10-177「ザ・ウォーカー」(アメリカ)

本を西へ運ぶ者
 イーライという名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に向かって歩き続けていた。ある本を携えて。その本は、いまや世界にこのただ一冊となっていた。イーライは、その本に近づこうとする者は容赦なく斬り捨てた。
 そんな中、とある町に立ち寄ったイーライ。そこは、カーネギーという男が独裁者として君臨する町。彼は、ある本を探していた。その本があれば世界を支配できると考えていた。
 やがて、イーライの本こそが、目的の本だと確信するカーネギーだったが。(「allcinema」より)

ザ・ウォーカー - goo 映画

 またまた文明が崩壊した近未来を舞台に、世界でたった一冊残った本を西へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンス・アクション。

 デンゼル・ワシントン演じる〝ウォーカー〟と呼ばれるイーライが、なかなか格好良くて、好みの主人公である。
 
 素性は知れぬが、ストイックで、しかも強い。冷静で、襲って来た略奪者たちも難なく退けていく。

 一体イーライとは何者なんだろう? 元軍人かな、というぐらいに強いのであるが、途中彼が何者であったかが判るシーンがあったが、これまた意外な設定。

 そんなイーライが、立ち寄った町で、独裁者として君臨する、ゲイリー・オールドマン演じるカーネギーと出会う。

 カーネギーは、それがあれば、世界を支配できると思っている本を探しているが、その本はこの世界に一冊しか残っておらず、その本はイーライが持っている。

 てっきり本というもの自体が、イーライの持っているものしかないのかな、と思っていたが、本自体は何冊もあるが、カーネギーが必要とする本は、イーライが持っている本しかないという設定だった。

 世界を支配することができる本って、何だろう? 強力な武器の製造法でも書いた本なのかな、なんて思っていたが、その本自体は早々に明かされる。

 どんな本かということが明かされると、納得することと同時に、そちらの方向の話か、とちょっと微妙な雰囲気だったな。

 そのためか、イーライとカーネギーたちの銃撃シーンなどは、ちょっとウエスタンっぽい雰囲気で面白かったのだが、クライマックスからラストにかけての展開はややトーン・ダウンだったかな。

 言ってしまえば、その本というのは聖書であるが、キリスト教圏ではない世界ではあまり深く染み入ってくる感じはないのだろうか。

 荒廃した世界を救えるのは、唯一キリスト教ということを訴えているのかな。

 そんな聖書を、カーネギーは手にするのだが、それをいよいよ開いた時のシーンは、同じくゲイリー・オールドマンが出演していた「フィフス・エレメント」をちょっと思い出したな。
 あれほどコミカルではなかったが、シーンがかぶって、ちょっと可笑しかったな。

 バイオレンス的な部分は面白くて、ガン・アクションやイーライの立ち回りなど見応えはあったが、話としてはやや微妙感の残る作品だったかな。

 でも、イーライのキャラは良かったので。

+/5

監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ
出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、ジェニファー・ビールス、トム・ウェイツ
    レイ・スティーヴンソン、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン、マルコム・マクダウェル
於:丸の内ピカデリー
Book of Eli
Reprise / Wea
2010-01-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ザ・ウォーカー

    Excerpt: 文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-07-31 01:05
  • 「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・

    Excerpt: <今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-08-17 12:50
  • ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-09-21 10:05
  • ザ・ウォーカー (The Book of Eli)

    Excerpt: 監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2010-11-13 17:05
  • mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: 世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本... Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-12-04 21:50
  • 映画を観るなら ザ・ウォーカー

    Excerpt: 未来の荒廃した世界での1冊の本を巡る争いなんだけど、この本が何かってのは、映画を観る前からなんとなく分かってる人も多いのでは。アメリカにとって、世界で一番重要な本(書物)といえばやっぱりコレしかないで.. Weblog: 映画を観るなら racked: 2010-12-19 10:16
  • 『ザ・ウォーカー』

    Excerpt: ザ・ウォーカー ”空が光って”30年。 本を持ってひたすら西に向う ”ウォーカー”旅する男の目的とは... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Book .. Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2011-04-05 01:40
  • 世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー

    Excerpt: ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 .. Weblog: RISING STEEL racked: 2011-05-26 20:28