09-43「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(アメリカ)

本当に必要なものを知る
 1950年代のコネチカット州。“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた閑静な新興住宅街に暮らすフランクとエイプリルのウィーラー夫妻は、二人のかわいい子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、その見た目とは裏腹に、彼らはそれぞれ描いていた輝かしい未来と現状のギャップに不満を募らせていた。
 元陸軍兵のフランクは事務機会社に勤めるもセールスマン人生の我が身を嘆き、かつて女優志願だったエイプリルも大成せずに至っている。
 するとフランクが30才の誕生日を迎えた夜、エイプリルが、家族一緒にパリで暮らしましょう、と持ちかけ、パリでは自分が秘書として働くからフランクは気ままに暮らせばいい、と言い出すのだった。はじめは妻の突然の提案に戸惑うも希望を膨らませ、ついには移住を決意するフランク。それは間もなく、周囲にも知るところとなるのだが。(「allcinema」より)

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで - goo 映画

 レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが「タイタニック」以来の共演で話題を呼んでいたらしい作品。二人ともゴールデン・グローブの主演賞でノミネートされ、ケイト・ウィンスレットは最優秀主演女優賞に選ばれた。残念ながらアカデミー賞ではノミネートされなかったのだが。

 もっと爽やかなラストを予想していた。端から見れば、理想の夫婦に見えるウィーラー夫妻。しかし、現実に不満を抱えている二人。現実に苦悩しながら、二人で未来を切り開き、明るいラストが待っているような作品だと思っていた。
 
 タイトルにある〝レボリューショナリー・ロード〟も二人が歩んでいく道を表しているのかと思っていたら、単に二人が暮らしている住宅街の名前だったんだな。

 それにしても、観ていて息苦しくなるような話だった。話の展開もそうだが、これはレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの演技にも影響されているのだろうな。二人の感情を顕わにした演技に引き込まれたのだろう。 

 現実の生活から脱却して、希望を持っていこうとする考えは共感できるのだが、そこにはやはり現実が影を落とす。それでも妻のエイプリルは新たな生活に固執し、夫のフランクは会社勤めからの開放感で作った報告書が認められ、会社でも重要な部署のオファーが来て、仕事を辞めることをためらう。
 徐々に崩れ始める夫婦の関係と信頼。一見幸せそうな家族も、一度崩れかけるとなかなか歯止めが利かないということだろうか。

 個人的に言えば、エイプリルの考えというのは非常に魅力的で、共感できるものである。ただ会社から認められたフランクの気持ちもわからないでもない。
 この話だけからすると、仕事だけに限って言えば、フランクに賛成するな。

 終盤の二人の言い争いは頂点までに達し、観ていてもいたたまれない気持ちになってくる。果たしてこの二人に幸せな帰着点はあるのだろうか、という気持ちになってくる。
 そして結局ラストも。

 正直スッキリするとか、爽やかな気分になる、とかいうものと無縁な作品だったな。
 時は1950年代の高度経済成長期。男たちの夢を眠らせた時代かもしれないな。

/5

監督:サム・メンデス
出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャスリン・ハーン、マイケル・シャノン、デヴィッド・ハーバー
    キャシー・ベイツ、ゾーイ・カザン、ディラン・ベイカー、ジェイ・O・サンダース、リチャード・イーストン
於:丸の内ピカデリー

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション
楽天ブックス
出演:レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)/ケイト・ウィンスレット(Kat


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

    Excerpt:  『それは──誰もが逃れられない<運命の愛> あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。』  コチラの「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、不沈の大ヒット作「タイタニック」.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-02-23 06:30
  • 映画DVD

    Excerpt: 映画DVDこれだけ映画のDVDが売れているのは、現在日本の経済を牽引している年代層が影響しているからではないでしょうか。もちろん、映画は映画館で見るのがいちばんです。映画館見ることが出来ないほど私達の.. Weblog: 心を満たす映画DVD紹介 racked: 2009-02-23 11:35
  • 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

    Excerpt: レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』以来11年ぶりの共演で話題になった『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観ました。 『タイタニック』から10年以上のもう.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-03-11 00:12
  • レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

    Excerpt: 2008 アメリカ 洋画 ドラマ ラブロマンス 作品のイメージ:笑える、切ない 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、マイケル・シャノン 「.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-06-12 10:50
  • レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

    Excerpt: あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。 Weblog: Addict allcinema 映画レビュー racked: 2009-07-12 22:39
  • 「レボリューショナリー・ロード」(REVOLUTIONARY ROAD)

    Excerpt: オスカー受賞作「アメリカン・ビューティ」や、「ロード・トゥ・パーディション」 などの作品で知られる英国出身の米映画監督、サム・メンデスがリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」を映画化したヒューマ.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2009-07-19 06:49
  • レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

    Excerpt: 『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりに共演!という宣伝文句はワタシ的には何故かマイナス効果でイマイチ気が乗らなかったんです。ケイトは相変わらずでかいし。ところ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-09-02 07:38
  • 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナル.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2009-09-02 08:06
  • 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」

    Excerpt: 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 こてこてのラブストーリーかと思ったらそうでもなくて、意外にドロドロだというので早速鑑賞。 お互い一目ぼれなんだかど.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2009-09-02 09:04
  • レボリューショナリー・ロード ~燃え尽きるまで/ REVOLUTIONARY ROAD

    Excerpt: 『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演ということと 各映画賞でもケイトの演技力に注目が集まってるこの作品{/m_0151/} 札幌駅にあるシネコンで観て来まし.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2009-09-02 09:06
  • レボリューショナリー・ロード

    Excerpt: 趣味を持とう。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-09-02 10:13
  • レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

    Excerpt: 『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ~ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました~ (お客さんが6~7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-09-02 10:35
  • レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

    Excerpt: 原題:REVOLUTIONARY ROAD公開:2009/01/24製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:119分鑑賞日:2009/01/24監督:サム・メンデス出演:レオナルド・ディカプリオ、.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2009-09-02 13:16
  • レボリューショナリー・ロード◎燃え尽きるまで

    Excerpt:     Happyで美しい恋愛ドラマかと思っていたら・・・・。 1月30日、MOVX京都にて鑑賞。 「エレジー」とはまったく反対のドラマでした。あの「タイタニック」の美男・美女カップ.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2009-09-03 01:04
  • ★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」

    Excerpt: 今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-09-03 01:07
  • 映画評「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督サム・メンデス ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2010-02-12 13:38
  • 『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』'08・米・英

    Excerpt: あらすじ高度成長期を迎えた50年代アメリカ郊外の新興住宅地“レボリューショナリー・ロード"にある美しい住宅に住む結婚7年目のフランクとエイプリル。理想の夫婦に見えるふたりだが、夫は退屈な仕事に疲れ果て.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2010-02-28 00:08
  • レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

    Excerpt: 舞台は1950年代のアメリカ。戦争も終わり、平凡でささやかな家庭が良しとされていた時代。レボリューショナリーロードという住宅地に、若い理想的な夫婦が越してきた。エイプリルは女優になる夢を抱いていたが、.. Weblog: 映画備忘録 by Movie-Goer.net racked: 2010-10-31 22:46