09-257「くもりときどきミートボール」(アメリカ)

水からチーズ・バーガー
 フリント・ロックウッドの夢は偉大な発明家になること。しかしヘンなものばかり発明しては町の人々に迷惑がられているのが現実。
 そんなある日、彼は水を食べ物に変えるマシーンを発明する。ちょっとした事故からそれは空高く飛んでいってしまうが、おかげで雨雲からチーズバーガーが降ってきて町の人々は大喜び。フリントも一躍ヒーローに。
 ところが次第に天候が悪化し、降ってくる食べ物がどんどん巨大化してしまい。(「allcinema」より)

くもりときどきミートボール 3D - goo 映画

 結構有名らしい児童書をアニメ化したファンタジー。しかも3D。

 日米同時公開なのだが、日本とアメリカで温度差があるのかな。アメリカでは興収初登場1位を記録したようだが、日本では公開館数も少なめ。

 この作品の予告や宣伝さえ観たことないな。そのためか、公開直後の祭日での鑑賞だったが、お客さんはかなりの少なめ。

 近くのその少ない公開館では3D、吹替えの上映しかやっていないので、字幕派の自分も今回は吹替えで鑑賞。

 3Dの映像は、なかなか綺麗で良かったが、これぞ3D、というような驚くような飛び出しとかはあまり感じなかったかな。
 ところどころ、もっと飛び出すようなインパクトが欲しかったな。

 ストーリー自体は、かなり突飛な話ではあるが、結構面白かった。

 偉大な発明家になりたいフリント・ロックウッドは、発明が失続きだったが、水を食べ物に変えるマシーンを発明する。
 マシーンは空へ飛んでいってしまうが、何と空から食べ物が降ってくることに。

 空から降ってくる食べ物の映像は、3Dも相俟って、なかなか綺麗だった。色とりどりの食べ物が降ってくるので、景色もカラフルな感じになっている。

 これまでサーディーン(イワシ)ばかり食べていた島民は大喜び。オーダーによって好きな食べ物が降ってくるが、やがて大騒動になっていく。

 元々児童書ということで、基本的には子供向けの話ではあり、失敗続きのフリントが最後に島民のピンチを救うという話。
 人のためになること、というのは人それぞれができる範囲でやっていこうということか。

 3Dを除いても、アニメとして充分楽しめる作品だった。
 個人的には市長のキャラが面白かったな。

/5

監督:クリス・ミラー、フィル・ロード
声の出演:梯篤司、甲斐田裕子、斎藤志郎、石塚運昇、佐藤せつじ、森川智之
於:新宿ピカデリー
くもりときどきミートボール コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2010-03-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • くもりときどきミートボール

    Excerpt: 同名の絵本を映画化した3Dファンタジーアニメ。 人の役にたたない発明ばかりしている青年が水を食べ物に変えることができる マシーンを発明したことで巻き起こる騒動を描く。子供のころから風変わりな発明を.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-10-02 01:57
  • くもりときどきミートボール

    Excerpt: 初めて≪3D≫を体験してきました~実は鑑賞予定はなかったんだけど、5才の甥っ子が泊りに来た時に(大忙しでしたぁ~パワーがありあまっているんだもん)見せてあげよう~って思いたったのよ(ちなみに、甥っ子が.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-11-10 07:40
  • 『くもりときどきミートボール』

    Excerpt: 正直、食べ物を粗末にするとか、道徳的に反しているとか、いろいろと言いたいことがあるのはわかるんだけど、そういうことは置いておくことができれば、というよりも置いておいたほうが絶対にいいよ。だって、この映.. Weblog: R.LiFE racked: 2010-03-22 15:38
  • 『くもりときどきミートボール』'09・米

    Excerpt: あらすじ失敗続きの発明家フリント・ロックウッドは水を好きな食べ物に変える<食べ物マシーン>を発明するのだが・・・。感想ゴールデン・グローブアニメーション作品賞ノミネート... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2010-11-04 23:13