CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 10-81「パレード」(日本)

<<   作成日時 : 2010/04/07 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

実はみんな知っている
 都内のマンションをルームシェアする4人の男女。映画会社に勤める健康オタクの直輝はこの部屋に最初から住んでいる最年長。一方、イラストレーターで雑貨屋店員の未来は、おかまバーの常連。また、先輩の彼女に恋をした大学3年生の良介は告白する勇気が出ずに悩んでいる。そして無職の琴美は若手人気俳優と熱愛中。
 そんな彼らはそれぞれ不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで共同生活における互いの均衡を保っていた。
 しかし、いつしか男娼のサトルがこのマンションに住み着くのと時を同じくして、町では女性を狙った暴行事件が連続して発生、これを境に彼らの穏やかな日常は次第に歪み始め、やがて思いもよらない事態を招いていく。(「allcinema」より)

パレード - goo 映画

 「世界の中心で、愛をさけぶ」や「今度は愛妻家」の行定勲監督が、熱望したという吉田修一の青春群像小説を映画化した作品。

 都内の2LDKのマンションで共同生活をしている直輝、良介、未来、琴美の4人の部屋に、サトルという一人の若い男が転がり込んでくることにより、それまで穏やかだった4人の日常生活が歪み始める様を描いている。

 彼らが住むマンションの近くで、連続女性暴行事件が発生し、ちょうど同じ頃にサトルという若者が現れたことによって、4人はサトルに疑惑を抱く。

 果たしてサトルが犯人なのか? という疑惑を抱かせながら、物語が運ばれていき、その間にサトルを含む5人の物語を一人づつ紡いでいくという形式。

 それぞれのエピソードも面白いものがあるのだが、お互いそれ程波風立たせずに付き合ってきた4人に対し、サトルという人物は、ちょっと異質の雰囲気を湛えている。

 サトルがそれぞれの人物に絡んでいる時、どこか土足で心に入り込んできそうな雰囲気があり、観ている側としても、ちょっと居心地の悪い気分になってくる。

 サトルを演じた林遣都はこれまでの役柄とは違う雰囲気の役を演じていたように思うが、なんとも捉えどころのないサトルという役をうまく演じていたように思う。

 他の4人も、藤原竜也、香里奈、小出恵介、貫地谷しほり、と若手演技派が顔を揃えていて、さすがにそれぞれ感情の動きを表すところなど、惹き付けられるものがあったな。

 様々なエピソードが紡がれていく中で、女性連続暴行事件と犯人疑惑の話が全体を通して進んでいき、最後にその犯人も明かされる仕組みなっている。

 もしや犯人は・・・と思っていた通りの結末とはなったが、基本的に犯人探しのミステリー作品というわけでもないので、どちらかと言えば、犯人が判明してからの展開が、ある意味衝撃的ではあるだろう。

 「誰もが知っている誰かなんていないんだよ」
 「実はみんな知っているんじゃない。よく判らないけど、そのことについて話したことはないから」

 身近にいる人をどこまで判っているのか、と言われれば、実際判らない部分の方が多いだろう。
 そんなに心のうちをさらけ出すような人もいないだろうから。

 あるいは、感じていることを相手にぶつけることも少ないかもしれない。

 そんなあたりをこの作品は言わんとしているのかもしれないが、あまりそれを押し付けるような感じでもなかった。

 観ていて、なかなか惹き込まれるストーリーであり、ラストも唸るものではあったが、難しい部分もあったかな、という印象の作品であった。

/5

監督:行定勲
出演:藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介
    竹財輝之助、野波麻帆、中村ゆり、正名僕蔵、キムラ緑子、石橋蓮司
於:シネ・リーブル池袋
劇場版 パレード オリジナルサウンドトラック
コロムビアミュージックエンタテインメント
2010-02-17
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パレード
第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の同名小説を行定勲監督が藤原竜也を 主演に迎えて映像化。 表面的な付き合いの人間関係で共同生活を送る若者たちの日常を描く。 共演に香里奈、貫地谷しほり、小出恵介、林遣都ら。都内の2LDKのマンションで健康オタクで映画会社.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/04/08 01:06
『パレード』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「パレード」□監督・脚本 行定 勲 □原作 吉田修一□キャスト 藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林 遣都、小出恵介、竹財輝之助、野波麻帆、中村ゆり ■鑑賞日 2月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 不思議な感覚がこの映画にはあった。 それはおそらく原作にもあったのだろう。 犯人像は明確でないものの、カラーは違えどもあの『キサラギ』の謎解きにニュアンスが似ている。 都内某所の2LDKマンション。 ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/04/12 08:28
パレード/藤原竜也、林遣都、貫地谷しほり
都内のマンションで共同生活を送る若者たちの日々を描いた青春群像劇です。行定勲監督の作品ですが『今度は愛妻家』のときのように行定監督がプロモーションにあまり出て来ないのは何故?ワタシ的にはこちらのほうが好みなのもあって楽しみにしてました。 ...続きを見る
カノンな日々
2010/05/10 09:37
パレード
ベルリン国際映画祭で、国際批評家連盟賞受賞を受賞! 先日鑑賞した「今度は愛妻家」の行定勲監督の最新作です。賞をゲットしたということで、ちょっと気になり観に行って参りました。 原作は吉田修一の同名小説。この作品で吉田は第15回山本周五郎賞を受賞しているそうです。本当に本を読まないので、まったく何も知らず(汗) あまり邦画は観ないので、ここに登場するキャストの方たちで知っている・観たことあるのは、香里奈と小出恵介だけです。あ!藤原竜也は知っていますが、彼の作品はまったく未見です。 いまどきの... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/05/10 10:10
『パレード』 『悪人』 ラストの秘密
 『悪人』の記事に関連して、質問をいただいた。  コメント欄で回答するにはあまりにも長くなったので別の記事としたが、回答に当たっては... ...続きを見る
映画のブログ
2010/10/15 00:11
パレード
ちょっと面白そうなので観てみました。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/11/12 02:39
喪中映画評「パレード」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・行定勲 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2011/05/04 07:44
『パレード』
パレード 都内のマンションでルームシェアする四人の男女。 近辺で女性の連続暴行事件が発生する... ...続きを見る
『映画な日々』 cinema-days
2011/05/04 10:45
愛妻家パレード
「今度は愛妻家」  「パレード」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/11/23 12:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
10-81「パレード」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる