10-109「ウルフマン」(アメリカ)

呪いを解けるのは、愛する者だけ
 1891年、舞台俳優として活躍するローレンス・タルボットは、兄ベンの婚約者グエンから兄が行方不明になったとの報せを受け、25年ぶりに英国ブラックムーアの生家タルボット城に帰ってきた。そして、母の死を機に疎遠となっていた父ジョンに冷たく迎えられ、無惨な姿に変わり果てた兄の遺体と対面する。
 悲しみと怒りに震え、自ら犯人を突き止めようと、兄が流浪民から買った遺留品のメダルを手掛かりに彼らのキャンプへ向かうローレンス。
 しかし、今宵は満月の夜。村には満月の夜に謎の殺人鬼が出没するという不吉な伝説があった。はたしてそれは現実となり、流浪民のキャンプが襲撃され、ローレンスも瀕死の重傷を負ってしまう。
 何とか一命を取り留めるローレンス。しかし、彼の体にはある異変が起きていた。ローレンスを襲った謎の殺人鬼の正体はウルフマンで、彼も満月の夜にウルフマンに変貌する宿命を負ってしまったのだ。
 そんな我が身に抗えず翻弄されるローレンスには、さらなる過酷な現実と驚愕の真実が待ち受けていた。(「allcinema」より)

ウルフマン - goo 映画

 「ドラキュラ」や「フランケンシュタイン」と並ぶホラーの古典「狼男」
 
 おそらくこれまでも作品として取り上げられたであろうと思われるのだが、個人的には「狼男」の作品ってすぐには思い浮かばないので、おそらく観たことはないのでは、と思われる。

 一応1941年に製作された「狼男」のリメイクという位置づけのようである。
 
 満月の夜になるとウルフマン(狼男)に変身してしまう男・ローレンス・タルボットにアカデミー賞俳優のベニチオ・デル・トロ。
 その父親、ジョン・タルボット卿に、こちらもアカデミー賞俳優のアンソニー・ホプキンス。

 ヒロイン役には「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のエミリー・ブラントが出演。

 そして「マトリックス」シリーズ、 「Vフォー・ヴェンデッタ」のヒューゴ・ウィーヴィングも出演。

 狼男が現代に復活、というわけでもなく、舞台は19世紀のイギリス、ブラックムーアやロンドン。

 この頃のイギリスを舞台にした作品となると、どこかしら退廃的なムードが漂っているが、本作も作品のテーマもあるだろうが、全体的に暗い雰囲気で、退廃的なムードがある。

 そしてローレンスがウルフマンに変身するシーンも、特殊メイクを使用しているが、何となくちょっと映像的には旧い感じがしてしまった。

 何か一昔前の特撮作品の変身モノを観ている感じかな。

 兄が惨殺され、その事件を調べているうちに、自ら獰猛なウルフマンになってしまうという運命を背負ってしまったローレンス。

 彼の苦悩と葛藤を描くと共に、兄惨殺、そして過去に遡る事件に至る真実が明かされていくという展開。

 リメイクということもあるのか、ウルフマンとなってしまうローレンスの辿る運命も含めて、ストーリーもちょっと旧い感じがしなくもなかったな。

 ジプシーの占い師の言葉によると、ローレンスを救うことが出来るのは、愛する者だけ。

 兄の婚約者であったが、ローレンスとの関係も親密になっていくエミリー・ブラント演じるグエンが、最後にローレンスを救うのか、と思っていたら、ああ、そういう結末なのか。

 まあ古典作品をそのまま見せてもらったという感じはするが、つまらないという感じではなく、ローレンスがどうなっていくのか、ストーリーも興味はあった。

 やや、音や突然の登場などで驚かすような、最近のホラーと同じような傾向はあったが。

 それと、どうも時間感覚が微妙だったな。

 基本的に満月は月1日だと思うが、事件はその満月の夜に展開するが、その間の一月という日時が、感覚的に短すぎるような感じがしたな。

/5
 
監督:ジョー・ジョンストン
出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング
    ジェラルディン・チャップリン、マリオ・マリン=ボルケス、エイサ・バターフィールド、リック・ベイカー
於:TOHOシネマズ日劇
The Wolfman
Varese Sarabande
2010-02-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ウルフマン

    Excerpt: 満月の夜になると、凶暴な獣人・狼男に変身して人々を襲う古典ホラー 『狼男』をリメイクしたホラーサスペンス。 兄の死の真相を捜査していたところをウルフマンによって怪我させられて しまい、その結果自ら.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-05-10 01:13
  • 「ウルフマン」 凶暴なチューバッカ!?

    Excerpt: かつてのユニバーサル映画と言えば、「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタイン」「狼 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-05-24 20:26
  • 「ウルフマン」

    Excerpt: 「ウルフマン」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 デルトロさま……。 好きなんです、デルトロさま。 はっきり言います。 どう見ても狼男ではなく猿の惑星でした! ホラーというほど驚かされもせず、.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2010-05-26 20:51
  • ウルフマン

    Excerpt: べニチオ・デル・トロの狼男~楽しみにしていました【story】19世紀末、兄の恋人のグエン(エミリー・ブラント)から兄の行方不明の知らせを受けたローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)は、帰郷し.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-05-30 09:37
  • 映画:ウルフマン

    Excerpt:  最近、見たい映画がどんどん終わってしまう。上映終了ぎりぎりに見てもそれを記事にする時間もない。と言うわけで、2週間前によく行く映画館の最終日に見た映画ウルフマンです。 Weblog: よしなしごと racked: 2010-06-08 02:45
  • ウルフの鈴音

    Excerpt: 「ウルフマン」 「牛の鈴音」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-09-22 16:52
  • ウルフマン (The Wolfman)

    Excerpt: 監督 ジョー・ジョンストン 主演 ベニチオ・デル・トロ 2010年 アメリカ映画 119分 ホラー 採点★★★ イメージってのはどうも妙な所で固まってしまうようで、ドラキュラもフランケンも狼男も、そ.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2010-11-12 02:39
  • 『ウルフマン』 映画レビュー

    Excerpt: 『 ウルフマン 』 (2010)  監  督 :ジョー・ジョンストンキャスト :ベニチオ・デル・トロ、エミリー・ブラント、アンソニー・ホプキンス、ヒューゴ・ ウィーヴィング、ジェラルディン・.. Weblog: さも観たかのような映画レビュー racked: 2011-03-05 01:38
  • ウルフマン(2010年)

    Excerpt: THE WOLFMAN 2010年:アメリカ 監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、ジェラルディン・チャップリン、エミリー・ブラン ... Weblog: mama racked: 2011-03-19 23:17
  • 『ウルフマン』

    Excerpt: ウルフマン 舞台俳優の兄が行方不明の弟を 探しに25年ぶりに故郷に戻る... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Wolfman 古典的モンスター映画のリ.. Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2011-03-21 19:19