
 そんな東京で、母親を探す豆富小僧であるが、人間の少女・アイと出会い、彼女と触れ合っていくうちに、自分のすべきこと、役割というものを見つけ出していく。

 妖怪の話と言えど、かなりコミカルで、やっぱりファミリー向けに作られたような作品である。

 狸たちが支配している現代で、何故妖怪の姿が見えないのか、という理由については、逆にちょっと判りづらかったのではないかな、という印象。

 狸たちを、最終的に妖怪たちが退治するのがクライマックスとなるのだが、母親から貰ったという、盆に乗っているだけの豆腐が、実は全てを解決するようなアイテムになるのか、と思っていたのだが、その豆腐を使うシーンは、ある限られたことをするために使われるんだな。

 そうは言っても、意外とそのシーンにはホロリとさせられてしまうのだが。

 3Dで鑑賞したのだが、特別3Dでなければ、という感じでもなかったかな。

 クライマックスの妖怪たちと狸たちが闘うシーンは、映像としては見応えがあったが、CGが凄くて、2Dでもそれなりに迫力あったのではないだろうか。

 ヴォイス・キャストはプロの声優も少しはいたが、俳優・タレントがあたっているのがほとんど。

 豆富小僧の深田恭子や、達磨の武田鉄矢はキャラによく合っていたと思うし、他のキャラも違和感なかったかな。

 ただ、702番狸なるキャラのはるな愛に関しては今ひとつ。狸のキャラというより、はるな愛のキャラに合わせてアニメのキャラを作った感じで、不必要にも感じてしまったな。

 ファミリー向けの妖怪アニメで、楽しいという言葉が当てはまる作品かな。
 ホロリとさせられるシーンもあるが、ストーリー展開は少々物足りない感じは否めない。

/5

監督:河原真明
声の出演:深田恭子、武田鉄矢、小池徹平、大泉洋、宮迫博之、平野綾、はるな愛、檀れい、松平健
於:丸の内ピカデリー
豆富小僧 オリジナル・サウンドトラック
ERJ
2011-04-27
サントラ


Amazonアソシエイト by 豆富小僧 オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
■映画『豆富小僧』
白くてぷるぷる、なんとも可愛らしい妖怪・豆富小僧が活躍する映画『豆富小僧』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/06/01 06:36
「豆腐小僧」 映像表現、もう少し踏み込んでほしい
大好きな作家の一人、京極夏彦さんの小説を原作にした3DCGアニメーション映画です ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/06/08 22:05
豆富小僧
11年/日本/86分/ファンタジー・コメディ/劇場公開 総監督:杉井ギサブロー 監督:河原真明 原作:京極夏彦『豆腐小僧双六道中ふりだし』 脚本:杉井ギサブロー 主題歌:SCANDAL『ハルカ』 ...続きを見る
銀幕大帝α
2011/10/10 00:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
11-107「豆富小僧」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる