10-34「ラブリーボーン」(アメリカ・イギリス・ニュージーランド)

私のいない世界
 優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン。初恋の予感に胸をときめかせていたある冬の日、彼女は近所の男に無慈悲に殺されてしまう。最初は自分が死んだことにも気づかなかったスージーだが、やがて天国の入り口に辿り着く。
 そんな中、犯人は警察の捜査を切り抜け、平然と日常生活を送っている。
 一方、愛する娘を失った家族は深い悲しみに暮れていた。やがて、父親は残された家族を顧みず犯人探しに妄執し、自責の念に苛まれていた母親はそんな夫に耐えられずに、ついに家を出てしまう。バラバラになっていく家族を、ただ見守ることしかできないスージーだったが。(「allcinema」より)

ラブリーボーン - goo 映画

 こちらも世界で1000万部以上を売り上げているというアリス・シーボルド原作を「ロード・オブ・ザ・リング」「キングコング」のピーター・ジャクソンが映画化したファンタジー作品。

 今年のアカデミー賞最有力という声を聞いていた作品だったが、残念ながらノミネートは助演男優賞のスタンリー・トゥッチのみに終わったようだ。

 14歳で殺されてしまったスージー・サーモン。
 彼女が殺された後の、崩壊しそうになった家族。そして彼女を殺した男の姿を描いていく展開。

 スージーを殺したスタンリー・トゥッチ演じるミスター・ハーヴィを捕まえるまでをメインに描くサスペンス要素の強い作品かと思っていたが、どちらかと言えば、そちらはサブ・ストーリー的な要素に留まっているようである。

 スージーがいなくなってからの、サーモン家の崩壊しそうな様子や、そこから再生するまでの姿をスージーが見つめる中で、描いていく方がメインのようであった。

 個人的にはもっとサスペンス要素のある作品かと思っていたので、そのあたりから言うと、ちょっと肩透かしのような感じはあったかな。

 もちろん徐々にミスター・ハーヴィに近づいていく、マーク・ウォールバーグ演じる父親のジャックや妹のリンジーの姿が描かれ、クライマックス部分は多少なりとも緊迫感はあった。

 犯人として判明してからの展開はちょっと物足りなかったかな。
 でも、あの氷柱は、少しはスージーの気持ちが通じたのかな?

 殺されたスージーのいる場所、天国かな? その映像はなかなか見応えのあるものだったな。
 最新のVFXを使用して作られた映像ということだが、美しいものやら、迫力あるものやら、様々。

 特にボトル・シップの巨大化した映像は迫力あったな。

 スージーが殺されたと知った時の家族の反応は様々だったが、父親のジャックが犯人探しに執着する気持ちは判らないでもなかったな。
 
 スージー役のシアーシャ・ローナンって「つぐない」で疑惑を呼んだ妹役でアカデミー助演女優賞にノミネートされた、あの子だったんだ。
 今回は普通の女の子という感じの役柄で、イメージが違った。
 しかし、彼女は可愛いな。先が楽しみな女優である。

 サスペンスよりも、ヒューマン・ドラマに重点を置いたファンタジーで、ちょっと肩透かしをくらい、展開にまどろっこしさを感じなくもなかったが、映像の素晴らしさには目を惹かれた作品だった。

 ファンタジーとしてはなかなか良かったかな。

+/5

監督:ピーター・ジャクソン
出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ
   シアーシャ・ローナン、マイケル・インペリオリ、ローズ・マクアイヴァー
   クリスチャン・トーマス・アシュデイル、、リース・リッチー、キャロリン・ダンド
於:丸の内ピカデリー    
The Lovely Bones
Hachette Audio
Alice Sebold

ユーザレビュー:
不思議な感覚レイプシ ...
不完全燃焼。映画化さ ...
穏やかモード2002 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2010年03月05日 14:13
いつも楽しみに拝読してます。(^^)
この作品は、私も肩透かし感はあったのですが、
悪くない映画だと思いました。
シアーシャ・ローナンの今後も楽しみです。\(^0^)/
2010年03月06日 13:04
laerl38さん、コメントありがとうございます。

>いつも楽しみに拝読してます。(^^)
ありがとうございます。
そういう方がいてくれるとは、嬉しい限りです。

本作は確かに肩透かし感は否めませんが、作品全体の雰囲気は良かったです。
シアーシャ・ローナンは良かったですね。

この記事へのトラックバック

  • ラブリーボーン

    Excerpt:  『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスな.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-02-12 06:24
  • ラブリーボーン

    Excerpt:   『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-02-13 02:07
  • ラブリーボーン

    Excerpt: 生と死を繋ぐファンタジー。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-02-13 17:02
  • ラブリーボーン

    Excerpt: 2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォー.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-02-13 17:29
  • ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES

    Excerpt: ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-02-13 17:54
  • 「ラブリーボーン」 死により生を描く

    Excerpt: これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-02-13 18:21
  • ラブリーボーン/シアーシャ・ローナン

    Excerpt: 製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督ピーター・ジャクソンとビッグネームで煽られちゃったら期待しないわけにはいきませんよね。予告編の段階で既に物語の重要どころが明らかにされちゃってるような気がしな.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-02-13 21:40
  • ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-02-13 22:32
  • ★「ラブリーボーン」

    Excerpt: 今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-02-14 02:21
  • 「ラブリーボーン」感想

    Excerpt:  アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死ん.. Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~ racked: 2010-02-14 19:20
  • ラブリーボーン [映画]

    Excerpt: 原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2010-02-14 23:13
  • 【ラブリーボーン】少女の願いと家族の絆

    Excerpt: ラブリーボーン~THE LOVELY BONES~ 監督: ピーター・ジャクソン    出演: マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サ�... Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2010-02-17 23:45
  • 「ラブリーボーン」

    Excerpt: 「ラブリーボーン」試写会 よみうりホールで鑑賞 実話が名とになっているのかと思ったら、どうやらベストセラー小説が元になっているのだとか。 日本で作ったら、完全にホラー映画になっていたでしょう。.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2010-02-21 00:21
  • ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(映画/劇場鑑賞)

    Excerpt: [ラブリーボーン] ブログ村キーワードラブリーボーン(原題:THE LOVELY BONES)キャッチコピー:これは、私が天国に行ってからのお話製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド製作年:20.. Weblog: 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評 racked: 2010-02-21 13:58
  • 映画:ラブリーボーン

    Excerpt:  話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2010-03-03 04:39
  • ラブリーボーン

    Excerpt: 話題になってますね。 主演のシアーシャ・ローナンは、 「つぐない 」がとても良かったので楽しみです。(^^) 家族に愛され、恋に胸をときめかす14歳のスージー・サーモンは、 近所に住む.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-03-05 14:11
  • ラブリーボーン (The Lovely Bones)

    Excerpt: 監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2010-09-12 21:57
  • 【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛)

    Excerpt: 「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあ.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2010-09-29 23:05
  • ラブリーボーン

    Excerpt: THE LOVELY BONES 2009年:アメリカ・イギリス・ニュージーランド 原作:アリス・シーボルド 監督:ピーター・ジャクソン 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 音楽:ブ.. Weblog: mama racked: 2010-11-30 16:54
  • 『ラブリーボーン』'09・米・英・新

    Excerpt: あらすじ14歳のスージーが近所の男に襲われ殺された。深い悲しみを負った家族は、いつしかバラバラに。そんな様子を、スージーは天国から見守っていたが・・・。感想ハラハラする... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2010-12-13 23:52
  • ラブリーボーン

    Excerpt:      『ラブリーボーン』  (2009) スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときに、トウモロコシ畑である者に襲われ、無残にも殺されてしまう。 .. Weblog: サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 racked: 2011-01-03 23:41
  • 映画評「ラブリーボーン」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ=イギリス=ニュージーランド映画 監督ピーター・ジャクスン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2011-03-31 22:44
  • 『ラブリーボーン』

    Excerpt: ラブリーボーン 隣家の男に殺された14歳の少女が 天国と現世の狭間に留まり、 家族の行く末を見守る... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:アリス・シーボルド .. Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2011-04-04 02:20