09-205「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(イギリス・アメリカ)

改竄された記憶
 闇の帝王ヴォルデモートがマグル(人間)と魔法使い双方の世界で支配力を強め、その脅威はハリーたちのホグワーツ魔法学校にも及んでいた。校内を警戒し始めるハリー。最終決戦が迫っていることを知っているダンブルドア校長は、そんなハリーに来たるべき戦いにむけての準備を施していく。
 また、ヴォルデモートの防御を解く手掛かりにと、重要な情報を持つ元同僚の旧友ホラス・スラグホーンを魔法薬学教授として学校に迎え入れるのだった。
 一方、ギクシャクした関係が続くロンとハーマイオニーらホグワーツの生徒たちには春が訪れ、学校中で恋の騒ぎを繰り広げる。そんな中、決戦の準備を進めるハリーはヴォルデモートの意外な過去を知ることになるのだが。(「allcinema」より)

ハリー・ポッターと謎のプリンス - goo 映画

 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」に続くシリーズ第6弾。

 いよいよ物語もクライマックスを迎え、本作はそのクライマックスの序章という感じ。
 何かますますダーク・ファンタジー要素が強くなってきているようで、冒頭からハリーとダンブルドア校長が術を使って、あっという間にある場所へ。
 
 そこでヴォルデモードに関する重要なことを知っている元ホグワーツの教授であったホラスに会う。その後もハリーとダンブルドアが行動を共にし、ヴォルデモードの秘密を探っていくという展開で、学園生活らしき要素は少なくなったな。

 ホラスは過去の教授時代に、青年時代のヴォルデモード、トム・リドルを教えた経験があり、ヴォルデモードの秘密の鍵となるものを持っているようである。

 ハリーがヴォルデモードの秘密を探ると共に、物語は登場人物の恋物語が大きく展開される。
 まあそろそろそういうことを取り入れてもいいぐらいハリーもロンもハーマイオニーも大きくなったのだからいいかもしれないが、結構ストーリーの大きな部分を占めていたな。

 ロンを巡るハーマイオニーとラベンダーも面白かったが、ハリーもロンの妹・ジニーと何となくいい感じになっていくようだが、前作で登場したチョウはどうなったのか、忘れてしまったな。

 そんなわけで、今回は物語の盛り上がりとしては弱かったかな。前作はクライマックスへの中継ぎという感想だったが、本作はクライマックスの序章。
 これからまだまだ物語が盛り上がっていくところで終わってしまった感じかな。

 今回は魔法を使っての冒険や、戦いのシーンが少なめだったな。本作のクライマックス自体も意外とあっさりしたものだった。

 でも、このクライマックスって、いかにも次作に謎を残したまま終わっているという感じで、色々な予測を立てられるものではあったな。

 サブタイトルともなっている〝謎のプリンス〟原題は〝半純潔のプリンス〟に関してもかなりあっさりと明かされただけで、これも最終章へとつなげたままかな。

 前作で登場したかなり気になるキャラクター、ルーナ・ラブグッド。ちょこちょこと登場して、結構インパクト残していたけれど、活躍としては少なめだったな。

 でも、個人的な予想としては最終章はかなり活躍しそうな予感がするのだが。前作での最後の台詞もあるし、それにあの手紙は・・・

 ということで、本作自体はちょっと物足りなさもあったけど、色々と考える楽しさもある作品ではあったな。

+/5

監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジム・ブロードベント、ヘレナ・ボナム=カーター
    ロビー・コルトレーン、ワーウィック・デイヴィス、マイケル・ガンボン、アラン・リックマン、マギー・スミス
    ティモシー・スポール、ボニー・ライト、イヴァナ・リンチ、デヴィッド・シューリス、トム・フェルトン
於:丸の内ピカデリー


映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル ミュージック クラシック
2009-07-15
ニコラス・フーパー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ハリー・ポッターと謎のプリンス

    Excerpt:  『クライマックスは、ここから始まる!』  コチラの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は、ご存じ「ハリポタ」シリーズの第6弾となる最新作で、7/15に日米同時公開となったアドベンチャー・ファンタ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-08-06 13:31
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス

    Excerpt: J・K・ローリング原作のベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの 映画版第6作。ハリーはダンブルドア校長とともに復活したヴォルデモート卿 との決戦に向けて、彼の知られざる過去を探る。ヴォルデ.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-08-07 01:45
  • 映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(お薦め度★★★★)

    Excerpt: 監督、デヴィッド=イェーツ。脚本、スティーヴ=クローヴス。原作、J=K=ローリン Weblog: erabu racked: 2009-08-08 08:35
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス

    Excerpt: 原題:HARRY POTTER & THE HALF-BLOODPRINCE いきなりネタばれーーーーー! ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)、お疲れ様でした!レイフ・ファインズは??いよ.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2009-08-08 18:34
  • 「ハリーポッターと謎のプリンス」プチレビュー

    Excerpt: 遂に6作目、そして最終章の7作目まであと残りわずか。 もうラストスパートの段階に差し掛かったのに、 お話は最後の30分までがのんびり学園モードでした。 Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2009-08-19 23:24
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』’09・米

    Excerpt: あらすじついに復活を果たした邪悪な魔法使いヴォルデモートはその支配力を魔法界のみならず、マグル(人間)の世界にまで広げようとしていた。そんな史上最大のピンチが迫る中、ハリー・ポッターはホグワーツ魔法魔.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-08-27 07:14
  • 映画評「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督デーヴィッド・イェーツ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2010-06-21 13:43
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス

    Excerpt: HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE 2009年:アメリカ 原作:J・K・ローリング 監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパー.. Weblog: mama racked: 2010-10-30 23:47
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009)

    Excerpt: いよいよ大詰めとなるシリーズ第6作。 実はこの作品、原作小説を読んでません。 翻訳版が出る前にネタバレ・サイトなどでストーリーを知ってしまったので、率先して読む気が失せてしまったから。 そし.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2011-01-02 18:50