09-200「ノウイング」(アメリカ)

50年前から判っていたこと
 MITの宇宙物理学者ジョンの息子ケイレブが通う小学校では、50年前に埋められたタイムカプセルを掘り起こす記念式典が執り行われた。そして当時の生徒たちが想像する未来図が在校生に配られ、ケイレブは数字だけが羅列された一枚の紙を持ち帰ってくる。それに興味を抱いたジョンは、数列に意味があるのではないかと調べ始める。 すると、彼の妻が亡くなった2年前のホテル火災の日付や犠牲者数など、過去に起きた大惨事にまつわる数字と一致していることに気づく。さらにその紙には、未来の大惨事を思わせる数字も残っていた。
 そしてその予想通り、予言された大惨事が現実のものに。ジョンは、さらなる大惨事を食い止めるべく、残された数列の謎の解明を試みるのだったが。(「allcinema」より)

ノウイング - goo 映画

 過去50年間に地球上で起こった惨事は、すでに予言されていた。そしてそれはまだこれからも起こる。その惨事を何とか回避しようと奔走する男を描いたディザスター・ムービー。

 なかなかつかみはOKな始まりで、そこから中盤に至るまでの展開には惹き込まれた。

 物語の始まりは50年前。一人の少女ルシンダが憑かれたように謎の数字を書き、それをタイムカプセルに埋めるところから始まる。
 その時のルシンダには何か頭の中に囁きかける声が聞こえているような状況にしている。その声は誰かの声なのか、それともルシンダ自身が作り出した声なのか、そこのあたりでちょっと興味を持たせる。

 そして現在。ルシンダと同じ小学校に通うケイレブの父親・ジョンが、そのタイムカプセルから出てきた数字の羅列を見て、どういうきっかけか、その数字が過去50年に起こった惨事の日付と犠牲者数だということに気付く。

 最初に気付くのはやっぱり「9.11」である。その後世界各国で起こった惨事を表していることを突き止めるが、その中には「阪神淡路大震災」もあったようで、あの高速道路が倒れている写真がカット・インされていたな。
 その他の写真もどんどんカット・インされ、ここでの展開にも惹きつけられる。

 まだ起こっていない惨事が記されていることを突き止め、何とか阻止しようとするジョン。果たしてジョンがそれを阻止できるのか、興味惹かれるし、それと共に何故ルシンダがこれを書くことになったのかを解明しようとする展開も面白かった。

 ただ、途中から予告では見せなかった、ちょっと怪しげな男たちが登場してきて、徐々にその姿を顕わにしてくるところから、何となく最初に思っていたような話ではなくなってきたかな。

 結局話としては、またまた地球が消滅の危機に瀕するということで、ジョンがそれを阻止できるかというような次元ではなかったな。

 中盤までは非常に面白かったし、数字を中心に謎が渦巻き、諸々解き明かしていくのであろうというところは良かったと思う。

 でも、途中から、強いて言えば、シャマラン作品的な展開、オチという感じで、ちょっと肩透かしを食わされた気分。

 VFXを駆使した大惨事シーンも結局は予告で流れたものがほとんどだったな。
 それにしても世界中の惨事が記されていたのに、その後起こるのはジョンの行動範囲の中というのも微妙だな。

 あんなジャンボ・ジェットが墜落した直後の場所に、あんなに近づけるものなのかな。

 まあ途中までは面白かったし、後半の展開もありと言えば、ありかもしれないし、「リービング・ラスベガス」でアカデミー賞を獲ったニコラス・ケイジも相変わらず必死さの中にコミカルな面を見せてくれている。

 やっぱりキリスト教の要素が強い作品なんだろうか、という気がしてくるな。

/5

監督:アレックス・プロヤス
出演:ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソーン
    ナディア・タウンゼンド、D・G・マロニー、アラン・ホップグッド、エイドリアン・ピカリング、タマラ・ドネラン
於:TOHOシネマズ日劇
オリジナル・サウンドトラック「ノウイング」
ジェネオン・ユニバーサル
2009-07-22
サントラ

ユーザレビュー:
あの曲は未収録?劇中 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ノウイング

    Excerpt: 50年前のタイムカプセルから出てきた一枚の紙に書かれた内容から、 重大な事実に気づいた大学教授がそれを回避しようと奔走する様を 描いたディザスタームービー。 監督は『アイ・ロボット』のアレックス・.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-08-02 03:15
  • ノウイング

    Excerpt: ブログをはじめてから劇場鑑賞したニコラス・ケイジの映画、『ゴーストライダー』『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』『NEXT』は、どれも個人的には期待ハズレだったので、期待せずに鑑賞―【s.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-08-02 10:51
  • ノウイング

    Excerpt:  『地球消滅 その時、人類は何を残せるだろうか。 人類は「知る」─ 未来はすでに通達されていることを。』  コチラの「ノウイング」は、ニコラス・ケイジが人類滅亡の予言に立ち向かう7/10公開のデ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-08-02 11:03
  • 映画「ノウイング」

    Excerpt: 原題:Knowing 確かにこの結末には驚いちゃうかもしれない、空から得体の知れないものが舞い降りてくるあたりからこの映画って何だっけと思わされずにはいられない~ なぜ1959年な.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2009-08-02 11:29
  • ノウイング■もう一度やり直したい・・・

    Excerpt: 映画は時代の鏡であるとは、よく言われることである。つまりいかなる映画でも、それが作られた時代を反映しているということである。では、この「ノウイング」という映画は、この時代の何を反映しているのだろうか?.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2009-08-02 23:35
  • 「ノウイング(KNOWING)」映画感想

    Excerpt: ニコラス・ケイジ主演で、『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督が放つディザスター・ムービー、「ノウイング(KNOW Weblog: Wilderlandwandar racked: 2009-08-03 18:57
  • ノウイング

    Excerpt: 1959年、アメリカはマサチューセッツ州にある小学校で子供たちは創立記念日の式典 Weblog: 大発狂!マッドシネマ-映画天国- racked: 2009-09-21 13:12
  • 「ノウイング」

    Excerpt: 圧巻の映像でした。ニコちゃんの困った顔がまたしても印象的 Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2010-01-14 08:00
  • 「ノウイング」(KNOWING)

    Excerpt: 「リービング・ラスベガス」や「天使のくれた時間」「ワールド・トレード・センター」などの出演作品で知られるニコラス・ケイジ主演のSFパニック・ムービー「ノウイング」(2009年、米、122分)。この映画.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2010-05-16 19:22
  • ノウイング (Knowing)

    Excerpt: 監督 アレックス・プロヤス 主演 ニコラス・ケイジ 2009年 アメリカ映画 122分 SF 採点★★★★ 「ハイ、明日で世界が終わりです。さぁ、あなたならどうする?」なんて質問をたまに耳にしますが.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2010-06-16 14:43
  • 【映画】ノウイング…禿げ(かか)るのも決まってた事なので不可避

    Excerpt: {/kaeru_rain/} これが五月病なのでしょうか{/eq_2/} ちゃんと仕事はしてるけど、やる気が全然出ない気がするピロEKです{/face_acha/} 先日(2010年5月22日・土.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2010-06-20 01:54
  • ノウイング

    Excerpt: KNOWING 2009年:アメリカ 監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソン、ナディア・タウンゼンド、D・G・マロニー、エイ.. Weblog: mama racked: 2010-09-12 12:54
  • 映画評「ノウイング」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督アレックス・プロヤス ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2010-10-23 15:41
  • ノウイング

    Excerpt: 提示される謎、その解明に奔走、そして驚愕の事実。王道的なディザスター物ですが、顔を覗かせるミステリー要素がとてもよい。全体の迫力ある映像や勢いで乗り切ってしまう作品でした。宗教的な着地で落ち着.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-06-05 19:11