10-302「沈黙の復讐」(アメリカ)

誰もがそれを望んでいる 
 東欧の銃と麻薬の密輸対策を担当する特別捜査班に配属された男。捜査のさなか、チームの大切な仲間が地元ギャングとロシアン・マフィアの抗争に巻き込まれて命を落としてしまう。
 怒りに震える男は、非情な復讐の鬼と化して巨大な敵に立ち向かっていく。(「allcinema」より)

沈黙の復讐 - goo 映画

 「ボーダー」「ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~」「ストーン」「ゲーム・オブ・デス」に続く、銀座シネパトスの〝男たちのヒート祭り!!〟の第5弾作品。

 いよいよこの括りの大御所とも言えるスティーヴン・セガールが登場。そしていつもの〝沈黙シリーズ〟での登場である。

 舞台はルーマニアのブカレストということで、どうもセガールの〝沈黙シリーズ〟は東欧を舞台にした作品が最近は多いような気がするな。

 一応東欧で暗躍する麻薬組織や武器商人たちを壊滅するために、I.D.T.F.(国際麻薬捜査部隊)に配属されたアメリカ人という役柄でセガールは登場する。

 ターゲットとした麻薬組織を捕まえるために囮を使ったりするのだが、疑われると面倒くさいと言って、あっという間に正体をばらし、相手を叩きのめす。

 そんなことをしたら、囮とした人間の命が危険に晒されるというのに、そんなことはお構いなしのセガール演じるボビー。

 麻薬組織や武器商人をターゲットとしているはずだが、何故か押し込み強盗を追いかけるボビー。
 そのために麻薬組織のボスと取引までしようとする。

 言葉の駆け引きもなく、有無も言わせずに拳を振るうボビー。更に銃撃戦のシーンの多いこと。

 組織の中には、東欧系の美女が多く、目の保養になるところは多々あったな。

 ボビーの妻か恋人か、よく判らない役柄の女性も登場していたが、彼女の役柄が必要だったのか微妙ではあったが、しっかりボビーの前で、その肢体をさらけ出すシーンもあり。

 タイトルとなっている〝復讐〟は、組織によって命を奪われた相棒のために、ボビーが果たそうとするもののようであったが、正直そこまでの感情を見せるような雰囲気がなくて、復讐しようとする気持ちが図りづらかったな。

 どちらかと言うと、もう一人の復讐の方が、観ている方には判りやすいものであったな。

 相変わらずの粗っぽいセガールの捜査に、粗っぽいストーリー展開ではあったが、これがセガール作品の醍醐味とも言えるかも。

-/5

監督:ラウロ・チャートランド
出演:スティーヴン・セガール、ダン・バダラウ、ダーレン・シャラヴィ、ニール・マーク
    ジョージ・レメス、クラウディウ・ブレオント、マダリーナ・マリエスク、ゾルタン・バトク
於:銀座シネパトス
沈黙の復讐 [DVD]
Happinet(SB)(D)
2011-04-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沈黙の復讐 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 沈黙の復讐

    Excerpt: 20年以上肉体派俳優として第一線で活躍し続け、『沈黙』シリーズなどで 日本でも人気が高いスティーヴン・セガール主演・脚本・製作による アクションムービー。 ロシアの銃密売人を調査中に仲間を殺された.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-01-08 22:15
  • 沈黙の復讐

    Excerpt: BORN TO RAISE HELL/10年/米/96分/アクション/PG12/劇場公開 監督:ラウロ・チャートランド 製作:スティーヴン・セガール 脚本:スティーヴン・セガール 出演:スティーヴン.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-05-05 01:12
  • 沈黙の復讐 (Born to Raise Hell)

    Excerpt: 監督 ラウロ・チャートランド 主演 スティーヴン・セガール 2010年 アメリカ映画 96分 アクション 採点★★ セガールは楽しそうでいいなぁ。 【ストーリー】 麻薬密売と残虐な強盗殺人を繰.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-05-09 12:25