09-246「セントアンナの奇跡」(アメリカ・イタリア)

〝眠る男〟は誰なんだ?
 1983年のニューヨーク。ある日、郵便局に現われた男性客を定年間近の郵便局員が射殺する事件が発生。そして犯人の男ヘクターへ殺人の動機や被害者との関係を追及する中、彼の部屋では歴史的に重要なイタリアの彫像が発見される。
 そんな不可解な事件の謎を解く鍵は、1944年のイタリアまで遡るのだった――。
 第二次大戦下、アメリカ軍の黒人だけで組織された部隊“バッファロー・ソルジャー”は、イタリアの最前線でナチスと戦っていた。そのさなか、無線兵でイタリア語が堪能なヘクター、リーダーのスタンプス、自分勝手なビショップ、心優しいトレインの4人は、アンジェロという少年を救ったため部隊とはぐれ、敵陣で孤立してしまう。
 やがて、アンジェロの手当てのため、トスカーナの小さな村へ身を寄せる4人。そこで、彼らと村人たちとの間には、人種や言葉の壁を越えた交流が芽生えていくのだった。だが、そんな心休まる時も束の間、村がナチスの大軍に襲撃されてしまい。(「allcinema」より)

セントアンナの奇跡 - goo 映画

 「25時」「インサイド・マン」のスパイク・リー監督の作品。

 どうもスパイク・リーというと黒人を主人公とした作品というイメージがあるが、過去作品から見ると、それだけではないようだが、本作は4人の黒人兵士が主人公ということみたいである。

 1983年のニューヨークで定年間近の郵便局員の一人の老人が、男を射殺する。動機は謎。更に老人の部屋では歴史的に価値のあるイタリアの彫像が見つかる。

 そして。その殺人と彫像に繋がる話が、1944年戦争真っ只中のイタリア、トスカーナ地方での話に繋がっていく。

 正直ニューヨークとトスカーナでの話の繋がりは、それ程というものでもないし、タイトルにもなっている〝奇跡〟というのも驚くほどのことではない。
 何が奇跡なのか、と思う人もいるかもしれない。

 しかし、そのトスカーナ地方での戦争中の話は内容、展開ともかなり惹き込まれた。

 アメリカの黒人部隊バッファロー・ソルジャー。最前線でドイツ・ナチス軍と戦っていたが、4人の黒人兵士が孤立する。

 黒人兵士の一人、トレイン上等兵が偶然助けた少年・アンジェロ。彼がどこか不思議な少年で、他の皆には見えない友人に対し、話をしている。

 そしてトレインたちが辿り着いたトスカーナの小さな村とその人々。更に対ナチスのゲリラでパルチザンの面々。ドイツ軍の面々。

 それぞれの話が絡み、ストーリーが進んでいくのだが、どういう話の展開になるかは判らなかったし、ニューヨークでの事件への繋がりにも興味津々であった。

 一応真実に基づく話となっていたが、セントアンナの大虐殺やサンタ・トリニータの橋爆破など、実際の事件を扱っているところが、事実に基づく話なのかな。

 クライマックスはかなり凄惨な展開となっていくが、実はニューヨークで事件を起こした人物の名前を覚えてうなかったので、誰が生き残るのか判らなかったところが、個人的には更に楽しめたかも。

 トスカーナでの話がなかなか面白かったのだが、それに対し、少々ニューヨークでの話が今ひとつだったかな。
 考えてみると、戦争が終わってからニューヨークでの最初の事件に至るまでの経過が結局判らなかったし、最後の裁判から後のシーンは正直蛇足っぽく感じたな。

 でも、事件が起きた時の新聞を、ジョン・レグイザモ演じるローマにいるナチス専門古美術商エンリコが目にしようかというシーンは面白かった。

 アメリカ人、ドイツ人、イタリア人と登場するが、他にありがちな皆英語を話すという設定ではなくて、それぞれ英語、ドイツ語、イタリア語を話しているのは現実っぽくて良かったな。
 それでも話はちゃんと進んでいくのだから。

 予告編を含めて3時間の作品だったが、飽きることなく観ることはできた。奇跡というのがちょっと判りにくかったのだが。

-/5

監督:スパイク・リー
出演:デレク・ルーク、マイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラー、マッテオ・シャボルディ
    ジョン・タトゥーロ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ヴァレンティナ・チェルヴィ、セルジョ・アルベッリ
於:TOHOシネマズシャンテ
セントアンナの奇跡 プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-01-22

ユーザレビュー:
いいとは思う。デンゼ ...
登場人物が多いのと、 ...
やや期待はずれ。ドラ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年06月08日 18:09
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

この記事へのトラックバック

  • セントアンナの奇跡

    Excerpt:  『女神は<奇跡>を、 人に託した 運命より強く、 この子を守りたい』  コチラの「セントアンナの奇跡」は、第二次世界大戦下の1944年のフィレンツェと現代1983年のニューヨークを舞台に、実話.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-09-20 23:34
  • 「セントアンナの奇跡」 枠組み思考の悲劇

    Excerpt: 印象深いシーンがありました。 登場人物が神に祈りを捧げているシーンです。 アメリ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-11-08 20:50
  • mini review 10438「セントアンナの奇跡」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: 第二次世界大戦中のイタリアで実際に起きた虐殺事件を基に、兵士の葛藤(かっとう)と心の交流をサスペンスタッチでつづる戦争ドラマ。『マルコムX』のスパイク・リー監督が同名の小説を映画化し、リアルな戦闘シー.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-02-08 21:55
  • 「セントアンナの奇跡」

    Excerpt: そうか、そうだったのか!少しずつベールがはがされて・・ Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2010-02-13 14:31
  • 映画評「セントアンナの奇跡」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督スパイク・リー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2010-09-30 18:22