09-354「なくもんか」(日本)

なんで、いつも笑っているんだよ!?
 幼い頃に、無茶苦茶な人生を送る父に捨てられ、生き別れた兄弟。
 兄・祐太は、東京の下町、善人通り商店街で“デリカの山ちゃん”を営む夫婦に愛情いっぱいに育てられた。今では店を継ぎ、ハムカツを名物に“山ちゃん”を超人気店にまで成長させた。
 一方、弟・祐介は苦難の人生を生き抜く術として笑いを身につけ、やがて赤の他人の金城大介とコンビを組み、兄弟漫才師“金城ブラザーズ”として売り出し人気芸人に。
 そんなある日、10年以上音信不通だった“山ちゃん”初代店主夫婦の一人娘・徹子が突然帰ってくる。デブでブサイクだった徹子は、明らかにワケありな大変貌を遂げ、見違える美人になっていた。祐太は様々な疑問を胸に仕舞い込み、徹子を温かく迎え入れ、ほどなく2人は結婚することに。そして、ひょんな偶然から、“金城ブラザーズ”の祐介が実の弟であることも判明する祐太だったが。(「allcinema」より)

なくもんか - goo 映画

 脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲというと「舞妓Haaaan!!!」と同じだな、と思っていたら、監督の水田伸生も同じだったんだな。

 もうハイ・テンションな笑いは予想できるのだが、その笑いにどこまで付いていけて、どこまで飽きずに観られるか、ということを気にしながらの鑑賞である。

 初っ端から阿部サダヲのハイ・テンションが炸裂で、それで笑わしてくれる。
 しかも、阿部サダヲ演じる下井草祐太は、いつも誰にも笑顔で、頼まれれば、否と言うことのできない超お人好し。
そんなところから起こるドタバタも面白かった。

 しかし、どうなんだろうな?
 今回は阿部サダヲの笑いもおとなしめだったかな? うざいほど笑いを追及した「舞妓Haaaan!!!」ほどには笑いを感じなかった。
 そこのあたり、本作は抑え目にしたのだろうか。

 慣れなのか、本当に少なめだったのか?

 それにしても、ストーリーの方は今ひとつよく判らなかったな。

 生き別れになった弟・下井草祐介が、人気お笑いコンビ・金城ブラザーズの祐介であることが判るが、祐介は祐太を兄と認めない。

 この兄弟の物語であると共に、かつてはデブで、10年前に家を出た山岸徹子が、竹内結子として戻ってくるが、二人の子供も一緒。
 祐太と徹子は結婚するが、二人の子供を含めたこの家族の物語もある。

 もう一つ言えば、金城ブラザーズである祐介と大介の物語もある。

 実の家族、偽りの家族を描きながら、本当の家族というものを描き出しているのだろうが、ストーリー展開としては納得いくものがなかったな。

 いつもハイ・テンションである祐太が、日曜の夜に疲れた様子で出かけ、月曜の朝になるとまた元気になって帰ってくる。
 その間の姿も、単なる笑いの要素としてしか取れなかったし、あまりにも突飛で、説明もあまり深くなかったような気がする。

 まあその姿はラストの沖縄のシーンで活かされるわけではあるが。

 ラスト・シーンにも納得できるものはあまりなかったな。

 徹子の子供たちが「お父さん!」と呼ぶのも唐突すぎて、感動もなかったし、金城大介と祐介の間は結局どうなった?

 それよりも祐太の最後の答えが「好きだから!」では、ストーリーの締めとしては弱かったのではないだろうか。

 いしだあゆみが演じた山岸安江のタモリ・ネタとか、阿部サダヲの泣くのをこらえながらの泣きのシーンは笑わせてもらったが、全体的には今ひとつ感動とか、そういうものが感じられない作品だった。

+/5

監督:水田伸生
出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、片桐はいり、鈴木砂羽、カンニング竹山、
    高橋ジョージ、陣内孝則、藤村俊二、小倉一郎、光石研、伊原剛志、いしだあゆみ
於:池袋シネマ・ロサ
映画「なくもんか」オリジナル・サウンドトラック
バップ
2009-11-04
岩代太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画『なくもんか』(お薦め度★★★)

    Excerpt: 監督、水田伸生。脚本、宮藤官九郎。2009年日本。人情コメディ映画。出演、阿部サ Weblog: erabu racked: 2010-01-05 00:03
  • なくもんか

    Excerpt: 『舞妓Haaaan!!!』でトリオを組んだ監督・水田伸生、脚本・宮藤官九郎、 主演・阿部サダヲが再びトリオを組んで、幼いころに生き別れた兄弟と その兄弟の家族のさまを笑いと涙を交えて描いた人情コメ.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-01-06 23:15
  • 「なくもんか」 生きるための処世術

    Excerpt: 「舞妓Haaaan!!!」の監督の水田伸生さん、脚本の宮藤官九郎さん、主演の阿部 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-01-13 20:10
  • 『なくもんか』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「なくもんか」□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、いしだあゆみ、片桐はいり、鈴木砂羽、竹山隆範、高橋ジ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-01-24 21:38
  • 「なくもんか」

    Excerpt: 「なくもんか」有楽座で鑑賞 阿部サダヲ。 この人のこのハイテンションは一体どこから出てくるものなのでしょう。 嫌いじゃないんですが、時間がたつと疲れてきます。 作品中このテンションで行くこ.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2010-02-03 09:48
  • 泣く獣

    Excerpt: 「鈍獣」 「なくもんか」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-08-29 10:44
  • 別館の予備(感想195作目 なくもんか)

    Excerpt: 5月22日 感想195作目 なくもんか TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10896894430/6f7c5335 Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-05-22 11:23
  • なくもんか

    Excerpt:  阿部サダヲの好演が目立つ「なくもんか」。2009年公開の人情コメディ映画だ。主人公は、東京の下町で、総菜屋「デリカの山ちゃん」を経営している二代目山ちゃんこと祐太。 ... Weblog: 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] racked: 2011-06-19 14:13