CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 10-297「桜田門外ノ変」(日本)

<<   作成日時 : 2010/12/23 13:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

維新はここから始まった 
 嘉永6年(1853年)、浦賀沖にペリーの黒船が来航、開国の圧力はいよいよ抑えがたくなっていく。
 そんな中、井伊直弼をはじめとする南紀派と、水戸藩主・徳川斉昭を筆頭とする一橋派の対立が激化。やがて、大老に就任した井伊は、尊皇攘夷を唱える斉昭らの意見を顧みることなく、独断で開国を進め、あげくは尊王攘夷派の大量粛清に乗り出す。
 もはや井伊の暴挙を止める手立ては暗殺以外にないと、水戸藩では関鉄之介をはじめとする17名の藩士に薩摩藩士・有村次左衛門を加えた襲撃実行部隊が組織される。
 こうして天下国家のため、幕政の是正を期して立ち上がった関鉄之介たちだったが。(「allcinema」より)

桜田門外ノ変 - goo 映画

 おそらく歴史を習った人は必ず知っていると思われる、井伊直弼大老が暗殺された桜田門外ノ変

 ちょうど150年前の3月3日に起こったこの事件と、その事件の指揮を執った水戸藩士・関鉄之介と襲撃者たちの志と運命を描いた歴史大作。

 井伊直弼や安政の大獄、そしてこの事件と、名前は聞いたことはあるのだが、実際どのような経緯でこのような事件が起こったのかは、よく知らなかったので、なかなか勉強になった作品である。

 てっきりクライマックスが、この事件となると思っていたのだが、事件自体は結構序盤の方に起こる。

 ストーリーは、事件以降の襲撃者たちの逃亡生活と行き着く先、そして事件以前に起こったことが描かれるという展開になっている。

 襲撃事件に加わった面々が桜田烈士≠ニ言われていたというのは初めて知ったな。

 暗殺の是非はともかく、日本の未来のために熱い志を持って発言、行動する姿には、自分も含めて、今の人々にはあまり感じられないものを感じた。

 そして明治維新のきっかけとなった事件ではあるが、桜田烈士たちの運命は何とも切ないもので、涙というよりも、何とも言えない気分になったな。

 日本の未来のため、とは言いながら、結局大老暗殺というのは、社会からすると反逆、大罪ということになるのだから、その時には大罪人として処せられても仕方ないのだろうな。

 こういう歴史モノで、熱い志を持った男たちの姿を見るたびに、かつての日本にはこういう男たちがいたんだな、と感心するのだが、可愛そうなのは鉄之介の家族と、更に可愛そうなのは囲われ者だった、中村ゆり演じるいのだったな。

 かつて、こういう思いを以って行動した男たちがいたということをじっくり教えてくれたし、大老襲撃シーンは、真っ白な雪の降る中、真っ赤な血を迸らせながらの激しいシーンで、見応えがあったな。

 自分が鑑賞した日は、日本語字幕付の上映だったのだが、台詞以外にも、音楽が流れた時には「♪音楽〜」とか、「鉄砲の鳴る音」等々、そういうシーンの解説まであって、冒頭に「ドッカ〜ン!」と出た時は、ちょっと苦笑いしてしまった。

 耳が不自由な方たちのために、結構細かく字幕が出るんだな。

/5

監督:佐藤純彌
出演:大沢たかお、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、渡辺裕之、須賀健太、田中要次
    加藤清史郎、中村ゆり、北大路欣也、伊武雅刀、西村雅彦、坂東巳之助
    池内博之、榎木孝明、北村有起哉、本田博太郎、温水洋一、渡部豪太、永澤俊矢
於:丸の内TOEI 
桜田門外ノ変オリジナルサウンドトラック
エイベックス・エンタテインメント
2010-10-13
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 桜田門外ノ変オリジナルサウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「桜田門外ノ変」 思い入れが強すぎて空回り
「桜田門外の変」とは歴史の教科書などでご存知の通り、江戸城桜田門外で開国へ大きく ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2010/12/25 06:21
桜田門外ノ変
茨城県の地域振興と郷土愛の醸成を目的に、市民が主体となって企画し、 映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説を基に、歴史の大きな転換点と なった大老・井伊直弼襲撃事件へと至る経過とその後の顛末を、襲撃者側で ある水戸藩士たちの視点から丁寧に描き出していく… ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/12/26 10:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
10-297「桜田門外ノ変」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる