10-25「今度は愛妻家」(日本)

探し物は何ですか?
 かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介だが、今は写真も撮らずにダラダラと呑気な毎日を送っている。一方、健康オタクの妻さくらは、そんな夫に文句を言いながらもかいがいしく世話を焼く日々。
 しかしあるとき俊介は、友だちと箱根旅行に行く直前のさくらに“子どもを作る気がないなら、別れて”と切り出される。その場はごまかしたものの、さくらと入れ代わりでやって来た女優志願の蘭子といいムードになったところに、たまたま引き返してきたさくらが現われ、いよいよ愛想を尽かされる。
 その後、旅行に行ったさくらはなかなか戻らず、最初こそ独身生活気分を満喫していた俊介だったが。(「allcinema」より)

今度は愛妻家 - goo 映画

 元々は舞台劇であったストーリーを、「遠くの空に消えた」「クローズド・ノート」の行定勲監督が豊川悦史と薬師丸ひろ子を主演に映画化した作品。

 タイトルと予告からして、まあこれまでちょっと好き勝手やっていた夫が、妻がいなくなったことをきっかけに、妻の大事さを再認識、妻に対しての態度を改めていくような話だと思った。

 いわゆる夫婦のラブ・ストーリーなんだろうな、と。

 冒頭から豊川悦史演じる夫・北見俊介と薬師丸ひろ子演じる妻・さくらのやり取りがコミカルで面白かった。
 何となく二人のやり取りに、どこか自分たちに近い部分もあるな、と思う人たちもいるかもしれないという関係である。

 さくらが家を空ける時間が長くなってくるにつれ、俊介の気持ちが落ち込んでくる。

 実はこの冒頭のシーンから色々伏線が張ってあったようで、全てが明らかになった時、そう言えばそうだった、と思うようなシーンが多かった。

 俊介の事務所兼自宅によく顔を見せる石橋蓮司演じるオカマの文ちゃんが、水川あさみ演じる蘭子と最初に会った時、真顔で「俺より必ず長生きしろよ」という台詞を発するが、ここで文ちゃんは子供を亡くしたんじゃないかな、ということが予測される。

 その後、子供に関するエピソードはなかなか出てこないのだが。

 で、正直全く予想だにしなかった展開で、驚かされた。
 確かにこれでは泣かされても仕方ないかもしれないが、そうでなくても、俊介の気持ちは痛いほどである。

 夫婦という、お互いいて当たり前という存在になってしまっている関係だが、いなくなって初めてその大事さを痛感する。
 それを、アッと驚くような展開で描いて、何とも言えない気分で、正直泣かされてしまうな。

 1年前に終わっている、とさくらに言われた二人の関係だが、豊川悦史、薬師丸ひろ子の二人の雰囲気は結構良かったな。

 濱田岳と水川あさみのエピソードはあまり必要なかったかな。

 それと終盤はちょっと冗長に過ぎて、やや引きずり過ぎた感じはしたが、全体的にはとても惹き込まれる作品ではあった。

 観る前に、結末を匂わされることを聞かされると、ストーリーの驚きは全く無くなってしまうだろうな。
 こんなこと最後に言うようなことではないか?

 エンド・ロールの井上陽水の「赤い目のクラウン」がまた心に染み入る。

/5

監督:行定勲
出演:豊川悦史、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田優、津田寛治、奥貫薫、井川遥
於:丸の内TOEI
オリジナル・サウンドトラック 今度は愛妻家
フォーライフミュージックエンタテインメント
2010-01-27
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 今度は愛妻家

    Excerpt: 夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 おぉ~こういう話しだったとは。。。。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。新年2作目の邦画です。あの豊川悦司と薬師丸ひろ子が2度目の共演となる作.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-02-04 23:41
  • 『今度は愛妻家』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-02-11 17:29
  • 『今度は愛妻家』

    Excerpt: 1年間写真が撮れずにいるカメラマン そんな仕事もしないぐうたら亭主に 愛想を尽かした女房は... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑... Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2010-02-13 10:50
  • 今度は愛妻家

    Excerpt:  『今度は愛妻家』を渋谷TOEIで見てきました。  どうもなかなか評判が良さそうなので、足を運んでみた次第です。  この映画には、大きく言って問題が二つあるかもしれません。  一つめは、戯曲の映画化.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-02-14 06:39
  • 【映画】今度は愛妻家

    Excerpt: <今度は愛妻家 を観ました> 製作:2009年日本 ランキング参加中 ちょっと久しぶりの邦画です。 公開してたときから観たかった作品。大ヒットはしてなかったと思うけど、ちらほら聞く評価はとて.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2010-09-05 16:09
  • mini review 10483「今度は愛妻家」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: 仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦のドラマ。大ヒットを博した中谷まゆみ原作の舞台劇をベースに、ヒットメーカーの行定勲監督が.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-09-12 14:57
  • 『今度は愛妻家』 今度とは今年のことだ!

    Excerpt:  劇中でニンジン茶の不味さが繰り返し語られるが、ニンジンの皮にはβ-カロチンが豊富に含まれるので、ニンジン茶を飲めば白内障予防になる�... Weblog: 映画のブログ racked: 2010-09-12 15:19
  • 映画評「今度は愛妻家」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・行定勲 重要なネタバレあり。出来れば未鑑賞の方は採点だけ参考にしてください。それでもどうしてもこの駄文をお読みになりたいという方はどうぞ。.. Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2011-09-24 14:37
  • 愛妻家パレード

    Excerpt: 「今度は愛妻家」  「パレード」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-11-22 10:56