10-206「トイ・ストーリー3」(アメリカ)

ずっと一緒にいたかった
 ご主人様のアンディと楽しい時間を過ごしてきたおもちゃたち。しかし、17歳になったアンディは、すでにおもちゃで遊ぶこともなくなり、また大学へ進学するため引っ越しの準備をしていた。そして、アンディの一番のお気に入りだったウッディだけが彼の引っ越し先へ持って行かれることとなり、バズや他のおもちゃたちは屋根裏部屋行きに。
 だが、ある手違いで危うくゴミに出されるところだった彼らは、ウッディの説得もむなしく、サニーサイドと呼ばれる託児施設行きを決断する。ロッツォというクマのヌイグルミに迎えられ、新たな遊び相手が出来たことを喜ぶ一同。
 ところがそこは、おもちゃを破壊する凶暴な幼児ばかりの、おもちゃにとってまさに地獄といえる場所だった。ひとりその難を逃れていたウッディは、仲間たちの危機を知り、急いで彼らのもとへと向かうのだったが。(「allcinema」より)

トイ・ストーリー3 3D - goo 映画

 ピクサーの人気CGアニメの第3弾にて完結篇。
 CGアニメの先駆けとも言えるシリーズらしいが、残念ながら1作目も2作目も未見。

 この第3弾の公開を前に、「トイ・ストーリー」「トイ・ストーリー2」の3D版が公開されたので、観ようかな、と思ったのだが、時間が合わず断念。
 TV放送も結局観ずに、本作を鑑賞することに。

 いつものピクサー作品同様、短編が併映されており、本作の前に「デイ&ナイト」という短編が上映された。
 台詞のない作品であったが、観ていて楽しい作品。これは内容どうのというより、映像と音楽を楽しむ作品かな。

 本作の方も、ピクサーらしい無難な作品だった。

 無難な、というとあまり面白くなかったような印象を与えるが、そんなことはなくて、充分ストーリー展開も、17歳となったアンディと、ウッディたちの別れの話も楽しめた。

 ただ、1作目、2作目も観ていないので、アンディとオモチャたちとのつながり、あるいはウッディやバズたちオモチャ同士のつながりなどの深い部分が理解できていなかったから、本作の設定だけでストーリを感じるしかなかったのが、ちょっと残念。

 出会いや、楽しい日々という部分を見ずに、いきなり別れのシーンとなっていくので、そのあたりも感情的に思い入れできずに、泣けるというところもまでいかなかった。

 アンディが大学へ行くため、家を出ることになり、それまで遊んでいたオモチャをウッディを除いて屋根裏部屋へ片付けることになるが、手違いで捨てられそうになる。

 何とかゴミ処理場行きから逃れたバズたちは、近くの託児所で子供たちと遊ぶことになるが、そこはオモチャを破壊する凶暴な子供たちばかり。
 更にそこを仕切るオモチャがいて、バズたちは何とかその託児所から逃げようとするが。

 ウッディの助けによって託児所を脱出しようとする展開は、なかなかハラハラして面白かった。
 彼らが行き着いた場所でのクライマックス・シーンはちょっと感動的だったかな。

 個人的には、あまりオモチャで遊んだことはなかったので、オモチャというものにそれ程思い入れというものはなかったが、モノを大切にしようという気持ちは伝わったな。

 本作でも一つのストーリーにはなっているが、やっぱり3作を通して、一つの大きなストーリーと捉えた方がいいかな。

/5

監督:リー・アンクリッチ
声の出演:トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、ネッド・ビーティ、ドン・リックルズ
       マイケル・キートン、ウォーレス・ショーン、ジョン・ラッツェンバーガー、エステル・ハリス、ジョン・モリス
Toy Story 3 Read-Along Storybook and CD
Disney Press

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Toy Story 3 Read-Along Storybook and CD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「デイ&ナイト」
監督:テディ・ニュートン
デイ&ナイト
主婦の友社
テディ・ニュートン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デイ&ナイト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


於:TOHOシネマズ有楽座

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • トイ・ストーリー3

    Excerpt:  『さよならなんて、言えないよ…』  コチラの「トイ・ストーリー3」は、今年2月に本作の公開を控え3D版でリニューアルされた「トイ・ストーリー 3D/トイ・ストーリー2 3D」の続編となる7/10公.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-09-06 05:43
  • 映画『トイ・ストーリー3<2D>』(お薦め度★★★★★)

    Excerpt: 監督、リー=アンクリッチ(『トイ・ストーリー2』『ファインディング・ニモ』共同監 Weblog: erabu racked: 2010-09-06 22:48
  • トイ・ストーリー3

    Excerpt: CGアニメの先駆けとなったディズニー/ピクサーの人気ファミリー・ アドベンチャーのシリーズ第3弾。成長しておもちゃを卒業した主人アンディ の手を離れ、ひょんなことから託児施設へ寄付されたおもちゃた.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-09-07 00:50
  • 映画:トイストーリー3 Toy Story 3 3部作の映画で、もしかして史上最高レベル?!の傑作。

    Excerpt: これほどの最上級の表現するのに(躊躇しそうで)実はしない。 この映画は、史上最高レベルの「3部作」だと。 あのゴットファーザー・シリーズを引き合いに出したくなる(えっ?) かつ、あの傑作3部作でさえ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2010-09-10 03:05
  • トイストーリー3公開記念~ オススメiPhoneデスクトップ(オトナ向け)

    Excerpt: 最新の、iPhoneお気に入りデスクトップ画面をご紹介したい。 それは、コレ(写真) つい最近観た「トイストーリー3 Toy Story 3」が強く胸に突き刺さった(010-07-03 3部作の映.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2010-09-10 03:06
  • 最上最高の「3部作」映画 ≒ トイストーリー3? を検証してみる(笑)

    Excerpt: 先日、トイストーリー3 を褒めるのに、「3部作の映画で、もしかして史上最高レベル?!の傑作」という表現をした。 (当ブログ 2010-07-03アップ) そしたら、写真のような「3部作」比較表があっ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2010-09-10 03:06
  • 【映画】トイ・ストーリー3…感涙!しかしトラウマ!?

    Excerpt: 本日は快晴の土曜日{/kaeru_fine/}ですが、今からお仕事に行くピロEKです{/face_acha/} やっぱ土曜日とかは働きたくないですね{/face_ase2/}…平日に働きたいかと言われ.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2010-09-23 04:17
  • 「トイ・ストーリー3」 自分のおもちゃ、どこにいってしまったのだろう?

    Excerpt: 子供の頃、遊んでいたおもちゃはどこにいってしまったのだろう。 畳の縁を道路に見立 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-10-24 19:07
  • 「TOY STORY3」

    Excerpt: 「TOY STORY3」TOHOシネマズ六本木ヒルズで観賞 本当は吹き替え版が見たかったのです。 でも時間がうまく合いませんでした。 1も2もすっごく昔に見たという記憶しか無かったのですが、.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2010-11-03 22:47
  • トイ・ストーリー3 (Toy Story 3)

    Excerpt: 監督 リー・アンクリッチ 主演 トム・ハンクス(声) 2010年 アメリカ映画 103分 アニメ 採点★★★★ 子供のオモチャってのは、ホント捨てられないですよねぇ。うちにも片足だけになったウルトラ.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2010-12-10 19:03
  • 別館の予備(感想215作目 トイ・ストーリー3)

    Excerpt: 4月12日 トイ・ストーリー3 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041.. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2012-04-12 20:38
  • トイ・ストーリー3

    Excerpt: 子供はいつか大人になるもの。大好きなアンディももう大学生になったんですね。当然おもちゃとはもう遊ばないけれど、ずっと大切にしてくれていた。 でもある日、手違いで保育園に寄付されてしまい、また子供.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-07-15 12:53