09-266「TAJOMARU」(日本)

ただ一つ、捨てられないもの
 室町末期。名門・畠山家の次男・直光には将来を誓い合った幼なじみ阿古姫がいた。
 ところが、阿古姫の父・大納言が急逝した際、八代将軍・足利義政が言い放ったひと言が、2人の運命を大きく狂わせる。それは、畠山家の兄弟で、阿古姫を娶ったほうに管領職を継がせるというもの。これによって、家督も次期管領職も手に入るはずだった兄・信綱は動揺し、阿古姫を力ずくで奪いに掛かる。
 直光は阿古姫のためにすべてを捨てる決意を固めるが、そんな時、かつてその命を救い、以来弟のように目をかけてきた家臣・桜丸の思わぬ裏切りに遭ってしまう。(「allcinema」より)

TAJOMARU - goo 映画

 人気イケメン若手俳優、時代劇対決にちょっと負けた感のある本作。思ったよりも上映終了が早そうなので、急ぎ鑑賞。

 黒澤明監督の「羅生門」の原作にもなっている芥川龍之介の「藪の中」をモチーフにしているが、ストーリーは完全にオリジナルのようである。

 時代劇にありがちな名門の家での、家督継ぎの争い。そして幼馴染みの一人の女性を巡る争い。陰謀。

 そんな中で代々官職の地位に就いていた畠山家の次男である直光は、兄・信綱と家臣・桜丸の陰謀により、許婚である阿古姫と共に追われる身となり、山中の藪の中で、盗賊・多襄丸に襲われる。

 この山中、藪の中での多襄丸と直光、そして阿古姫の件は、原作を基にした話の展開であり、更に言うなら、その後のお白州でのシーンも原作にあるシーンを基にしている。

 と言っても、原作を読んだことはなく、あくまでも「羅生門」でのシーンから憶測してのことであるが、このあたりの話の展開、それぞれが語る話などは面白かったな。

 小栗旬は直光という役柄で登場するので、タイトルにある多襄丸は誰になるのだろう、と思っていたら、そこへ芋を盗んだ少年が登場。直光が家臣として召抱え、桜丸と名付ける。この桜丸が多襄丸となるのか? とも思ったのだが。

 結局直光が藪の中で出会った多襄丸を殺し、多襄丸の名を受け継ぐという展開。

 盗賊となった直光が、桜丸の陰謀を見抜き、復讐を果たすのか? 阿古姫の真意と直光との関係はどうなるのか? というところは興味深かった

 ただ多襄丸という名をつけることにことさら意味のあるキャラクターであったかというと、少々微妙だったな。

 将軍をも含め、大納言の金塊など、話としては大きくなりそうな展開であったが、結局は一人の男の、たった一人の女性のために行動する、ありきたりの話になってしまった。

 阿古姫演じる柴本幸はこれまであまり見たことなかったが、ちょっときつめの表情からして、その真意が読取りにくく、ある意味悪女のような容貌でもあり、この役に合っていたと共に、話を面白くする一つの要因にもなっていた。

 直光=多襄丸が頭となる、盗賊の一人・道兼を演じていたのはやべきょうすけ。小栗旬とのコンビは「クローズZERO」に続いてだな。

 ちょっと不思議だったのは、クライマックスで直光=多襄丸は、一騎打ちをするのだが、多襄丸として受け継いだ浪切の剣は、道兼の刀を折るほどの威力であったが、この一騎打ちでは、相手の刀は全く折れる様子はなかったな。

 ところどころ、興味深いシーンもあったし、「羅生門」のように何が本当のことなのか、判らないところもあったりして面白かった。
 ただ多襄丸である意味があったのかは、微妙なストーリーだったな。

/5

監督:中野裕之
出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、萩原健一、近藤正臣、松方弘樹、池内博之、本田博太郎
於:池袋東急

オリジナル・サウンドトラック TAJOMARU
楽天ブックス
アーティスト:(オリジナル・サウンドトラック)レーベル:(株)ワーナーミュージック・ジャパン販売元:


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TAJOMARU

    Excerpt:  『絶対、女を捨てない。 己を曲げない。 そして、どこまでも自由。』  コチラの「TAJOMARU」は、世界のクロサワこと黒澤明監督の「羅生門」の原作でもある芥川龍之介の「藪の中」、何度となく映.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-10-11 18:48
  • 「TAJOMARU」を含むニュースと関連グッズの紹介

    Excerpt: イマナビでは「TAJOMARU」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「TAJOMARU」に興味があれば是非ご覧ください! Weblog: イマナビ!News&Shopping racked: 2009-10-11 19:43
  • 『TAJOMARU』

    Excerpt:   芥川龍之介の『藪の中』に登場する盗賊の多襄丸を主人公にしたオリジナル ストーリーの時代劇。 武家の名門の次男坊として生まれた主人公が兄や家臣に裏切られながらも 愛した女性のため.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-10-13 00:28
  • 「TAJOMARU」映画感想

    Excerpt: ネットでの評判は余り良くないですが、どうせタダだからということで見てきました 「藪の中」に登場する盗賊・多襄丸を主人公に Weblog: Wilderlandwandar racked: 2009-10-13 22:31
  • 「TAJOMARU」 苦悶の先に見たものは

    Excerpt: この秋は時代劇作品が多いですね! 先週から「BALLAD 名もなき恋のうた」、今 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-11-08 06:14
  • TAJOMARU/小栗旬、柴本幸

    Excerpt: 黒澤明の『羅生門』の原作でもある芥川龍之介の短編「藪の中」に登場する盗賊・多襄丸を主人公に描いたアクション時代劇。「藪の中」って知らないしオリジナルストーリーという事でどんなお話なんだかも全くわからな.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-01-23 18:07
  • TAJOMARU

    Excerpt: 芥川龍之介の作品が好きなので ちょっと楽しみなのですが、 このアルファベットのタイトルに一抹の不安が。。。( ^ _ ^; 乱世の時代、室町末期。 代々管領職を排出する名門・畠山家の次男・.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-03-21 20:25
  • 映画評「TAJOMARU」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中野裕之 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2010-08-11 14:09