10-258「ガフールの伝説」(アメリカ)

砂嚢で感じろ 
 父の語る“ガフールの勇者たち”の伝説に夢中になる正義感の強い若きフクロウ、ソーレン。
 ある日彼は、兄と共に謎の一味にさらわれてしまう。それは“純血団”という、自分たちメンフクロウこそ最も優れた種族と信じ、王国の支配を目論んでいる排他的な悪の集団。ガフールの勇者たちは、この一味の陰謀を阻止すべく長年に渡って戦い続けていたのだった。
 親友のジルフィーと共に何とか純血団のもとを脱走したソーレンは、王国の危機を知らせるため、ガフールの勇者たちが住んでいるとされる神木を目指すのだが。(「allcinema」より)

ガフールの伝説 - goo 映画

 アメリカでは子供から大人までファンが多いという人気文学を「300(スリーハンドレッド)」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督が3DCGアニメとして手掛けた作品。

 勇者の伝説に憧れていた子フクロウのソーレンが、純血団と自らを呼ぶ集団に対し、伝説の勇者たちと共に戦うことによって成長していく冒険ファンタジー。

 全体的なストーリーとしてはよくあるパターンかもしれないな。

 勇者に憧れ、勇者と共に戦う勇気を持ち、最後には自らも勇者と讃えられるようになる。

 兄との確執。勇者を信じる弟ソーレンに対し、嫉妬とライバル心を持つ兄・クラッドが、純血団の教えになびき、そこで頭角を現そうと躍起になるところ。

 最終的に兄対弟の戦いがあるということや、純血団という集団を作って、王国の支配を目論むというところも、世界は別として、何かよくありそうな話だったな。

 家族の絆や、本当の勇気、というところを主題としている感じであるが、結構作品全体に雰囲気は暗くて、純血団のリーダー、メタルビークや、その妻であり、№2のナイラのキャラなどは、悪役以上の悪を表した感じだったな。

 そしてフクロウたちの戦闘シーンでは、鎧や爪を装着して戦うところや、個々のフクロウがぶつかり合うシーンの映像ではスローを駆使したりと、何となく「300(スリーハンドレッド)」を思い出させるものがあったな。

 ここはザック・スナイダー監督らしいというところだろうか。

 その戦いのシーンや、フクロウの造型の細かいところ。その他雨のシーンなど、細かいCG技術に加えて、3Dということで、なかなか映像的には見応えがあったな。

 冒険ファンタジーということだが、作品の雰囲気や造型など、どちらかと言えば、大人向けの作品のような感じがする。

 骨格となるストーリーは判りやすいが、結構ハードな戦闘シーン。3Dの映像も含めて、面白いと思った作品だった。

 結末としては、続編も匂わすものであったが、アメリカでのヒットも微妙。
 日本ではほとんどヒットしなかったようで、おかげで「エクリプス トワイライト・サーガ」が当初よりも繰り上げ公開になってしまった。

 続編作られても、日本で公開されるかは微妙だろうな。

+/5

監督:ザック・スナイダー
声の出演:ジム・スタージェス、ライアン・クワンテン、アビー・コーニッシュ、ヒューゴ・ウィーヴィング
       ヘレン・ミレン、ジェフリー・ラッシュ、デヴィッド・ウェンハム、アンソニー・ラバリア、エミリー・バークレイ
於:丸の内ルーブル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ガフールの伝説

    Excerpt: フクロウの世界を舞台に、世界征服をたくらむ組織から王国を救おうとする 若きフクロウたちの戦いを壮大なスケールで描いた冒険ファンタジーアニメ。 多くのファンに愛されているキャスリン・ラスキーのファン.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-11-09 23:32
  • 「ガフールの伝説」 3D映画について考える

    Excerpt: 3D元年と呼ばれる今年、数々の作品が公開されていますので、昨年の「アバター」ほど Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-11-20 09:38
  • ガフールの伝説

    Excerpt: LEGEND OF THE GUARDIANS: THE OWLS OF GA'HOOLE/10年/米/97分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開 監督:ザック・スナイダー 原作:キャス.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-02-14 23:37