10-174「アデル ファラオと復活の秘薬」(フランス)

5000年の居眠り
 1911年。世界の不思議と秘宝を追う女性ジャーナリスト、アデルは、最愛の妹の命を救うため、古代エジプトの“復活の秘薬”を求めてエジプトへとやって来る。
 やがて、カギを握るラムセス2世に仕えた医師のミイラに辿り着くが、宿敵のマッドサイエンティスト、デュールヴーに行く手を阻まれてしまう。
 同じ頃、パリでは謎の怪鳥が現われ、人々を恐怖に陥れていた。それはなんと、ジュラ紀に絶滅した翼竜プテロダクティルスだったのだが。(「allcinema」より)

アデル/ファラオと復活の秘薬 - goo 映画

 「アーサーと魔王マルタザールの逆襲」で監督に復帰(?)したリュック・ベッソンが、ルイーズ・ブルゴワンという新しいヒロインを迎えたアクション・アドベンチャー。

 「彼女が戦う。かなり、強い。」

 こんなコピーを最初の頃に聞いていたので、アンジェリーナ・ジョリーやミラ・ジョヴォヴィッチのように、アデルはアクションを見せてくれるヒロインというのを予想した。

 実際の映像の予告を観ると、ちょっと違うな、という感じで、どちらかと言うと「ナショナル・トレジャー」のようなお宝ハンターのような話かなとも思った。

 でも、古代翼竜なんかが復活するようなシーンもあるし、古代エジプトを話に絡めているので、ちょっと「ハムナプトラ」シリーズに似ているのかな、などとも思う。

 結局ルイーズ・ブルゴワン演じるアデルは、格闘系のアクションを見せてくれるわけでもないので、全体的にはファンタジー・アドベンチャーという感じかな。

 話の内容も、登場するキャラクターもちょっと漫画チックだな、と思ったら、原作がフランスで大人気のコミック「アデル・ブラン=セック」だったようだ。

 アドベンチャーもアクションも本格的という程でもなかったので、そのあたりを期待して観にいったりすると、結構ガッカリするかもしれないが、個人的にはこの漫画チックで、ところどころに差し挟まれるアクション・シーンがスパイスとして効いている感じで、面白かった。

 1911年を舞台に、王家の谷の発見から、ルーブル美術館にまで至る冒険の展開で、歴史的なロマンを味わえるかと言うと、そのあたりはどうかな?

 翼竜プテロダクティルスやファラオ・ラムセス2世などが、実際歴史上に語られている人物あるいは翼竜だったのかがよく判らないので、そのあたりに関しては話の一つの要素としてしか捉えられなかったな。

 いずれにしても、大きなスケールのアドベンチャーを期待すると、少々裏切られる感じがすると思うので。

 基本的にはコミカルな要素の多いファンタジー系のアドベンチャー作品である。

 シリーズ化を狙っているのか、まだまだ続編がありそうなエンディングであったが、基本的には歴史上の実際の出来事の中で、アデルが活躍していくという話でつなげていくシリーズなんだろうな。

+/5

監督:リュック・ベッソン
出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ
    ジャン=ポール・ルーヴ、フィリップ・ナオン、ニコラ・ジロー
    ジャッキー・ネルセシアン、ムーサ・マースクリ、ロール・ドゥ・クレルモン=トネール
於:丸の内ピカデリー
アデル/ファラオと復活の秘薬
SMJ
2010-06-23
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アデル/ファラオと復活の秘薬

    Excerpt: 『レオン』『フィフス・エレメント』などで数々の印象的なヒロインを 描いてきたリュック・ベッソンが手掛けるファンタジー・アドベンチャー。 フランスの人気コミックシリーズを原作に、エジプト王家に伝わる.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-07-25 18:24
  • アデル

    Excerpt:  フランス版インディ・ジョ-ンズもあるいはおもしろいかもしれないと、『アデル ファラオと復活の秘薬』を丸の内ピカデリーで見てきました。  実は、7月31日の記事の冒頭で、「あるフランス映画を見ようと思.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-08-16 17:47
  • 「アデル /ファラオと復活の秘薬」 ベッソンの好きなもの詰め合わせ

    Excerpt: この作品はたぶんダメという方が多いでしょうね。 その理由は想像がつきます。 スト Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-08-21 07:32
  • アデル/ファラオと復活の秘薬/ルイーズ・ブルゴワン

    Excerpt: だいぶ前から宣伝していたこともあって期待値も高まっていたこの作品。「彼女が、戦う。かなり、強い。」という宣伝コピーもなかなか魅力的でしたね。リュック・ベッソン監督の13作目となるのはフランスの人気コミ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-10-13 08:37
  • 【映画】アデル/ファラオと復活の秘薬…下衆い勘繰り込み。

    Excerpt: 今日の昼は九州北部でも雪が吹雪いていました。寒いです まずは近況… 世の中は三連休らしいですが、昨日2011年2月11日(金曜日・建国記念日)はお仕事でした …他は、特になにも無い…買い物に行ったの.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2011-02-12 22:57
  • アデルとドクター

    Excerpt: 「アデル/ファラオと復活の秘薬」 「ディアドクター」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-02-13 12:11
  • アデル ファラオと復活の秘薬

    Excerpt: アデル ファラオと復活の秘薬 LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC 2010年 フランス映画 ヨーロッパ・コープ製作 .. Weblog: RISING STEEL racked: 2011-03-11 12:24
  • 映画評「アデル/ファラオと復活の秘薬」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年フランス映画 監督リュック・ベッソン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2011-07-30 10:43