10-01「ジュリー&ジュリア」(アメリカ)

私がパンなら、あなたはバター
 1949年。外交官の夫ポールと共にパリにやって来たアメリカ人主婦、ジュリア・チャイルド。天真爛漫で食べることが好きな彼女はフランス料理に魅了され、名門ル・コルドン・ブルーに通い始める。やがてフランス料理のレシピ本執筆に情熱を注いでいく。
 現代のニューヨーク。作家になる夢を持ちながらも現状に満たされないものを感じ、何かを変えたいと思っているOL、ジュリー・パウエル。彼女は、ひょんなことから料理ブログを思い立ち、その中でジュリアの524レシピを365日ですべて作り上げることを決意する。理解ある夫エリックの協力もあり、最初は順調に進んでいくかに思われたジュリーだったが。(「allcinema」より)

ジュリー&ジュリア - goo 映画

 予告編を何度か観ていたら、
 「ボナペティ!」
が口癖になってしまいそうになった。

 家庭で出来るフランス料理をアメリカに紹介し、食の革命をもたらしたと言われる、料理研究家のジュリア・チャイルドと、そのジュリアのレシピ、524を365日で作り、それをブログに綴ったジュリー・パウエル。

 二人の実話を交互に描くハートフル・ドラマ。

 ジュリアを演じたのはメリル・ストリープで、ジュリーを演じたのはエイミー・アダムス。
 この二人、「ダウト ~あるカトリック学校で~」でも共演しているが、本作は共演と言えど、全く絡みはなし。
 50年の時の隔たりがあるから、当たり前なのだが、一応ジュリーがブログを書いた時も、ジュリアは生きていたようだな。
 ジュリアがブログを読んだとか、いうエピソードが登場する。

 それにしても二人とも「ダウト ~あるカトリック学校で~」とは全く正反対の雰囲気の役柄だったな。

 登場する料理が食べたくなる作品だった。
 フランス料理というと、レストランで堅苦しく、というイメージがあるが、家庭でも出来る料理はいっぱいあるんだな。フランス料理と知らずに食べているものもあるのだろう。

 ストーリーの方も、ジュリーとジュリア。二人の女性が、料理を媒介に、それぞれ目的に突き進んでいこうと奮闘する様子が、コミカルな要素も含めて描かれ、なかなか面白い作品だった。

 それに妻である彼女たちを支える夫との夫婦愛も描いた感じであるが、ジュリーの夫・エリックもジュリアの夫・ポールもいい旦那で、ちょっと男の視線から見ると、いい旦那すぎて、嫌味っぽくなってしまいそう。

 どちらかと言うと、女性の方が共感、楽しめる作品ではないかな、と思う。

 メリル・ストリープ演じたジュリア・チャイルドは、アメリカではそっくりと評判だったらしい。残念ながら、それはよく判らないのだが、大らかで陽気な雰囲気はよく伝わってきたな。

 意固地になって、大量の玉葱をみじん切りにしているシーンは大いに笑えた。

 エイミー・アダムスは「魔法にかけられて」で初めて知ったのだが、それから立て続けに主演級で出演しているな。イメージとして、この役もよく合っていたように思う。

 ジュリア・チャイルドの使った台所というのが、スミソニアン博物館に展示されているらしい。
 それだけ偉大な人だったのか。

/5

監督:ノーラ・エフロン
出演:メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥッチ、クリス・メッシーナ、リンダ・エモンド
    メアリー・リン・ライスカブ、ジェーン・リンチ、フランシス・スターンハーゲン、ヘレン・ケアリー
於:TOHOシネマズ シャンテ
Julie & Julia [DVD] [Import]

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

zebra
2015年10月12日 09:21
ビデオ1でレンタルして見ました。 うわっ、 でっけえメリ子(←メリル・ストリープ)しかも、夫役は 「プラダを着た悪魔」で共演したトチ夫(←スタンリー・トゥッチ)。
 ノミの夫婦という珍しい役柄だわ

そんなハゲでチビでメガネの旦那と度々ベッドでイチャつき、
今にも裸で絡み合いそうなメリ子に「脱が んといて。見たくないし!」と、心で呼びかけておりました。
 けど 演技面では 料理なだけに うまく溶け合ってんですよ~ 野菜の具のトチ夫と スープのメリ子の二人が! じっくり コトコト煮込んだ コンソメスープみたいにネッ(←ホメてます)

もうひとりの主役はアダ美(←エイミー・アダムス)。
環境保護のテレフォンサービスの苦情受付係りで ストレスたまりまくりのウンザリ日々
そんなある日 ジュリアの料理本を見て心機一転!一年間で彼女のレシピをすべて作ってブログで記載すると闘志を燃やしたよ~
まるで、しがない無名ボクサーだったロッキー・バルボアがチャンピオンのアポロから指名された時みたいに
しっかし、やってみたはいいが ロブスターにてこずるアダ美をみかねて手を貸してくれる恋人。やっぱ、料理も愛の力だね。
2015年10月19日 00:43
zebraさん

料理の映画でしたが、加えて夫婦の愛の映画でもありました。
交わることのなかった二人でしたが、
話としても面白く、楽しめました。

この記事へのトラックバック

  • ジュリー&ジュリア

    Excerpt:  『Bon Appetit!』  コチラの「ジュリー&ジュリア」は、「ダウト~あるカトリック学校で~」で共演し、揃ってオスカーにノミネートされたメリル・ストリープとエイミー・アダムスが再共演した.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-01-07 06:24
  • ジュリー&ジュリア

    Excerpt: アメリカの一般家庭にフランス料理を紹介した料理本を出版した料理研究家の ジュリア・チャイルドと彼女の料理本に掲載されている524レシピを1年間の 期限で毎日再現するさまをブログに綴ったOLジュリー.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-01-07 22:54
  • 「ジュリー&ジュリア」 理想の夫婦

    Excerpt: ボナペティ! 2009年、最後の劇場観賞はこちら「ジュリー&ジュリア」です。 予 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-01-11 06:56
  • 映画:ジュリー&ジュリア JULIE & JULIA ベスト10入りも止むない...なぜかと言えば。

    Excerpt: 飛行機内でみた映画その2、ジュリー&ジュリア JULIE & JULIAです。 (遊びではあるが)年末の2009年映画ベスト10で、この作品が最後にランクインした。 それには「明確」な理由がある.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2010-01-12 05:47
  • 『ジュリー&ジュリア』

    Excerpt: ずっと観よう、観ようと思っていたのに時間があわずに観られなかった『ジュリー&ジュリア』。 新宿武蔵野館での最終上映日だったと思われる2/4にやっとのことで観てきましたー。 料理とブログを題材にして.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2010-02-17 00:31
  • ジュリー&ジュリア

    Excerpt: 今から約五十年前、フランス料理を一般家庭でも作れるようにと524にも及ぶレシピを Weblog: 大発狂!マッドシネマ-映画天国- racked: 2010-02-20 19:07
  • ジュリー&ジュリア

    Excerpt: ジュリー&ジュリア’09:米 ◆原題:JULIE & JULIA◆監督: ノーラ・エフロン「ユー・ガット・メール」「めぐり逢えたら」◆出演: エイミー・アダムス、スタンリー・トゥ.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2010-03-12 18:11
  • スプーン料理

    Excerpt: 「ジュリー&ジュリア」 「曲がれ!スプーン」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-05-28 11:01
  • 映画:ジュリー&ジュリア JULIE & JULIA ベスト10入りも止むない...なぜかと言えば。

    Excerpt: 飛行機内でみた映画その2、ジュリー&ジュリア JULIE & JULIAです。 (遊びではあるが)年末の2009年映画ベスト10で、この作品が最後にランクインした。 それには「明確」な理由がある.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2010-05-30 06:57
  • 「ジュリー&ジュリア」(JULIE&JULIA)

    Excerpt: 「恋人たちの予感」(脚本)、「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」の3部作で知られる米国女流監督、ノーラ・エフロン(1941年~)がメガホンを執ったグルメを題材にしたヒューマン・ドラマ「ジュリー&.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2010-08-11 03:39
  • ジュリー&ジュリア

    Excerpt: 妹が試写会で観て来て 「観てみて」というので観ました。 妹はブログ「あまいヒトトキ 」にも記事を書いてました。 たぶん、妹が推さなかったら観なかったと思う映画です。f(^^;) 194.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-09-04 00:41
  • 『ジュリー&ジュリア』 2人の対立は解消できるか?

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  映画化に当たって、原作と原作者を批判的に取り上げるとは、ノーラ・エフロン監督も難題に挑んだものである。  し�... Weblog: 映画のブログ racked: 2010-10-13 01:11
  • 「ジュリー&ジュリア」(アメリカ 2009年)

    Excerpt: 50年の時とパリとニューヨーク。 そしてふたりの女性の人生がキッチンで出会う。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2010-10-28 22:41
  • 映画評「ジュリー&ジュリア」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ノーラ・エフロン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2010-12-18 16:27
  • ジュリー&ジュリア

    Excerpt: ジュリー&ジュリア / JULIE & JULIA 2009年 アメリカ映画 コロンビア製作 監督・製作・脚本:ノーラ・エフロン 製作:ローレンス・マーク エイミー・ロビンソン エリック.. Weblog: RISING STEEL racked: 2011-02-12 12:40
  • 映画『ジュリーとジュリア』を観て

    Excerpt: 9-67.ジュリーとジュリア■原題:Julie&Julia■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:123分■鑑賞日:12月28日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■予告編□監督・脚本・.. Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2011-02-12 13:55