10-58「コララインとボタンの魔女 3D」(アメリカ)

小さな扉を通っちゃダメ 
 ピンク色の古いアパートに引っ越してきたばかりの少女コラライン。まだ友だちも出来ず、忙しい両親はまったく構ってくれない。
 すっかり退屈していたコララインは、ある日家の中で不思議な扉を発見する。そして、その扉を通り抜けた先でコララインが目にしたのは、今までと変わらない家の中。
 しかし、何かが少しずつ違う。しかも、そのどれもが現実の世界よりも素晴らしくなっていた。優しいママとパパの目がボタンで出来ている以外は。すっかりこの不思議な世界に魅了されてしまうコララインだったが。(「allcinema」より)

コララインとボタンの魔女3D - goo 映画

 ニール・ゲイマンの児童文学を「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリックが映画化。
 「ナイトメアー~」と同じくストップモーションアニメにて製作。更に3D映像。

 榮倉奈々や劇団ひとりが吹替えを担当した吹替版の上映が多数を占めているが、相変わらず字幕派の私は字幕で上映している劇場を探し、何とか近場で見つけての鑑賞。

 「ナイトメアー~」も実は観たことがなかったのだが、本作についてはダーク・ファンタジーらしいことを言っていたので、そこのあたりを興味を持って鑑賞した。

 現状に不満を持つ子供が、自分にとって楽しい世界を発見する。
 とても魅力的な世界であったが、次第に恐ろしい秘密が明らかになり、元の世界へ戻ることを願うのだが。

 正直、淡々とした感じで、特に前半から中盤のあたりは、ちょっと退屈な感じもあったな。

 後半、クライマックスあたりになって、少し面白くなったが、全体的には今ひとつだったかな。

 恐らく製作が大変なんだろうな、と思うストップモーションアニメの映像は興味深かったし、キャラクター造型も変わっていて、ちょっと人形劇のような雰囲気があったな。

 コララインが、小さな扉を通って行く、パノラマ・ワールドらしき世界での出来事は、いかにもファンタジックで、それなりに惹きつけられるものはある。

 話としては、ちょっと「かいじゅうたちのいるところ」に似ているのかな。

 ママやパパに相手にしてもらえないコララインが、別の世界のママやパパに惹かれ、それにとても楽しい数々の出来事に遭遇する。
 
 帰りたいとなったきっかけは違うかもしれないが、子供の気持ちは一緒かもしれない。

 「かいじゅうたちのいるところ」のマックスよりコララインの方が大人びた感じはするが、言ってもこちらはアニメだからな。

 「かいじゅうたち~」も本作も児童書の映画化。「かいじゅうたち~」も今ひとつに感じたが、自分にとって、児童書の映画化作品は合わないのかな?

 3D映像も、これまでのアニメの3Dとそれ程変わらぬ感じで、とりわけ凄いなという映像はなかったかな。

/5
 
監督:ヘンリー・セリック
声の出演:ダコタ・ファニング、テリー・ハッチャー、ジョン・ホッジマン、イアン・マクシェーン
       ドーン・フレンチ、ジェニファー・ソーンダース、キース・デヴィッド、ロバート・ベイリー・Jr
於:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
Coraline [DVD] [Import]
2009-07-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: 1コマごとに人形やセットを動かしながら撮影するストップモーションアニメということで気になっていました~3D吹き替えで鑑賞です―【story】コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-03-13 16:22
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: 面白い!そして怖い!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-03-14 12:41
  • 「コララインとボタンの魔女 3D」 ヒトリボッチの世界

    Excerpt: 昨年末の「アバター」は3D映像をコンピューターを駆使することによってすごくナチュ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-03-14 15:03
  • コララインとボタンの魔女 3D/榮倉奈々、劇団ひとり、戸田恵子

    Excerpt: 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が贈るストップモーションアニメーションによるダークファンタジーの世界が再びスクリーンに。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は私の大好き.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-03-14 21:18
  • コララインとボタンの魔女 3D字幕版

    Excerpt: 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が 同名ファンタジー小説を3Dで映画化したストップ・モーション・アニメ。 偶然迷い込んだパラレルワールドに夢中になるヒロインがやがて訪.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-03-15 01:22
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt: この作品、気になってました。 アカデミー賞にもノミネートされてましたね。(^^)v 「目をボタンにする」というのが怖い感じ。 怖い映画は苦手ですが、 もし怖い映画でも、アニメなら大丈夫かも。f.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-08-28 01:29
  • コララインとボタンの魔女

    Excerpt:  『扉のむこうは理想の世界。 でも気をつけて。かなえてはいけない願い事がある。』  コチラの「コララインとボタンの魔女」は、「ベオウルフ 呪われし勇者」の脚本、「スターダスト」の原作を手掛けたニール.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-09-19 17:23
  • 【映画】コララインとボタンの魔女…とほぼ関係無いバトンの話

    Excerpt: 本日から夜勤の私ですが、今週って間に休みを挟んでいるから、すぐに終わっちゃうんだね 割と楽に過ごせそうでホッとしているところです…まぁあくまでも多分楽だろうという段階ですが…。 ... Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2010-11-01 09:02
  • 映画評「コララインとボタンの魔女」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ヘンリー・セリック ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2011-03-05 16:56
  • 『コララインとボタンの魔女』'09・米

    Excerpt: あらすじ11歳の少女コララインは、引っ越したばかりの家で不思議なドアを見つける・・・。感想ふしぎの国のコラライン『不思議の国のアリス』のオマージュ感じるベストセラー児童... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-03-12 09:21